研究者
J-GLOBAL ID:201801011736579669   更新日: 2021年03月06日

髙橋 さやか

Sayaka Takahashi
研究分野 (1件): 森林科学
研究キーワード (5件): 森海里山連関学 ,  環境DNA(eDNA) ,  管孔性(環孔材・散孔材) ,  道管形成 ,  葉のフェノロジー
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2018 樹冠における開葉時期の差異が枝と幹の道管形成に与える影響
論文 (9件):
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (1件):
  • コラム 広葉樹多種の肥大成長の特徴 In 小池孝良・北尾光俊・市栄智明・渡辺 誠(編)『木本植物の生理生態』
    共立出版株式会社 2020
講演・口頭発表等 (22件):
  • ニホンウナギの環境DNA放出量に与える遺伝子変異と活動日周性の影響
    (環境DNA学会第3回大会・第36回個体群生態学会大会合同大会 2020)
  • カナダの北方林に生育するポプラの幹に凍害年輪が発生する気温条件
    (第71回応用森林学会大会 2020)
  • カナダに生育するポプラの幹に発生する傷害組織からわかる成長のはやさの高さ方向の違い
    (第70回応用森林学会大会 2019)
  • 水温と塩分がニホンウナギの環境 DNA 放出量に及ぼす影響
    (2018年度水産海洋学会研究発表大会 2018)
  • リチャーズ成長関数を適用した葉面積の経時変化と道管形成との関係 -環孔材樹種コナラと散孔材樹種モミジバフウとの比較-
    (第69回応用森林学会大会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2019 - 現在 にちなん中国山地林業アカデミー・科目等講師
  • 2019 - 現在 島根大学生物資源科学部 特別協力研究者
  • 2017 - 2019 京都大学フィールド科学教育研究センター 研究員(CREST)
  • 2015 - 2017 京都大学生存圏研究所 研究員(NEDO)
  • 2008 - 2008 京都学園大学(現京都科学先端大学) バイオ環境学部 生物学実験 実験実習指導助手
受賞 (1件):
  • 2013/05 - 日本生態学会 Ecological Research Award 2014
所属学会 (5件):
日本生態学会 ,  日本森林学会 ,  IAWA ,  応用森林学会 ,  環境DNA学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る