研究者
J-GLOBAL ID:201801011500601604   更新日: 2020年10月01日

小西 彬仁

コニシ アキヒト | Akihito Konishi
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大学院工学研究科応用化学専攻  助教
ホームページURL (1件): http://www.dma.jim.osaka-u.ac.jp/view?l=ja&u=10002506&i=j9&kc=1&o=name-a&pp=50&oo=1000043&sm=name&sl=ja&sp=1
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (4件): 物理有機化学 ,  構造有機化学 ,  有機合成化学 ,  有機化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 π共役の自在制御に基づく新規4nπ電子系の構築と弱いπ結合の創出
  • 2018 - 2020 反芳香族化合物の高対称化と縮退軌道の維持を指向したπ骨格のトポロジー制御
  • 2016 - 2018 3次元構造規制によるルイス塩基の精密制御と反応場の開拓
論文 (35件):
  • Akihito Konishi, Makoto Yasuda. Breathing New Life into Nonalternant Hydrocarbon Chemistry: Syntheses and Properties of Polycyclic Hydrocarbons Containing Azulene, Pentalene, and Heptalene Frameworks. Chemistry Letters. 2020
  • Daiki Tanaka, Yuya Tsutsui, Akihito Konishi, Koichi Nakaoka, Hideto Nakajima, Akio Baba, Kouji Chiba, Makoto Yasuda. Selective Activation of Aromatic Aldehydes Promoted by Dispersion Interactions: Steric and Electronic Factors of a π-Pocket within Cage-Shaped Borates for Molecular Recognition. Chemistry - A European Journal. 2020
  • Yohei Minami, Kento Nishida, Akihito Konishi, Makoto Yasuda. Characterization of Highly Coordinated Allylgermanes: Pivotal Players for Enhanced Nucleophilicity and Stereoselectivity. Chemistry - An Asian Journal. 2020. 15. 12. 1852-1857
  • Akihito Konishi, Shoya Satake, Makoto Yasuda. Catalytic Cycloisomerization of Conjugated Bisbutatrienes into Pentalene Skeletons: Synthesis and Properties of Bisbutatrienes with an Acenaphthene Backbone. Chemistry Letters. 2020. 49. 5. 589-592
  • Yohei Minami, Akihito Konishi, Makoto Yasuda. Synthesis of α-Alkenyl α,β-Unsaturated Ketones via Dehydrogermylation of Oxagermacycles with Regeneration of the Germanium(II) Species. Organic Letters. 2019. 21. 24. 9818-9823
もっと見る
書籍 (5件):
  • 構造有機化学 基礎から物性へのアプローチまで
    東京化学同人 2020 ISBN:9784807909575
  • Physical Organic Chemistry of Quinodimethanes
    Springer 2018 ISBN:3319933019
  • Chemical science of π-electron systems
    Springer 2015 ISBN:9784431553564
  • Physics and chemistry of graphene : graphene to nanographene
    Pan Stanford 2013 ISBN:9789814241489
  • Graphene and its fascinating attributes
    World Scientific 2011 ISBN:9789814329354
講演・口頭発表等 (76件):
  • π電子のフラストレーションを意識した共役炭化水素類の合成と物性
    (GTRセミナー Organic Seminar on Zoom 2020)
  • 単核のカゴ型アルミニウム錯体の合成とルイス酸触媒としてのSN2グリコシル化反応への応用
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • Mechanistic Study of the Recognition of the Aromatic Substrates Induced by Weak Intermolecular Interaction within Lewis Acid Catalyst
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • Synthesis and properties of polycyclic conjugated hydrocarbon embedding planar heptagon
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • ルイス酸金属を用いた非交互炭化水素骨格の構築と特異な電子状態の解明
    (日本化学会第100春季年会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 大阪大学 化学専攻 博士後期課程
  • 2008 - 2010 大阪大学 化学専攻 博士前期課程
  • 2004 - 2008 大阪大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 大阪大学 大学院工学研究科 助教
  • 2013/04 - 2015/03 兵庫県立神戸甲北高等学校 教諭(理科)
  • 2011/04 - 2013/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
委員歴 (1件):
  • 2018/07 - 現在 国際化学オリンピック日本大会(2021) 広報小委員会
受賞 (4件):
  • 2020/03 - 日本化学会 若い世代の特別講演証 ルイス酸金属を用いた非交互炭化水素骨格の構築と特異な電子状態の解明
  • 2019/12 - 有機合成化学協会 中外製薬 研究企画賞
  • 2018/04 - 日本化学会 第98春季年会 優秀講演賞
  • 2012/04 - 日本化学会 第92春季年会 学生講演賞
所属学会 (4件):
有機合成化学協会 ,  近畿化学工業界 ,  基礎有機化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る