研究者
J-GLOBAL ID:201801012278437333   更新日: 2020年08月21日

永井 康介

ナガイ コウスケ | Nagai Kosuke
所属機関・部署:
職名: ポスドク
ホームページURL (1件): https://tu-dresden.de/med/mf/plid/forschung/Chavakis
研究分野 (3件): 保存治療系歯学 ,  病態系口腔科学 ,  常態系口腔科学
研究キーワード (2件): 免疫学 ,  細菌学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2021 低酸素誘導性因子を用いた肺炎制御法の開発
  • 2018 - 2020 炎症誘導能の網羅的解析に基づく新たな肺炎球菌の病原因子の同定
  • 2018 - 2019 細菌性肺炎制御に向けた,コメ由来ペプチドの探索および機能解析
  • 2018 - 2019 抗炎症タンパク質Del-1を用いた肺炎重症化抑制効果の検討
  • 2018 - 2018 肺炎球菌の菌体内病原因子の検索-高齢者誤嚥性肺炎の分子制御を目指して-
論文 (11件):
  • Kosuke Nagai, Hidetaka Ideguchi, Tetsuhiro Kajikawa, Xiaofei Li, Triantafyllos Chavakis, Jing Cheng, Phillip B Messersmith, Ellen Heber-Katz, George Hajishengallis. An injectable hydrogel-formulated inhibitor of prolyl-4-hydroxylase promotes T regulatory cell recruitment and enhances alveolar bone regeneration during resolution of experimental periodontitis. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2020
  • Kosuke Nagai, Osamu Kimura, Hisanori Domon, Tomoki Maekawa, Daisuke Yonezawa, Yutaka Terao. Antimicrobial susceptibility of Streptococcus pneumoniae, Haemophilus influenzae, and Moraxella catarrhalis clinical isolates from children with acute otitis media in Japan from 2014 to 2017. Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy. 2019. 25. 3. 229-232
  • Takumi Hiyoshi, Hisanori Domon, Tomoki Maekawa, Kosuke Nagai, Hikaru Tamura, Naoki Takahashi, Daisuke Yonezawa, Tomohiro Miyoshi, Akihiro Yoshida, Koichi Tabeta, et al. Aggregatibacter actinomycetemcomitans induces detachment and death of human gingival epithelial cells and fibroblasts via elastase release following leukotoxin-dependent neutrophil lysis. Microbiology and immunology. 2019. 63. 3-4. 100-110
  • Hikaru Tamura, Tomoki Maekawa, Hisanori Domon, Takumi Hiyoshi, Daisuke Yonezawa, Kosuke Nagai, Akihito Ochiai, Masayuki Taniguchi, Koichi Tabeta, Takeyasu Maeda, et al. Peptides from rice endosperm protein restrain periodontal bone loss in mouse model of periodontitis. Archives of oral biology. 2019. 98. 132-139
  • Kosuke Nagai, Hisanori Domon, Tomoki Maekawa, Takumi Hiyoshi, Hikaru Tamura, Daisuke Yonezawa, Rie Habuka, Akihiko Saitoh, Yutaka Terao. Immunization with pneumococcal elongation factor Tu enhances serotype-independent protection against Streptococcus pneumoniae infection. Vaccine. 2019. 37. 1. 160-168
もっと見る
MISC (6件):
  • 田村 光, 前川 知樹, 土門 久哲, 日吉 巧, 米澤 大輔, 永井 康介, 前田 健康, 寺尾 豊, 多部田 康一. エリスロマイシンのDel-1再誘導による炎症性骨吸収抑制効果の検証. 日本歯周病学会会誌. 2019. 61. 春季特別. 126-126
  • 永井 康介, 土門 久哲, 前川 知樹, 日吉 巧, 田村 光, 米澤 大輔, 荒井 良明, 横地 麻衣, 多部田 康一, 寺尾 豊. 肺炎球菌性肺炎の病態発症メカニズムの解析と新規肺炎予防法への展開. 新潟歯学会雑誌. 2018. 48. 1. 57-58
  • 田村 光, 前川 知樹, 米澤 大輔, 土門 久哲, 永井 康介, 日吉 巧, 多部田 康一, 前田 健康, 寺尾 豊, 吉江 弘正. 食物由来ペプチドを用いた炎症と骨吸収の制御法の検索. 日本歯周病学会会誌. 2018. 60. 春季特別. 125-125
  • 日吉 巧, 土門 久哲, 永井 康介, 前川 知樹, 高橋 直紀, 米澤 大輔, 田村 光, 吉田 明弘, 寺尾 豊, 吉江 弘正. Aggregatibacter actinomycetemcomitansによる歯周組織破壊メカニズムの解析. 日本歯周病学会会誌. 2018. 60. 春季特別. 128-128
  • 田村光, 田村光, 田村光, 前川知樹, 前川知樹, 米澤大輔, 土門久哲, 土門久哲, 永井康介, 日吉巧, et al. 食物由来ペプチドを用いた炎症と骨吸収の制御法の検索. 日本歯周病学会会誌(Web). 2018. 60. 125
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • Immunization with pneumococcal EF-Tu enhances serotype-independent protection against <i>Streptococcus pneumoniae</i>
    (第92回日本細菌学会 2019)
  • 肺炎球菌性肺炎の病態発症メカニズムの解析と新規肺炎予防法への展開
    (第51回新潟歯学会総会 2018)
  • Pneumococcal DNA-binding proteins released through autolysis induce inflammatory cytokine production via toll-like receptor 4
    (第91回日本細菌学会 2018)
  • 自己溶菌に伴い放出される肺炎球菌の菌体内病原因子の同定と分子解析
    (第59回歯科基礎医学会 2017)
  • 自己溶菌で漏出する肺炎球菌の菌体内病原因子の検索
    (第49回レンサ球菌研究会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2015 - 2019 新潟大学大学院
  • 2008 - 2014 東北大学 歯学科
経歴 (5件):
  • 2019/08 - 現在 ドイツ ドレスデン工科大学 医学部 ポスドク
  • 2019/05 - 2019/07 新潟大学 研究推進機構 特任助教
  • 2019/04 - 2019/04 新潟大学大学院 医歯学総合研究科 研究員
  • 2018/04 - 2019/03 米国 ペンシルバニア大学 歯学部 客員研究員
  • 2015/04 - 2018/03 新潟大学医歯学総合病院 医員
受賞 (2件):
  • 2019/04 - 日本細菌学会 優秀発表賞
  • 2019/02 - 新潟歯学会 新潟歯学会賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る