研究者
J-GLOBAL ID:201801012279050912   更新日: 2023年08月17日

佐藤 雅和

Sato Masakazu
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 産婦人科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2021 治療抵抗性・再発卵巣癌における代謝解析とそれを応用した予後予測・治療戦略の構築
  • 2016 - 2019 iPS細胞を用いた分化誘導癌幹細胞モデル作成と新たな治療標的の探索
  • 2016 - 2018 オメガ3脂肪酸とその代謝物の、新規早産治療薬としての臨床応用を目指した研究
論文 (29件):
  • Masakazu Sato, Sho Sato, Daisuke Shintani, Mieko Hanaoka, Aiko Ogasawara, Maiko Miwa, Akira Yabuno, Akira Kurosaki, Hiroyuki Yoshida, Keiichi Fujiwara, et al. Clinical significance of metabolism-related genes and FAK activity in ovarian high-grade serous carcinoma. BMC cancer. 2022. 22. 1. 59-59
  • Masakazu Sato, Daisuke Shintani, Mieko Hanaoka, Sho Sato, Maiko Miwa, Aiko Ogasawara, Akira Yabuno, Akira Kurosaki, Hiroyuki Yoshida, Keiichi Fujiwara, et al. A pilot study of mobile digital colposcopy in Japanese patients with cervical intraepithelial neoplasm. Molecular and clinical oncology. 2021. 15. 4. 207-207
  • Machiko Kojima, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Syuzo Kaneko, Shinya Oki, Asako Kukita, Akira Kawata, Harunori Honjoh, Yoshiko Kawata, et al. The histone methyltransferase SMYD2 is a novel therapeutic target for the induction of apoptosis in ovarian clear cell carcinoma cells. Oncology letters. 2020. 20. 5. 153-153
  • Masakazu Sato, Minako Koizumi, Minoru Nakabayashi, Kei Inaba, Yu Takahashi, Natsuki Nagashima, Hiroshi Ki, Nao Itaoka, Chiharu Ueshima, Maki Nakata, et al. Computer vision for total laparoscopic hysterectomy. Asian journal of endoscopic surgery. 2019. 12. 3. 294-300
  • Asako Kukita, Kenbun Sone, Katsutoshi Oda, Ryuji Hamamoto, Syuzo Kaneko, Masaaki Komatsu, Miku Wada, Harunori Honjoh, Yoshiko Kawata, Machiko Kojima, et al. Histone methyltransferase SMYD2 selective inhibitor LLY-507 in combination with poly ADP ribose polymerase inhibitor has therapeutic potential against high-grade serous ovarian carcinomas. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 513. 2. 340-346
もっと見る
MISC (63件):
  • 佐藤 雅和. 今日の話題 医師業務負担軽減のための診療科データベースの構築. 産婦人科の実際. 2023. 72. 4. 423-429
  • 鈴木 由梨奈, 堀江 弘二, 稲葉 洋文, 神田 蘭香, 佐藤 雅和, 天神林 友梨, 廣瀬 佑輔, 宮坂 亞希, 横田 治重. オラパリブ維持療法後のプラチナ製剤再投与の効果についての検討. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集. 2022. 64回. 204-204
  • 天神林 友梨, 稲葉 洋文, 神田 蘭香, 佐藤 雅和, 廣瀬 佑輔, 鈴木 由梨奈, 宮坂 亞希, 堀江 弘二, 横田 治重. 子宮内膜症に由来した卵巣発生の低悪性度内膜間質肉腫の一例. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集. 2022. 64回. 284-284
  • 廣瀬 佑輔, 稲葉 洋文, 神田 蘭香, 佐藤 雅和, 天神林 友梨, 鈴木 由梨奈, 宮坂 亞希, 堀江 弘二. 当院での初回卵巣癌維持療法におけるニラパリブの使用実績. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集. 2022. 64回. 286-286
  • 佐藤 雅和, 堀江 弘二, 稲葉 洋文, 神田 蘭香, 廣瀬 佑輔, 天神林 友梨, 鈴木 由梨奈, 宮坂 亞希, 横田 治重. Precision Medicine時代における診療科データベースの入力支援システムの構築. 日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集. 2022. 64回. 301-301
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2014 - 2018 東京大学 医学系研究科 生殖加齢発達医学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る