研究者
J-GLOBAL ID:201801011198563471   更新日: 2022年02月08日

吉田 亘

ヨシダ ワタル | Yoshida Wataru
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://yoshida-lab.bs.teu.ac.jp/https://yoshida-lab.bs.teu.ac.jp/?page_id=920&lang=en
研究キーワード (3件): グアニン四重鎖 ,  DNAメチル化 ,  バイオセンシング
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2025 等温PCRを用いた修飾塩基測定法の開発と在宅がん診断への展開
  • 2017 - 2020 1細胞メチル化DNA検出法の開発と血中循環腫瘍細胞の簡易検出法への展開
  • 2015 - 2017 DNAメチル化反応を触媒するリボザイムの同定と領域特異的メチル化方法の開発
  • 2012 - 2014 メチル化CpGに結合するRNAの創出及び高感度メチル化CpG検出法の開発
  • 2008 - 2010 エピジェネティクス解析のための新規アプタマーの探索と応用
論文 (60件):
  • Yuka Iwasaki, Yurino Ookuro, Keisuke Iida, Kazuo Nagasawa, Wataru Yoshida. Destabilization of DNA and RNA G-quadruplex structures formed by GGA repeat due to N6-methyladenine modification. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022. 597. 134-139
  • Kosuke Kimura, Daiki Oshikawa, Kazunori Ikebukuro, Wataru Yoshida. Stabilization of VEGF i-motif structure by CpG methylation. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022. 594. 88-92
  • Saowalak Laddachote, Rika Ishii, Wataru Yoshida. Effects of CpG methylation on the thermal stability of c-kit2, c-kit*, and c-kit1 G-quadruplex structures. BBA Advances. 2021
  • Ryohei Wada, Wataru Yoshida. Thermal Stability Changes in Telomeric G-Quadruplex Structures Due to N6-Methyladenine Modification. Epigenomes. 2021
  • Natsumi Taka, Wataru Yoshida. Quantification of global DNA methylation level using 5-methylcytosine dioxygenase. Analytical and Bioanalytical Chemistry. 2020
もっと見る
MISC (1件):
  • 齊藤 大希, 吉田 亘, 横山 智美, 池袋 一典. 2P-234 ゲノム中のG-quadruplex形成配列に着目したアプタマー探索法(核酸工学,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2013. 65. 163-163
書籍 (13件):
  • 進化を続ける核酸化学 : ゲノム編集、非二重らせん、核酸医薬
    化学同人 2021 ISBN:9784759814019
  • Global DNA Methylation Analysis Using Methylcytosine Dioxygenase
    DNA Modification Detection Methods (2021) 93-102
  • Organic Matter BOD Biosensor Monitoring
    Handbook of Cell Biosensors
  • Biosensors using the aptameric enzyme subunit: The use of aptamers in the allosteric control of enzymes
    Aptamers in Bioanalysis (2009) 129
  • 進化分子工学を利用した新規分子認識素子の開発
    進化分子工学~高速分子進化によるタンパク質・核酸の開発~ (2013) 231
もっと見る
講演・口頭発表等 (100件):
  • Methyl-CpG-binding domain-fused luciferaseを用いた遺伝子特異的メチル化レベル測定法の開発
    (第44回日本分子生物学会年会 2021)
  • 蛍光蛋白質融合MBDとCXXCを用いたゲノムDNAメチル化頻度測定法の開発
    (第44回日本分子生物学会年会 2021)
  • SnoopCatcher/SnoopTagを用いたCXXC-fused luciferaseの構築と非メチル化CpGレベル測定法の開発
    (第44回日本分子生物学会年会 2021)
  • N6メチルアデニン修飾のtetrad:heptad:heptad:tetrad四重鎖構造形成への影響
    (第44回日本分子生物学会年会 2021)
  • SnoopCatcher/SnoopTagを用いた非メチル化 CpG結合ドメイン融合ルシフェラーゼの構築と非メチル化 CpG検出法の開発
    (第15回バイオ関連化学シンポジウム 2021)
もっと見る
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 東京工科大学 応用生物学部 応用生物学科 准教授
  • 2017/10 - 2021/03 東京工科大学 応用生物学部 応用生物学科 講師
  • 2013/09 - 2017/09 東京工科大学 応用生物学部 応用生物学科 助教
  • 2013/04 - 2013/08 東京農工大学大学院 工学研究院 生命工学専攻 特任助教
  • 2011/04 - 2013/03 東京農工大学大学院 工学研究院 特任助教
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019/02 - Elsevier Certificate of Excellence in Reviewing (Biosensors and Bioelectronics)
  • 2008/05 - The Elsevier Biosensors & Bioelectronics Award 2008, 1st Runner-Up
所属学会 (3件):
日本エピジェネティクス研究会 ,  日本分子生物学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る