研究者
J-GLOBAL ID:201801012060242654   更新日: 2021年03月29日

宮田 登

ミヤタ ノボル | Miyata Noboru
所属機関・部署:
職名: 副主任研究員
研究分野 (1件): 量子ビーム科学
研究キーワード (3件): 産業利用 ,  偏極中性子反射率 ,  中性子反射率
論文 (35件):
もっと見る
MISC (11件):
書籍 (1件):
  • X線反射率法入門 = Introduction to X-ray reflectivity
    講談社 2018 ISBN:9784061532960
講演・口頭発表等 (5件):
  • 機能性高分子コンソーシアムに向けた中性子反射率測定用試料セルの開発
    (日本中性子科学会第20回年会)
  • 中性子反射率法による酸化膜フュージョン接合界面の構造解析
    (第35回エレクトロニクス実装学会春季講演大会)
  • 中性子なら「もっと」見えます ~マルチプローブに向けた中性子利用~,
    (2021年 第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • 機能性高分子コンソーシアムに向けた各種中性子反射率測定用試料セルの開発
    (2020年度量子ビームサイエンスフェスタ 2021)
  • 中性子反射率測定による細胞親和性窒素含有DLCの構造評価
    (第34回ダイヤモンドシンポジウム)
学歴 (4件):
  • 2006 - 2006 宮城大学大学院 課目等履修生
  • 1996 - 2000 東北大学大学院 応用物理学専攻
  • 1994 - 1996 東北大学大学院 応用物理学専攻
  • 1990 - 1994 東北大学 応用物理学科
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 一般財団法人総合科学研究機構 中性子科学センター 副主任研究員
  • 2011/04 - 2018/03 一般財団法人総合科学研究機構 東海事業センター 研究員
  • 2006/10 - 2011/03 日本アドバンストテクノロジー株式会社 JAEA出向(J-PARCセンター)
  • 2002/04 - 2006/06 宮城県 産業技術総合センター 技術吏員
  • 2000/10 - 2002/03 東北大学 科学計測研究所 研究機関研究員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る