研究者
J-GLOBAL ID:201801011441079311   更新日: 2021年05月20日

斉藤 康二

サイトウ コウジ | KOJI SAITO
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/st.kitasato-u.ac.jp/sbcellbiol
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  細胞生物学
研究キーワード (4件): 細胞生物学 ,  細胞骨格 ,  細胞極性 ,  細胞運動
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2022 糸球体上皮細胞突起形成に関わる細胞膜脂質の特定とその機能解析
  • 2018 - 2021 腎糸球体上皮細胞の突起形成におけるアクチン細胞骨格制御機構の解明
  • 2017 - 2020 上皮管腔形成におけるRacGAP因子FilGAPの機能解析
  • 2013 - 2014 癌細胞の3次元空間におけるアメーバ様遊走の極性形成機構解析
  • 2010 - 2014 RacGAP因子FilGAPの癌の浸潤、転移における機能解析
全件表示
論文 (22件):
  • Koji Saito, Mamiko Mori, Norito Kambara, Yasutaka Ohta. FilGAP, a GAP protein for Rac, regulates front-rear polarity and tumor cell migration through the ECM. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2021. 35. 4. e21508
  • Satoko Kanzaki, Shiori Tamura, Toshiaki Ito, Mizuki Wakabayashi, Koji Saito, Shigeki Kato, Yasutaka Ohta, Yoichi Sekita, Tohru Kimura. Involvement of Nlrp9a/b/c in mouse preimplantation development. Reproduction. 2020. 160. 2. 181-191
  • Kyle D. Moran, Hui Kang, Ana V. Araujo, Trevin R. Zyla, Koji Saito, Denis Tsygankov, Daniel J. Lew. Cell-cycle control of cell polarity in yeast. Journal of Cell Biology. 2019. 218. 1. 171-189
  • Shota Uehara, Koji Saito, Hisayo Asami, Yasutaka Ohta. Role of ARHGAP24 in ADP Ribosylation Factor 6 (ARF6)-dependent Pseudopod Formation in Human Breast Carcinoma Cells. ANTICANCER RESEARCH. 2017. 37. 9. 4837-4844
  • 斉藤康二, 太田安隆. がん細胞の浸潤における運動様式の転換制御. 生化学. 2017. 89. 1. 90-93
もっと見る
MISC (4件):
講演・口頭発表等 (40件):
  • 着床前および着床後の発生に関与する母性因子としてのNLRP9
    (日本分子生物学会年会 2020)
  • RacGAP因子ARHGAP25はセプチン複合体と結合し、葉状仮足形成を制御する
    (日本分子生物学会年会 2020)
  • Racシグナルの活性化は腎糸球体上皮細胞の突起形成を阻害する
    (細胞生物学会大会 2020)
  • RacGAP因子FilGAPは乳がん細胞において浸潤突起形成を制御する
    (日本分子生物学会年会 2019)
  • 腎糸球体上皮細胞の突起形成におけるFilGAPの役割
    (生体運動合同班会議 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2006 北海道大学 癌医学専攻
  • 1998 - 2000 北海道大学 水産増殖学専攻
  • 1994 - 1998 北海道大学 水産増殖学科
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 北里大学 理学部生物科学科細胞生物学講座 講師
  • 2009/04 - 2019/03 北里大学 理学部生物科学科細胞生物学講座 助教
  • 2007/10/01 - 2009/03/31 Duke大学 Medical Center 薬理学および腫瘍生物学分野・博士研究員
  • 2007/04 - 2007/09 北海道大学 遺伝子病制御研究所分子間情報分野 博士研究員
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 独立行政法人 日本学術振興会・特別研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2018/03 - ポドサイト研究会 優秀演題賞 ポドサイトの突起形成におけるRacGAP因子FilGAPの役割
所属学会 (4件):
アメリカ細胞生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る