研究者
J-GLOBAL ID:201801010828430479   更新日: 2020年09月23日

柳川 正隆

ヤナガワ マサタカ | Yanagawa Masataka
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (4件): 応用生物化学 ,  機能生物化学 ,  薬理学 ,  生物物理学
研究キーワード (5件): 生物物理学 ,  生化学 ,  シグナル伝達 ,  1分子イメージング ,  Gタンパク質共役型受容体
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 網羅的な細胞内1分子イメージングによるGPCRome解析
  • 2016 - 2019 GPCRの1分子動態・機能連関の比較解析
  • 2014 - 2016 Gタンパク質共役型受容体のヘテロ多量体配置転換の解析
  • 2013 - 2015 1分子FRET測定によるGタンパク質共役型受容体の2量体配置転換のダイナミクス解析
  • 2008 - 2011 構成的活性変異に注目した代謝型グルタミン酸受容体の構造・機能連関の解析
全件表示
論文 (10件):
もっと見る
MISC (4件):
特許 (3件):
  • Gタンパク質共役型受容体(GPCR)の解析方法
  • Gタンパク質共役型受容体(GPCR)の活性評価方法
  • Gタンパク質共役型受容体(GPCR)の活性評価方法
講演・口頭発表等 (35件):
  • 1分子イメージングによる生細胞膜中のGPCRシグナロソーム計測
    (第58回 日本生物物理学会年会 2020)
  • GPCRの細胞内1分子動態から薬効を読み解く
    (定量生物学の会 北海道キャラバン 2019 2019)
  • 膜受容体の細胞内1分子動態から薬効を読み解く
    (生理学研究所 研究会 「イオンチャネルと生体膜のダイナミズム: 構造生物学の先にあるもの」 2019)
  • Estimation of multiple drug effects on GPCR based on the single-molecule diffusion dynamics
    (第57回 日本生物物理学会年会 2019)
  • GPCRの1分子動態から薬効を読み解く
    (第92回 日本生化学会大会 2019)
もっと見る
受賞 (2件):
  • 2016/01 - 理化学研究所 基礎科学特別研究員 ポスター賞 (Biology Prize)
  • 2009 - 加藤記念バイオサイエンス振興財団 第21回 国際交流助成 「the 15th International Congress of Photobiology」における発表
所属学会 (1件):
日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る