研究者
J-GLOBAL ID:201801012556002491   更新日: 2021年09月22日

五井 良直

ゴイ ヨシナオ | Goi Yoshinao
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://strmech.kuciv.kyoto-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 構造工学、地震工学
研究キーワード (5件): 維持管理 ,  ベイズ統計 ,  構造ヘルスモニタリング ,  橋梁工学 ,  構造力学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 構造ヘルスモニタリングの高度化のためのベイズ型構造同定と情報融合の提案
  • 2019 - 2022 道路橋の遠隔モニタリングを目的とした異常検知技術の開発
  • 2017 - 2019 外部因子の非定常性を考慮した中小スパン橋梁の長期ヘルスモニタリング技術の開発
論文 (13件):
  • Lei Zhao, Chul-Woo Kim, Yoshinao Goi, Kohei Takemura. Vibration-Based Damage Detection for a Prestressed Concrete Box Girder by Means of Subspace Analysis. ASCE-ASME Journal of Risk and Uncertainty in Engineering Systems, Part A: Civil Engineering. 2021. 7. 4. 04021056-04021056
  • Chul-Woo Kim, Feng-Liang Zhang, Kai-Chun Chang, Patrick John McGetrick, Yoshinao Goi. Ambient and Vehicle-Induced Vibration Data of a Steel Truss Bridge Subject to Artificial Damage. Journal of Bridge Engineering. 2021. 26. 7
  • Feng-Liang Zhang, Chul-Woo Kim, Yoshinao Goi. Efficient Bayesian FFT method for damage detection using ambient vibration data with consideration of uncertainty. Structural Control and Health Monitoring. 2021. 28. 2
  • 林 厳, 北根 安雄, 五井 良直, 鈴木 康夫, 杉浦 邦征, 西崎 到. 溝形GFRP部材の材料特性のばらつきを考慮した圧縮・曲げ性能評価. 土木学会論文集A1(構造・地震工学). 2020. 76. 1. 110-125
  • 五井 良直, 金 哲佑. ベイズ推論を用いた橋梁の振動特性推定に伴う不確実性の定量化手法の提案. 土木学会論文集A2(応用力学). 2019. 75. 2. I_647-I_657
もっと見る
MISC (26件):
  • F. L. Zhang, C. W. Kim, Y. Goi. Damage detection based on bayes factor using ambient vibration data. Lecture Notes in Civil Engineering. 2021. 101. 139-143
  • C. W. Kim, K. Yoshitome, Y. Goi, F. L. Zhang, S. Kitagawa, M. Shinoda, H. Yao, Y. Hamada. Scour detection of railway bridges by microtremor monitoring. Lecture Notes in Civil Engineering. 2021. 101. 97-107
  • T. Hirooka, C. W. Kim, G. Hayashi, Y. Goi. Vibration monitoring of a real steel plate girder bridge under artificial local damage and varying temperature. Lecture Notes in Civil Engineering. 2021. 101. 109-118
  • Yoshinao Goi, Chul Woo Kim. Vibration-Based Damage Detection of Steel Bridges Using Bayesian Hypothesis Testing. Proceedings of the 29th European Safety and Reliability Conference, ESREL 2019. 2020. 3269-3276
  • Yoshinao Goi, Chul Woo Kim. Investigation of efficient modal identification of bridges using bayesian inference. Proceedings of the International Conference on Structural Dynamic , EURODYN. 2020. 1. 1242-1253
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • 有限要素解析に基づく門型標識柱の損傷検知手法の検討
    (土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(Web) 2021)
  • 供用下のPC橋梁におけるベイズ異常検知法の適用
    (コンクリート工学年次論文集(CD-ROM) 2021)
  • 引張荷重下の腐食部材の腐食凹凸が塑性ひずみの局所化に与える影響に関する研究
    (土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(Web) 2021)
  • 材料試験及び非破壊検査による約20年間暴露されたGFRP引抜成形材の残存性能評価に関する研究
    (土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(Web) 2021)
  • 実測データに基づく交通荷重下の橋梁応答の把握
    (土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(Web) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2013 - 2018 京都大学 社会基盤工学専攻
  • 2008 - 2013 京都大学 地球工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2018/07 - 現在 京都大学 大学院工学研究科 助教
  • 2017/04 - 2018/06 京都大学 大学院工学研究科 日本学術振興会特別研究員
委員歴 (1件):
  • 2019/02 - 現在 公益社団法人 土木学会 調査研究部門 構造工学委員会 構造ヘルスモニタリングと目視点検の融合に関する研究小委員会
受賞 (2件):
  • 2016/08 - The 5th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management 優秀論文賞
  • 2015/05 - 京都大学大学院工学研究科 馬詰研究奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る