研究者
J-GLOBAL ID:201801010945591807   更新日: 2022年06月29日

坂本 裕一

Sakamoto Yuichi
研究分野 (1件): 森林科学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 きのこ類における栄養成長から生殖成長への切換えに関わる分子スイッチの特定
  • 2016 - 2019 抗菌物質シュウ酸アルミニウムを利用したマツタケシロの生長戦略
  • 2013 - 2016 子実体形成のトリガー -光応答分子機構の解明-
  • 2011 - 2013 新規きのこ生産技術確立に寄与する、担子菌共通の子実体原基形成制御遺伝子の探索
  • 2010 - 2011 効率的な遺伝子発現抑制技術を利用した担子菌類の遺伝子解析手法の確立
全件表示
論文 (5件):
  • Wade Abbott, Orly Alber, Ed Bayer, Jean-Guy Berrin, Alisdair Boraston, Harry Brumer, Ryszard Brzezinski, Anthony Clarke, Beatrice Cobucci-Ponzano, Darrell Cockburn, et al. Ten years of CAZypedia: a living encyclopedia of carbohydrate-active enzymes. GLYCOBIOLOGY. 2018. 28. 1. 3-8
  • Maki Narimatsu, Toshiyuki Koiwa, Takashi Masaki, Yuichi Sakamoto, Hisao Ohmori, Keitaro Tawaraya. Corrigendum to "Relationship between climate, expansion rate, and fruiting in fairy rings ('shiro') of an ectomycorrhizal fungus Tricholoma matsutake in a Pinus densiflora forest" [Fungal Ecol. 15 (2015) 18-28]. Fungal Ecology. 2016. 20. 260
  • 坂本 裕一. シイタケ(Lentinula edodes) の染色体地図の作製とその育種への利用. 日本菌学会大会講演要旨集. 2016. 60. 80-80
  • Konno N, Nakade K, Nishitani Y, Mizuno M, Sakamoto Y. Lentinan degradation in the Lentinula edodes fruiting body during post-harvest preservation is reduced by downregulation of the exo-β-1,3-glucanase EXG2. Journal of Agricultural and Food Chemistry. 2013. 61. 31. 7591-7598
  • 金野 尚武, 坂本 裕一. 担子菌シイタケ由来β-1,6グルカナーゼの単離と機能解析. Journal of Applied Glycoscience Supplement. 2010. 2010. 80-80
MISC (19件):
書籍 (1件):
  • 工学技術者のための農学概論 (実践的技術者のための電気電子系教科書シリーズ)
    理工図書 2018 ISBN:4844608738
学歴 (3件):
  • 1998 - 2001 北海道大学大学院 環境資源学専攻
  • 1996 - 1998 北海道大学大学院 林産学科
  • 1992 - 1996 北海道大学 森林科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学大学院農学研究科)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る