研究者
J-GLOBAL ID:201801011316508421   更新日: 2021年09月02日

山田 尚基

Yamada Naoki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (6件): ボツリヌス療法 ,  リハビリテーション ,  再生医療 ,  脳卒中 ,  経頭蓋磁気刺激 ,  脳機能画像
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 慢性期脳損傷患者の上肢麻痺に対するパラボリック磁気刺激とリハビリ併用療法の検討
  • 2016 - 2019 脳損傷患者へのアトモキセチン内服および磁気刺激とリハビリテーション併用療法の検討
  • 2012 - 2015 嚥下障害治療法としての反復経頭蓋磁気刺激と集中的リハビリテーション併用療法の確立
論文 (44件):
  • Taiki Nakajima, Akihiro Nakahata, Naoki Yamada, Keiko Yoshizawa, Tomoaki M Kato, Mio Iwasaki, Chengzhu Zhao, Hiroshi Kuroki, Makoto Ikeya. Grafting of iPS cell-derived tenocytes promotes motor function recovery after Achilles tendon rupture. Nature communications. 2021. 12. 1. 5012-5012
  • Ryo Ueda, Naoki Yamada, Masahiro Abo, Atsushi Senoo. White matter changes follow low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation plus intensive occupational therapy for motor paralysis after stroke: a DTI study using TBSS. Acta neurologica Belgica. 2021. 121. 2. 387-396
  • Shoji Kinoshita, Kumi Ikeda, Shinji Yasuno, Sho Takahashi, Naoki Yamada, Yumi Okuyama, Nobuyuki Sasaki, Takuya Hada, Chiaki Kuriyama, Shin Suzuki, et al. Dose-response of rPMS for upper Limb hemiparesis after stroke. Medicine. 2020. 99. 24. e20752
  • Masachika Niimi, Tamaki Ishima, Kenji Hashimoto, Takatoshi Hara, Naoki Yamada, Masahiro Abo. Effect of repetitive transcranial magnetic stimulation on the kynurenine pathway in stroke patients. Neuroreport. 2020. 31. 9. 629-636
  • Ryo Ueda, Naoki Yamada, Masahiro Abo, Pradeepa Wanniarachchi Ruwan, Atsushi Senoo. MRI evaluation of motor function recovery by rTMS and intensive occupational therapy and changes in the activity of motor cortex. The International journal of neuroscience. 2020. 130. 3. 309-317
もっと見る
MISC (86件):
  • 桂田功一, 平野健大, 樋口謙次, 野口恵美, 長谷川意純, 阿部建彦, 阿部建彦, 鹿瀬陽一, 山田尚基, 山田尚基, et al. ICU離床プロトコル導入による離床状況およびICU在室日数の変化. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2021. 48th
  • 桂田功一, 樋口謙次, 平野健大, 石橋香里, 長谷川意純, 鹿瀬陽一, 山田尚基, 山田尚基, 安保雅博. ICUにおける離床プロトコルの導入は人工呼吸器装着期間やICU在室期間を短縮させるか-内科系疾患患者における検証-. 日本理学療法学術大会(Web). 2020. 54th
  • 平野健大, 桂田功一, 樋口謙次, 鹿瀬陽一, 山田尚基, 安保雅博. リハビリテーションを施行した患者のICUでの活動は退院時ADLに影響を与えるのか. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2020. 47th
  • 田口健介, 新見昌央, 池ヶ谷正人, 伊東寛史, 樋口謙次, 山田尚基, 安保雅博. ICUにおいて認知機能に関連する従命運動についての研究. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2020. 47th
  • 池ヶ谷正人, 新見昌央, 田口健介, 伊東寛史, 樋口謙次, 山田尚基, 安保雅博. 集中治療領域での認知機能を評価する従命スケールの開発. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2020. 47th
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • iPSC-based cell therapy in tendon injury model
    (ISSCR;LosAngels, USA;poster;「ISSCR ABSTRACT MERIT AWARD」 2019)
  • Atomoxetine administration combined with rehabilitationfor post-stroke cognitive dysfunction.
    (第54回リハビリテーション医学会学術集会 2017)
  • 脳卒中後失語症患者に対するfMRIによる大脳半球皮質の最賦活部位への高頻度rTMSと集中的言語療法の治療効果
    (第53回日本リハビリテーション医学会学術集会 2016)
  • Comparison of two protocols: 2,400-pulse low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation and theta burst stimulation combined with intensive occupational therapy in post-stroke hemiparetic patients.
    (10th ISPRM World Congress - Kuala Lumpur 2016)
  • 「Early exposure to global stage のすすめー若手リハ科専門医の経験からー」.
    (第10回日本リハビリテーション医学会専門医会学術集会 2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京慈恵医大)
所属学会 (2件):
日本再生医療学会 ,  日本リハビリテーション医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る