研究者
J-GLOBAL ID:201801010508942811   更新日: 2021年04月10日

小山 耕平

koyama<---at--->obihiro.ac.jp E-mail: | Koyama Kohei
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 生態学、環境学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2018 - 2022 樹木光合成の自己相似モデルの検証
  • 2014 - 2015 森林音の統計性と1/fゆらぎの起源 - 樹木形態学から複雑系にせまる
  • 2013 - 2015 「樹木のフラクタル構造に着目した「べき分布」と「対数正規分布」の統一的理解
  • 2013 - 2014 少数の樹種が共存した森林としての十勝地方の森林による二酸化炭素吸収量の推定および生産構造の解明
  • 2011 - 2013 植物個体内・受光量と光合成量のフラクタル分布モデル(光のパイプ・モデル)の検証
論文 (25件):
  • Riko Komamura, Kohei Koyama, Takeo Yamauchi, Yasuo Konno, Lingshuang Gu. Pollination Contribution Differs among Insects Visiting Cardiocrinum cordatum Flowers. Forests. 2021. 12. 4. 452-452
  • 小山耕平. 論文の日本語解説: 鳥散布のエゾニワトコ果実では、種子が増えても得にはならない?他種と異なる果実の選択的中絶の結果を報告 (No effect of selective maturation on fruit traits for a bird-dispersed species, Sambucus racemosa). 2021
  • Kohei Koyama, Mayu Tashiro. No effect of selective maturation on fruit traits for a bird-dispersed species, Sambucus racemosa. Plants. 2021. 10. 2. 376
  • 小山耕平. 論文の日本語解説: アキタブキの陽葉・陰葉の順化では、陰葉は暗い環境で陽葉より多く稼ぐとは限らない (Photosynthetic and morphological acclimation to high and low light environments in Petasites japonicus subsp. giganteus). 2020
  • Ray Deguchi, Kohei Koyama. Photosynthetic and morphological acclimation to high and low light environments in Petasites japonicus subsp. giganteus. Forests. 2020. 11. 12. 1365
もっと見る
MISC (3件):
書籍 (5件):
  • スケーリング(動物学の百科事典, 11.動物の生態, 638-639ページ)
    丸善出版 2018 ISBN:4621303090
  • 里山・里海 : 自然の恵みと人々の暮らし
    朝倉書店 2012 ISBN:9784254180350
  • Satoyama--satoumi ecosystems and human well-being : socio-ecological production landscapes of Japan
    United Nations University Press 2012 ISBN:9789280812107
  • 里山・里海 : 日本の社会生態学的生産ランドスケープ : 北信越の経験と教訓 : 過疎・高齢化を克服し、豊かな自然と伝統を活かす : 日本の里山・里海評価 : クラスターの経験と教訓
    国際連合大学高等研究所 2010 ISBN:9789280845044
  • Satoyama-satoumi ecosystems and human well-being : socio-ecological production landscapes of Japan : Japan satoyama satoumi assesssment : summary for decision makers :eb
    United Nations University 2010 ISBN:9789280845136
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
受賞 (2件):
  • 2013/06 - 形の科学会 第18回奨励賞 植物個体成長における動的スケーリング則の発見
  • 2012/12 - 日本生態学会近畿地区会 第15回奨励賞 樹木における末端枝の太さ-フラクタルと対数正規分布をつなぐ
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る