研究者
J-GLOBAL ID:201801012289297959   更新日: 2022年05月08日

福永 善隆

フクナガ ヨシタカ | Yoshitaka Fukunaga
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (3件): 武帝 ,  官僚制 ,  前漢
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2024 中国古代官制秩序の形成-前漢劉邦集団の構造との関連から-
  • 2017 - 2020 人格的結合から見た前漢皇帝支配体制の展開
  • 2007 - 2009 前漢支配体制確立における監察制度の果たした役割に関する研究
論文 (12件):
  • 福永善隆. 前漢文帝期における劉邦集団の勢力-服色改正の議論を中心として-. 『日本秦漢史研究』. 2021. 第22号
  • 福永 善隆. 前漢文帝期における察挙の形成と劉邦集団. 鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 = Cultural science reports of Kagoshima University. 2021. 88. 43-56
  • 福永 善隆. 漢初、劉邦集団の展開と構造. 鹿児島大学法文学部紀要人文学科論集 = Cultural science reports of Kagoshima University. 2019. 86. 169-184
  • 福永 善隆. 前漢前半期、劉邦集団における人格的結合の形成. 鹿大史学. 2018. 64. 11-22
  • 福永 善隆. 前漢前半期における清静政治の一背景 : 官僚機構の構造を中心として. 九州大学東洋史論集. 2014. 42. 1-25
もっと見る
MISC (4件):
  • 福永 善隆. 批評と紹介 柴田昇著『漢帝国成立前史 : 秦末反乱と楚漢戦争』. 名古屋大学東洋史研究報告 = Journal of oriental history, Nagoya University. 2019. 43. 119-129
  • 福永 善隆. 書評 楯身智志著『前漢国家構造の研究』(早稲田大学学術叢書 46). 史学雑誌. 2017. 126. 2. 247-255
  • 福永 善隆. 書評 郭茵著『呂太后期の権力構造 : 前漢初期「諸呂の乱」を手がかりに』. 鹿大史学. 2015. 62. 17-24
  • 福永 善隆. 渡邉将智著, 『後漢政治制度の研究』(早稲田大学学術叢書 31), 早稲田大学出版部, 二〇一四・三刊, A5, 四八〇頁, 八四〇〇円. 史学雑誌. 2015. 124. 7. 1314-1323
書籍 (1件):
  • 漢とは何か
    東方書店 2022 ISBN:9784497222039
講演・口頭発表等 (9件):
  • 前漢における御史制度の展開補論
    (第8回アジア史連絡会〔オンライン〕 2021)
  • 文帝期における劉邦集団の実態:服色改正との関係を中心として
    (第75回東洋史学研究会(オンライン) 2020)
  • 中国学界における前漢像
    (第4回漢唐研究会(オンライン研究会) 2020)
  • 前漢官制秩序の形成と劉邦集団
    (第3回漢唐研究会(オンライン研究会) 2020)
  • 研究実践の報告:前漢郡国制の展開と中華の統合を事例として
    (第2回漢唐研究会(オンライン研究会) 2020)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2015/04 - 現在 鹿児島大学法文教育学域法文系 准教授
  • 2013/04 - 2015/03 鹿児島大学法文学部人文学科 准教授
  • 2012/04 - 2013/03 九州大学人文科学研究院 専門研究員
所属学会 (7件):
鹿大史学会 ,  東方学会 ,  史学会 ,  東洋史研究会 ,  魏晋南北朝研究会 ,  日本秦漢史学会 ,  九州大学東洋史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る