研究者
J-GLOBAL ID:201801010828320053   更新日: 2020年11月12日

皆川 泰代

ミナガワ ヤスヨ | Yasuyo Minagawa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://psy.flet.keio.ac.jp/staff/minagawa.htmlhttp://psy.flet.keio.ac.jp/staff/minagawa.html
研究分野 (1件): 認知科学
研究キーワード (3件): 言語獲得 ,  脳の発達 ,  コミュニケーション
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2025 ソーシャル・シグナルの共有と拡張による共感的行動の支援
  • 2019 - 2024 脳・認知・身体と言語コミュニケーションの発達:定型・非定型発達乳幼児コホート研究
  • 2019 - 2024 脳・認知・身体と言語コミュニケーションの発達:定型・非定型発達乳幼児コホート研究
  • 2020 - 2022 発達初期の階層性学習の脳内基盤と発声の階層性構造
  • 2019 - 2022 定型・非定型の脳・認知発達から探る言語コミュニケーションの獲得
全件表示
論文 (55件):
  • Mingdi Xu, Yasuyo Minagawa, Hirokazu Kumazaki, Ken-ichi Okada, Nozomi Naoi. Prefrontal Responses to Odors in Individuals With Autism Spectrum Disorders: Functional NIRS Measurement Combined With a Fragrance Pulse Ejection System. 2020. 14
  • Yoko Hakuno, Masahiro Hata, Nozomi Naoi, Ei-ichi Hoshino, Yasuyo Minagawa. Interactive live fNIRS reveals engagement of the temporoparietal junction in response to social contingency in infants. NeuroImage. 2020. 218. 116901-116901
  • Yuri Yoshida, Takumi Kawana, Eiichi Hoshino, Yasuyo Minagawa, Norihisa Miki. Capturing Human Perceptual and Cognitive Activities via Event-Related Potentials Measured with Candle-Like Dry Microneedle Electrodes. Micromachines. 2020. 11. 6. 556-556
  • Renata Di Lorenzo, Laura Pirazzoli, Anna Blasi, Chiara Bulgarelli, Yoko Hakuno, Yasuyo Minagawa, Sabrina Brigadoi. Recommendations for motion correction of infant fNIRS data applicable to multiple data sets and acquisition systems. NeuroImage. 2019. 200. 511-527
  • Uchida-Ota, M, Arimitsu, T, Tsuzuki, D, Dan, I, Ikeda, D, Takahashi, T, Minagawa, Y. Maternal speech shapes the cerebral frontotemporal network in neonates: a hemodynamic functional connectivity study. Developmental Cognitive Neuroscience. 2019. 39
もっと見る
MISC (16件):
  • 皆川 泰代, 安井愛可, 直井望, 山本淳一, 鈴木健嗣. 発達認知神経科学におけるfNIRS の応用:定型・非定型発達脳を可視化する. 高次脳機能研究. 2017. 37. 2. 174-180
  • Miyata, H, Watanabe, S, Ueda, K, Sasaki, T, Minagawa, Y. Enhanced visual form and visuo-spatial processes in Japanese speed-reading experts: A preliminary analysis. 認知科学会テクニカルレポート. 2016. JCSS-TR-74
  • 皆川 泰代. 音声知覚の運動理論とブローカ野:マザリーズ研究が明らかにするもの. ベビーサイエンス 2014.vol.14. 2015. 14. 34-35
  • 内田 真理子, 有光 威志, 矢田部 清美, 池田 一成, 高橋 孝雄, 皆川 泰代. 新生児が母親の声を聴くときの呼吸の安定性と脳反応. 日本女子大学人間社会学部紀要. 2015. 26. 87-97
  • 皆川泰代, 矢田部清美, 星野英一, 松田聡一郎, 佐藤大樹, 吉村美奈, 牧敦. 5-6ケ月児における前頭前野機能とDefault Mode Network. 日本赤ちゃん学会学術集会プログラム・要旨集. 2014. 14th. 78
もっと見る
書籍 (18件):
  • Oxford Handbook of Neurolinguistics
    Oxford University Press 2019
  • 発達と学習
    学文社 2018 ISBN:9784762028366
  • 聞くと話すの脳科学
    コロナ社 2017 ISBN:9784339013375
  • 新・発達心理学ハンドブック
    福村出版社 2016
  • Frontiers in Developmental Psychology Research: Japanese Perspectives
    HITUZI SYOBO publishing 2016 ISBN:9784894767980
もっと見る
講演・口頭発表等 (175件):
  • Typical and atypical neurocognitive development: language and social interaction
    (The society of functional NIRS, fNIRS Datablitz 2020, online 2020)
  • Cortical activation to interactive contingency in 6-month-old infants: an event-related fNIRS study.
    (vICIS 2020 Congress, P3-B-33 2020)
  • Mouth-looking and early vocabulary acquisition: A longitudinal eye-tracking study in infants at-risk for ASD and typically developing infants.
    (vICIS 2020 Congress, P1-E-81. 2020)
  • Cerebral basis of non-adjacency grammar learning: Neonates and 6-to 7-month-old infants.
    (vICIS 2020 Congress, P1-D-63 2020)
  • fNIRS applications: Shedding light on brain-to-brain synchrony underlying human social interaction
    (Optical Society of America, Biophotonics Congress: Biomedical Optics. Virtual Meeting 2020)
もっと見る
Works (10件):
  • 学際性で広げる未来の赤ちゃん研究:発達脳科学・心理学の立場から
    皆川 泰代 2011 - 現在
  • Investigating the cerebral bases of language acquisition with NIRS.
    皆川 泰代 2011 - 現在
  • プロソディ処理の大脳機能:発達とその障害
    皆川 泰代 2010 - 現在
  • 近赤外分光法による発達脳機能研究:母子間コミュニケーション
    皆川 泰代 2010 - 現在
  • 乳児にとっての母親声・非母親声そして母語・非母語
    皆川 泰代 2009 - 現在
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 2000 東京大学 脳神経医学専攻認知・言語医学講座修了
  • 1994 - 1996 国際基督教大学 日本語学・日本語教育学
  • 1989 - 1993 国際基督教大学 語学科
学位 (2件):
  • 博士(医学) (東京大学)
  • 博士(医学) (The University of Tokyo)
経歴 (11件):
  • 2017/04 - 現在 慶應義塾大学 文学部 教授
  • 2013/04 - 2017/03 慶應義塾大学 文学部 准教授
  • 2008/10 - 2013/03 慶應義塾大学 大学院社会学研究科 特任准教授
  • 2007/04 - 2013/03 (独)理化学研究所 BSI言語発達研究チーム 客員研究員
  • 2006/04 - 2008/08 フランス ENS-EHESS-CNRS 研究員
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018 - 現在 日本音声学会 理事
  • 2018 - 現在 The Society for functoinal Near Infrared Spectroscopy Board of Director
  • 2017 - 現在 日本赤ちゃん学会 理事
  • 2014 - 現在 光脳機能イメージング学会 評議員
  • 2012 - 現在 日本音声学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2016/03 - 日本音声学会 日本音声学会賞学術研究奨励賞共同受賞 「マイボイス:難病患者様の失われる声を救う」
  • 2008/09 - 日本音声学会 日本音声学会賞優秀発表賞 「4ヶ月児における音声,非音声に対する脳反応の側性化」
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る