研究者
J-GLOBAL ID:201801011389523828   更新日: 2021年10月26日

村田 伸

Murata Shin
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (4件): 介護予防 ,  パーキンソン病者の歩行分析 ,  健康支援シューズの開発 ,  高齢者の転倒予防
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2016 - 2021 効果的で継続しやすい介護予防プログラムの開発とシステム構築
  • 2017 - 2020 より簡易な足趾把持力向上方法の模索-介入効果検証とその維持方法の構築-
  • 2018 - 2019 スポーツ外傷・障害の改善を目的とした脳情報の可視化システムの開発
  • 2017 - 2018 高齢者の転倒に関わる脳・運動・認知・精神機能の統合的理解
  • 2015 - 2018 運動錯覚と運動イメージを同期させたニューロリハビリテーションデバイスの開発
全件表示
論文 (34件):
もっと見る
MISC (242件):
書籍 (7件):
  • 歩行分析:シート式足圧センサーを用いた歩行分析に関する研究
    学術研究出版 2017
  • 生活環境学テキスト
    南江堂 2016
  • 在宅障害高齢者の健康支援:転倒予防と主観的健康感の充実に関する研究
    学術研究出版 2016
  • 高齢者の障害とそのケアテクニック
    ブックウェイ 2015
  • 理学療法士・作業療法士のためのヘルスプロモーション
    南江堂 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • Effect of finger rhythmic movement training on freezing of gait in Parkinson's disease patients: a study protocol
    (International Parkinson and Movement Disorder Society 2018)
  • Effect of insoles with toe-grip bar on toe function and standing balance in young women
    (International Conference on Healthcare & Life-Science Research 2017)
  • 高齢者における運動療法・指導 高齢者の足把持力と転倒予防
    (日本臨床運動療法学会 2017)
  • Gait Characteristics of the Elderly Showing
    (European Association of Developmental Psychology 2017)
  • The Relationship of Physical and Cognitive Factors with Falls in the Elderly Disabled at Home:One Year Follow-Up Study
    (European Association of Developmental Psychology 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2006 久留米大学 心理学研究科後期博士課程
  • 2001 - 2003 佐賀医科大学 医学系研究科看護学専攻
経歴 (1件):
  • 2012/04 - 現在 京都橘大学 健康科学部 教授
委員歴 (8件):
  • 2011/02 - 現在 日本ヘルスプロモーション理学療法学会 常任理事・事務局長
  • 2009/07 - 現在 日本在宅ケア学会 機関誌査読委員
  • 2004/04 - 現在 日本行動科学学会 評議員
  • 2015/12 - 2017/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2011/04 - 2017/03 日本健康支援学会 学会理事・事務局長
全件表示
受賞 (8件):
  • 2017/11 - International Conference on Healthcare & Life-Science Research Best Paper Presenter Effect of insoles with toe-grip bar on toe function and standing balance in young women
  • 2016/03 - 日本健康支援学会 学術大会優秀賞 長下肢装具を作成した脳卒中患者の在宅復帰率と身体的特徴の検討
  • 2015/04 - Journal of Physical Therapy Science Excellent Paper Award Relationships between the Occlusal Force and Physical/Cognitive Functions of Elderly Females Living in the Community
  • 2013/11 - 日本作業療法研究学会 学術大会最優秀発表賞 高齢者の手指感覚閾値に対する手指容積変化の影響
  • 2011/10 - 日本ヘルスプロモーション理学療法学会 最優秀論文賞(内山賞) 在宅高齢者における運動器不安定症該当者の身体・認知・心理機能の特徴
全件表示
所属学会 (9件):
日本心理学会 ,  日本行動医学会 ,  日本行動科学学会 ,  日本老年社会科学会 ,  日本体力医学会 ,  日本ヘルスプロモーション理学療法学会 ,  日本健康支援学会 ,  日本老年看護学会 ,  日本在宅ケア学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る