研究者
J-GLOBAL ID:201801011356648552   更新日: 2020年08月25日

大澤 稔

オオサワ ミノル | Ohsawa Minoru
論文 (20件):
  • Shin Takayama, Tetsuya Akaishi, Hiroyuki Nozaki, Satoko Suzuki, Ryutaro Arita, Natsumi Saito, Junichi Tanaka, Takehiro Numata, Akiko Kikuchi, Minoru Ohsawa, et al. Characteristics and course of patients treated with Kampo Medicine in the Department of General Medicine. Journal of general and family medicine. 2020. 21. 3. 48-55
  • 大澤 稔, 高山 真, 石井 正, 八重樫 伸生. 東日本大震災後フラッシュバック(PTSD)に悩まされていた患者が漢方薬で改善した1例. 心身医学. 2020. 60. 3. 276-276
  • Cases of Chemical Sensitivity Successfully Treated With Kampo Medicine. Alternative Therapies in Health med Medicine. 2019
  • 乙竹 秀明, 東 いぶき, 久保川 哲, 近藤 亮一郎, 有田 龍太郎, 沼田 健裕, 大澤 稔, 菊地 章子, 高山 真, 石井 正. 漢方エビデンスレポートからみえる漢方薬の臨床研究の現状と変遷. 日本東洋医学雑誌. 2019. 70. 4. 419-429
  • Tadashi Ishii, Shin Takayama, Michiaki Abe, Hitoshi Kuroda, Junichi Tanaka, Takehiro Numata, Akiko Kikuchi, Minoru Ohsawa, Souichiro Kaneko, Natsumi Saito, et al. Spontaneous Regression of Recurrent Undifferentiated Carcinoma of the Endometrium. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2019. 58. 11. 1649-1653
もっと見る
MISC (147件):
  • 大澤 稔. 【地域での漢方治療のススメ】産婦人科領域 更年期障害を中心に. 地域医学. 2019. 33. 10. 834-839
  • 大澤 稔, 志賀 尚美, 渡邊 善, 久野 貴司, 豊島 将文, 八重樫 伸生. 芍薬甘草湯が無効の有痛性腓腹筋痙攣(こむら返り)に対して別の漢方薬が奏効した1症例 病態背後の体液出納から考える. 日本女性医学学会雑誌. 2019. 27. 1. 161-161
  • 久野 貴司, 立花 眞仁, 井ヶ田 小緒里, 田中 恵子, 藤峯 絢子, 横山 絵美, 石橋 ますみ, 志賀 尚美, 渡邉 善, 大澤 稔, et al. 当院における挙児希望患者に対する子宮内膜ポリープ治療の有効性の検討. 北日本産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集. 2019. 67回. 57-57
  • 大澤 稔. 【産婦人科で漢方を使いこなす!-漢方診療の新しい潮流をふまえて】今の時代の漢方診療 最近の漢方診療 診察から薬剤選択まで. 臨床婦人科産科. 2019. 73. 8. 718-726
  • 高山 真, 有田 龍太郎, 大澤 稔, 菊地 章子, 沼田 健裕, 齊藤 奈津美, 西川 仁, 池野 由佳, 佐々木 浩代, 小島 三千代, et al. 人参養栄湯に関する文献レビューと考察. 日本東洋医学雑誌. 2019. 70. 別冊. 159-159
もっと見る
書籍 (2件):
  • レシピプラス Vol.16 No.2 よく出る漢方薬ABC
    南山堂 2017 ISBN:4525921722
  • 女性のための自分で選べる漢方の本
    PHP研究所 2014 ISBN:4569823483
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る