研究者
J-GLOBAL ID:201801011854203070   更新日: 2020年09月01日

尾花 将輝

Masaki Obana
所属機関・部署:
職名: 特任講師
研究分野 (1件): ソフトウェア
論文 (33件):
もっと見る
MISC (2件):
書籍 (1件):
  • ソフトウェア工学の基礎-日本ソフトウェア科学会FOSE〈21(2014)〉 (レクチャーノート・ソフトウェア学)
    近代科学社 2014 ISBN:4764904705
講演・口頭発表等 (6件):
  • サーバ管理演習によるサーバ状況確認履歴を用いた自動正誤確認推定システムの検討
    (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2019 2019)
  • 実行時の変数をソフトウェアログとするバグ原因の変数を予測する試み
    (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018 2018)
  • 進捗状況の把握と振り返り支援を目的としたサーバ管理演習のためのユーザ行動履歴収集システムの検討
    (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2018 2018)
  • 障害起因箇所特定のためのログトレース・リプレイツールの開発の試み
    (ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2017) 2017)
  • インフラ機器の設定ファイルを用いたメトリクス計測の試み
    (ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE 2015) 2015)
もっと見る
委員歴 (12件):
  • 2016/04 - 現在 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会(SIGSE) 運営委員
  • 2019 - 2019 ソフトウェア科学会 FOSE2019 PC委員
  • 2019 - 2019 情報処理学会 SES2019 ポスター委員長
  • 2018 - 2019 International Conference on Software Engineering and Information Management (ICSIM 2019) Technical Committee
  • 2018 - 2018 情報処理学会 SES2018 Web広報委員長
全件表示
受賞 (5件):
  • 2015 - IPSJ ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015 インタラクティブ賞 コピペ検出システムを用いた学生レポートのコピペ動向についての報告
  • 2011 - ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011 (SES2011) 学生奨励賞 ソフトウェア開発プロセスの複雑さに着目したPCPQモデルの構築
  • 2010 - The Proceeding of the Eighth IASTED International Conference on Web-based Education (WBE2010) Best Paper Award MOBILE GAME TERMINAL BASED INTERACTIVE EDUCATION ENVIRONMENT FOR LARGE-SCALE LECTURES
  • 2010 - ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 学生奨励賞 工程管理表のフラグメントプロセスに基づくソフトウェア開発プロセスの複雑さのメトリクス
  • 2008 - 第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE’08) 貢献賞 組込み機器を用いた3層ITアーキテクチャの提案と実装
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る