研究者
J-GLOBAL ID:201801011537750308   更新日: 2020年01月16日

下村 治

シモムラ オサム | Shimomura Osamu
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 消化器外科学
研究キーワード (6件): 肝胆膵外科 ,  内視鏡外科 ,  精密医療 ,  膵臓癌 ,  胆道癌 ,  分子標的治療
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2018 膵癌の新規早期診断法;レクチンと抗体を2重に利用するサンドイッチアッセ イ法の確立
  • 2018 - 2019 膵臓癌特異的レクチンを用いたサンドイッチアッセイによる早期診断法の開発
  • 2018 - 2020 ポスト抗体医薬としての癌細胞糖鎖標的レクチン創薬:rBC2レクチン-Drug融 合体による膵がん治療の前臨床試験 採
  • 2018 - 2021 がん細胞表面糖鎖をレクチン融合薬で標的する革新的がん治療開発
論文 (24件):
  • 下村, 治;小田竜也;大河内信弘. 糖結合蛋白 "レクチン" を担体とした膵癌標的治療法の開発. 医学のあゆみ. 2018. 267. 10. 784-785
  • Miyazaki, Yoshihiro;Oda, Tatsuya;Shimomura, Osamu;Enomoto, Tsuyoshi;Akashi, Yoshimasa;Hisakura, Katsuji;Ohara, Yusuke;Kimura, Sota;Hashimoto, Shinji;Ohkohchi, Nobuhiro. Retrocolic Gastrojejunostomy After Pancreaticoduodenectomy: A Satisfactory Delayed Gastric-Emptying Rate. Pancreas. 2019. 48. 4. 579-584
  • 下村, 治;小田, 竜也;舘野浩章;木村聡大;宮崎貴寛;小澤佑介;野口雅之;平林 淳;浅島 誠. 糖結合タンパク「レクチン」を用いた新規膵癌標的治療法の開発. 膵臓. 2018. 33. 3. 473
  • 下村, 治;倉田昌直;宮崎貴寛;高橋一広;小田, 竜也. 当院でのLAP-DP導入期における 若手教育と手技の実際. 第10回膵臓内視鏡外科研究会雑誌. 2018. 29
  • 高橋一広;荒木一寿;竹内朋代;倉田昌直;小川光一;下村, 治;榎本剛史;小田, 竜也;大河内信弘. 多発肝嚢胞性疾患の診断・分類・治療 -当科での外科的治療経験と併せて-. 消化器・肝臓内科. 2018. 3. 6. 631-639
もっと見る
書籍 (1件):
  • 消化器・肝臓内科
    2018
講演・口頭発表等 (59件):
  • Pancreas transection at last procedure in pancreatoduodenectomy
    (第47回日本膵臓学会大会・第20回国際膵臓学会・第6回アジアオセワニア膵臓学会 2016)
  • Glycan-targeting cancer therapy using a lectin-drug conjugate
    (TGSW2016 2016)
  • 高密度レクチンマイクロアレイを用いた膵癌幹細胞の糖鎖発現解析、未分化iPS細胞 との偶然一致
    (第75回日本癌学会学術総会 2016)
  • ポスト抗体医薬としてのがん糖鎖標的レクチンートキシン:膵癌の播種性転移治療を実 用化する新規治療戦略
    (第75回日本癌学会学術総会 2016)
  • Blumgart型膵吻合の長所を活かしたQuarter-by-four膵管空調吻合
    (第78回日本臨床外科学会総会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2001 - 2007 筑波大学 医学専門学群
  • 2014 - 2018 筑波大学大学院 人間総合科学研究科
受賞 (3件):
  • 2018/06 - 日本膵臓学会 日本膵臓学会国際優秀演題賞
  • 2018/03 - 筑波大学大学院人間総合科学研究科 大学院人間総合科学研究科長賞
  • 2018/03 - 筑波大学大学院人間総合科学研究科 最優秀医学論文賞
所属学会 (10件):
日本腹部救急医学会 ,  日本癌学会 ,  米国癌学会 ,  日本臨床外科学会 ,  日本膵臓学会 ,  日本胆道学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本消化器外科学会 ,  日本肝胆膵外科学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る