研究者
J-GLOBAL ID:201801010965516704   更新日: 2020年07月28日

土井 寛大

ドイ カンダイ | Doi Kandai
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Kandai_Doi2
研究分野 (4件): 生物資源保全学 ,  生態学、環境学 ,  獣医学 ,  寄生虫学
研究キーワード (3件): 感染症生態学 ,  保全医学 ,  マダニ媒介性感染症
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 箱根山地及び丹沢山地におけるマダニと感染症に関する研究
  • 2019 - 2020 アライグマ等の外来野生動物がマダニ媒介性感染症に与える影響
論文 (3件):
  • Fumiya Urushiyama, Katsuki Matsubara, Kandai Doi, Masakatsu Taira, Tomoyoshi Komiya, Toshihiro Tokiwa. First record of infestation of a pet sloth in Japan with the exotic tick Amblyomma geayi (Acari: Ixodidae). Parasitology International. 2020
  • Kandai Doi, Takuya Kato, Shin-Ichi Hayama. Infestation of introduced raccoons (Procyon lotor) with indigenous ixodid ticks on the Miura Peninsula, Kanagawa Prefecture, Japan. 2018. 7. 3. 355-359
  • Natsuko Sugiura, Kandai Doi, Tatsushi Morita, Takuya Kato, Shin-ichi Hayama. Epizootic of sarcoptic mange in raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides) in relation to population density. Journal of Veterinary Medical Science. 2018. 80. 3. 544-548
MISC (7件):
  • 志智 優樹, 鈴木 夏海, 土井 寛大, 大橋 赳実, 小沼 守, 徳永 有喜子, 田中 治, 浅川 満彦. レインボーアガマAgama agamaの体表から得られたPterygosomatidae科ツツガムシ類の記録. 日本獣医エキゾチック動物学会誌. 2019. 1. 29-29
  • Kato Takuya, Kandai Doi, Aki Tanaka, Sachiko Moriguchi, Shin-ichi Hayama. Difference in the factors of effect on reproductive rate of feral raccoon (Procyon lotor) between high- (2008-2010) and low- (2015-2017) density terms in Kanagawa Prefecture, Japan. Proceedings of GeoVet 2019. 2019
  • 土井寛大. 東京都島嶼におけるマダニ類の調査. 第27回ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー要旨集. 2019
  • 土井寛大. 神奈川県三浦半島における外来アライグマとマダニの関係. 第26回ダニと疾患のインターフェイスに関するセミナー要旨集. 2018
  • 加藤 卓也, 手塚 透吾, 土井 寛大, 杉浦 奈都子, 羽山 伸一. 神奈川県における外来種アライグマ(Procyon lotor)の相対的生息密度の変化と妊娠率との関係性の検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2017. 160回. 527-527
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • Host selectivity of Ixodid ticks on carnivorous wildlife host in peri-urban environment
    (Proceedings of 2019 Annual Meeting of Asian Society of Conservation Medicine 2019)
  • Effect of population density of host Raccoon (Procyon lotor) on species diversity of on-host ticks
    (Proceedings of 2018 Annual Meeting of Asian Society of Conservation Medicine 2018)
学歴 (3件):
  • 2018 - 現在 日本獣医生命科学大学大学院 獣医生命科学研究科 博士課程
  • 2013 - 2018 日本獣医生命科学大学 獣医学部
  • 2008 - 2012 Ohio Northern University Biological and Allied Health Sciences B.S. Biology
経歴 (1件):
  • 2011/12 - 2012/08 Critter Care Wildlife Society 野生動物リハビリテーター
委員歴 (1件):
  • 2019/08 - 現在 日本野生動物医学会 ニュースレター
所属学会 (1件):
日本野生動物医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る