研究者
J-GLOBAL ID:201801011499638558   更新日: 2021年08月12日

大木 真人

オオキ マサト | Ohki Masato
研究分野 (4件): 固体地球科学 ,  地理学 ,  防災工学 ,  計測工学
研究キーワード (5件): 地球科学 ,  科学教育 ,  リモートセンシング ,  防災 ,  合成開口レーダ
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 地球外の視点による地球観の共有-地球観測衛星を利用した地上絵アニメーションの制作
  • 2016 - 2019 地球外の視点による地球観の共有 -地球観測衛星を利用した芸術表現技術の国際化-
  • 2013 - 2016 地球外の視点による地球観の共有 -地球観測衛星を利用した芸術表現技術の開発-
  • 2009 - 2011 将来の幅広い分野での衛星データ利用を目的とした子ども向け人材育成プログラムの開発及び全国での実証
  • 2009 - 2011 高分解能ポラリメトリックSARを用いた水害状況把握技術の開発
論文 (27件):
  • Masato Ohki, Takahiro Abe, Takeo Tadono, Masanobu Shimada. Landslide detection in mountainous forest areas using polarimetry and interferometric coherence. Earth, Planets and Space. 2020. 72. 1
  • Takahiro Abe, Masato Ohki, Takeo Tadono. CO- and Post-Eruptive Surface Deformation Following the 2018 Eruption of Kilauea Volcano Revealed by ALOS-2 Multi-Mode Images. IGARSS 2020 - 2020 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium. 2020
  • Masato Ohki, Kosuke Yamamoto, Takeo Tadono. A Study of Automatic Flood-Area Detection Using ALOS-2 and Ancillary Data. IGARSS 2020 - 2020 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium. 2020
  • Masato Ohki, Kosuke Yamamoto, Takeo Tadono, Kei Yoshimura. Automated Processing for Flood Area Detection Using ALOS-2 and Hydrodynamic Simulation Data. Remote Sensing. 2020. 12. 17. 2709-2709
  • Masato Ohki, Takeo Tadono, Takuya Itoh, Keiko Ishii, Tsutomu Yamanokuchi, Masanobu Shimada. Flood Detection in Built-Up Areas Using Interferometric Phase Statistics of PALSAR-2 Data. IEEE Geoscience and Remote Sensing Letters. 2020. 1
もっと見る
MISC (14件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • リモートセンシングの応用・解析技術 : 農林水産・環境・防災から建築・土木、高精度マッピングまで
    エヌ・ティー・エス 2019 ISBN:9784860436124
  • だいちの星座プロジェクト活動記録集/2013-2017 = Constellations of the earth project activity report/2013-2017
    だいちの星座プロジェクト 2018
講演・口頭発表等 (39件):
  • Detecting landslides in forested areas using polarimetric and interferometric SAR data by PALSAR-2
    (Proceedings of the European Conference on Synthetic Aperture Radar, EUSAR 2021)
  • ALOS-2搭載合成開口レーダによる浸水域推定
    (洪水リスク研究会, 東京大学生産技術研究所RC-98 2020)
  • A Country-scale Land-cover Classification Using PALSAR-2 Polarimetric Data
    (International Polarimetric SAR Workshop 2019 2019)
  • Summary of natural disaster responses by the advanced land observing satellite-2 (ALOS-2)
    (International Archives of the Photogrammetry, Remote Sensing and Spatial Information Sciences - ISPRS Archives 2019)
  • ALOS-2による2018年ハワイ・キラウェア火山噴火に伴う地殻変動の検出
    (日本測地学会講演会要旨 2018)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(理学) (東京大学)
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2007/04 - 現在 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター 研究開発員
  • 2019/05 - 2022/03 国立研究開発法人産業技術総合研究所 客員研究員
委員歴 (14件):
  • 2020 - 現在 IEEE Geoscience and Remote Sensing Society All Japan Joint Chapter Treasurer
  • 2017/04 - 現在 国土地理院 地震予知連絡会SAR解析ワーキンググループ
  • 2017 - 現在 国土交通省、宇宙航空研究開発機構 土砂WG
  • 2017 - 現在 国土交通省、宇宙航空研究開発機構 水害WG
  • 2011/04 - 現在 気象庁 火山噴火予知連絡会衛星解析グループ
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018 - 日本リモートセンシング学会 論文奨励賞
  • 2010 - IEEE Geoscience and Remote Sensing Society Japan Chapter 若手研究者賞
所属学会 (3件):
IEEE ,  IEEE Geoscience and Remote Sensing Society ,  日本リモートセンシング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る