研究者
J-GLOBAL ID:201801011578833170   更新日: 2024年06月12日

中野 英樹

Nakano Hideki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 国立研究開発法人 情報通信研究機構 未来ICT研究所 脳情報通信融合研究センター(CiNet)  特別研究員
ホームページURL (1件): https://www.nakano-neuroreha.com/
研究分野 (4件): リハビリテーション科学 ,  神経科学一般 ,  認知脳科学 ,  栄養学、健康科学
研究キーワード (16件): ニューロリハビリテーション ,  超適応 ,  身体性 ,  運動制御 ,  運動学習 ,  運動イメージ ,  運動錯覚 ,  脳機能計測 ,  脳波 ,  ニューロフィードバック ,  EEGLAB ,  LORETA ,  非侵襲脳刺激 ,  TMS ,  tDCS ,  rPMS
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2022 - 2026 脳卒中感覚運動機能障害改善のための個別最適化リハビリテーションシステムの創成
  • 2021 - 2026 個別最適化した超早期認知症予防介入プログラムの開発とシステム構築
  • 2019 - 2024 生体構造の再構成による超適応機構の解明と潜在適応力低下防止への挑戦
  • 2021 - 2023 認知症ケアに有用な「触れるケア技術」の研究開発
  • 2020 - 2023 歩行パラメータ分析によるサルコペニア予防プログラムの開発
全件表示
論文 (165件):
  • 森 耕平, 村田 伸, 合田 明生, 菊地 雄貴, 満丸 望, 中野 英樹. 地域在住女性高齢者における歩幅と身体機能との関連 「身長-100cm」を基準歩幅とした検討. ヘルスプロモーション理学療法研究. 2024. 13. 3. 111-116
  • 坂野 裕也, 村田 伸, 森 耕平, 安彦 鉄平, 堀江 淳, 白岩 加代子, 菊地 雄貴, 中野 英樹. 地域在住女性高齢者における最大一歩幅の予測値の測定意義. ヘルスプロモーション理学療法研究. 2024. 13. 3. 123-129
  • 白岩 加代子, 村田 伸, 合田 明生, 中野 英樹, 菊地 雄貴, 堀江 淳. 山間部と平野部に在住する女性高齢者の運動機能および生活状況の比較. ヘルスプロモーション理学療法研究. 2024. 13. 3. 143-147
  • Akiyoshi Matsugi, Naoki Yoshida, Hideki Nakano, Yohei Okada. The Neurorehabilitation of Neurological Movement Disorders Requires Rigorous and Sustained Research. Journal of Clinical Medicine. 2024. 13. 3
  • Yuki Kikuchi, Hideki Nakano, Akio Goda, Kohei Mori, Teppei Abiko, Nozomi Mitsumaru, Shin Murata. The Influence of Physical, Mental, and Cognitive Factors on Health-Related Quality of Life among Community-Dwelling Older Adults: A Focus on Central Sensitization-Related Symptoms. Geriatrics (Basel, Switzerland). 2024. 9. 1
もっと見る
MISC (53件):
  • 松木 明好, 西下 智, 板東 杏太, 菊地 豊, 辻本 憲吾, 田邊 裕斗, 吉田 直樹, 本多 武尊, 小田垣 雅人, 中野 英樹, et al. 脊髄小脳変性症症例の運動野TMSによるサイレントピリオド延長と急速到達運動の障害. 臨床神経生理学. 2023. 51. 5. 610-610
  • 中野 英樹. 脳卒中後の運動機能回復に関わる脳内神経機構とリハビリテーション. 理学療法京都. 2022. 51. 36-39
  • 中野 英樹. 研究者の最新動向 Brain-Machine Interfaceを用いたリハビリテーション治療. Precision Medicine. 2022. 5. 1. 93-95
  • 中野 英樹. 福祉・医療の現場から 脳卒中者の機能回復訓練を支援するニューロフィードバック技術の開発. 地域ケアリング. 2021. 23. 11. 60-62
  • 合田 明生, 志村 孚城, 村田 伸, 兒玉 隆之, 中野 英樹, 大杉 紘徳. 高齢者医療・介護における生体医工学の応用 コミュニケーションロボットを使用したロボット介在療法が高齢者の脳神経活動に及ぼす影響 認知機能低下の有無による比較検討. 日本早期認知症学会誌. 2021. 14. 2. 47-47
もっと見る
書籍 (10件):
  • Neurorehabilitation and Physical Therapy
    IntechOpen 2023
  • Spinocerebellar Ataxia
    IntechOpen 2021
  • Electroencephalography - From Basic Research to Clinical Applications
    IntechOpen 2021
  • New Insight into Cerebrovascular Diseases: An Updated Comprehensive Review
    IntechOpen 2020
  • 6ステップで組み立てる理学療法臨床実習ガイド : 臨床推論から症例報告の書き方まで
    医学書院 2020 ISBN:9784260041348
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 運動イメージの可視化と制御による脳・身体機能の再建
    (第27回日本基礎理学療法学会学術大会 2022)
  • 脳機能の可視化・操作を用いたリハビリテーション評価・治療法の開発
    (第22回脳神経科学大阪セミナー 2022)
  • 脳卒中後の変容した脳内神経機構に対するリハビリテーション:応用編
    (洛和会音羽病院外部講師招聘研修会 2022)
  • 脳卒中後の変容した脳内神経機構に対するリハビリテーション:基礎編
    (洛和会音羽病院外部講師招聘研修会 2022)
  • 理学療法による脳内身体表現の再建
    (日本理学療法士連盟 1か月パワーアップチャレンジ 2022)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 畿央大学大学院健康科学研究科博士後期課程修了
  • 2009 - 畿央大学大学院健康科学研究科修士課程修了
  • 2007 - 畿央大学健康科学部理学療法学科卒業
学位 (1件):
  • 博士(健康科学) (畿央大学)
経歴 (7件):
  • 2022 - 現在 国立研究開発法人 情報通信研究機構 未来ICT研究所 脳情報通信融合研究センター 特別研究員
  • 2019 - 現在 京都橘大学大学院健康科学研究科 准教授
  • 2019 - 現在 京都橘大学健康科学部理学療法学科 准教授
  • 2016 - 京都橘大学健康科学部理学療法学科 助教
  • 2013 - Queensland Brain Institute, The University of Queensland Postdoctoral Research Fellow
全件表示
受賞 (13件):
  • 2021 - 第21回日本早期認知症学会学術大会若手奨励賞
  • 2019 - 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress Nominated for Best Poster Award
  • 2019 - 令和元年度日本早期認知症学会 論文賞
  • 2019 - 日本ヘルスプロモーション理学療法学会第9回学術集会 奨励賞
  • 2018 - 日本ヘルスプロモーション理学療法学会第8回学術集会 奨励賞
全件表示
所属学会 (8件):
日本基礎理学療法学会 ,  日本理学療法士協会 ,  日本認知神経リハビリテーション学会 ,  日本ヘルスプロモーション理学療法学会 ,  日本健康支援学会 ,  Motor Control研究会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本ニューロリハビリテーション学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る