研究者
J-GLOBAL ID:201801012622559044   更新日: 2020年01月10日

溝口 玄樹

ミゾグチ ハルキ | MIZOGUCHI Haruki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 合成化学
研究キーワード (1件): 天然物化学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2020 メタレート転位を活用する三次元有機ボロン酸の構築
  • 2018 - 2019 環状ホウ素アート錯体の 1,2-メタレート転位を鍵とする多官能性分子骨格の迅速合成
  • 2018 - 2019 環状ホウ素アート錯体の立体選択的 1,2-メタレート転位反応の開発
  • 2018 - 2018 アルコキシドを配向基として精密制御するアルケニルボロン酸アート錯体の 1,2-メタレ ート転位
  • 2015 - 2016 メタラサイクルを活用する立体選択的炭素環構築法の開発と生理活性テルペノイドの合成
全件表示
論文 (16件):
  • Yuya Araki, Natsumi Miyoshi, Kazuki Morimoto, Takayuki Kudoh, Haruki Mizoguchi, Akira Sakakura. Formal Total Synthesis of Manzacidin B via Sequential Diastereodivergent Henry Reaction. The Journal of Organic Chemistry. 2019. ASAP
  • Sadaiwa Yorimoto, Akira Tsubouchi, Haruki Mizoguchi, Hideaki Oikawa, Yoshiaki Tsunekawa, Tomoya Ichino, Satoshi Maeda, Hiroki Oguri. Zn(OTf)2-mediated annulations of N-propargylated tetrahydrocarbolines: divergent synthesis of four distinct alkaloidal scaffolds. Chemical Science. 2019. 10. 5686-5698
  • Chihiro Kidou, Haruki Mizoguchi, Tatsuo Nehira, Akira Sakakura. Enantioselective 1,3-Dipolar Cycloaddition Reaction of Nitrones with α-(Acyloxy)acroleins Catalyzed by Dipeptide-Derived Chiral Tri- or Diammonium Salts. Synlett. 2019. 30. 1835-1839
  • Miyuki Terazaki, Kei-ichi Shiomoto, Haruki Mizoguchi, Akira Sakakura. Thioureas as Highly Active Catalysts for Biomimetic Bromocyclization of Geranyl Derivatives. Organic Letters. 2019. 21. 2073-2076
  • Karunakar Reddy Bonepally, Takahisa Hiruma, Haruki Mizoguchi, Kyohei Ochiai, Shun Suzuki, Hideaki Oikawa, Aki Ishiyama, Rei Hokari, Masato Iwatsuki, Kazuhiko Otoguro, Satoshi O̅mura, and Hiroki Oguri. Design and De Novo Synthesis of 6-Aza-artemisinins. Organic Letters. 2018. 20. 4667-4671
もっと見る
MISC (7件):
講演・口頭発表等 (19件):
  • 多環性アルカロイド様低分子群の構築:環化モード制御による構造多様化
    (日本化学会第 89 春季年会 2009)
  • 多環性アルカロイド様低分子ライブラリーの構築:環化モード制御による構造多様化
    (日本ケミカルバイオロジー学会 第 4 回年会 2009)
  • アスピドスペルマ/イボガ型アルカロイド骨格の短段階構築法の開発:生合成を模倣した分岐型合成戦略
    (日本化学会第 90 春季年会 2010)
  • アスピドスペルマ/イボガ型アルカロイド骨格の短段階構築法の開発
    (第 22 回 万有札幌シンポジウム 2010)
  • インドールアルカロイドの短段階合成と構造多様化
    (第 1 回大津会議 Otsu Conference 2010 -有機化学の夢を語る- 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2001 - 2004 名古屋大学教育学部附属高等学校
  • 2004 - 2008 北海道大学 理学部 化学科
  • 2008 - 2010 北海道大学 大学院理学院 化学専攻
  • 2010 - 2013 北海道大学 大学院総合化学院 総合化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2013/04 - 2013/10 北海道大学大学院理学研究院 博士研究員
  • 2013/12 - 2017/11 米国ダートマス大学 博士研究員
  • 2017/12 - 現在 岡山大学 助教
受賞 (7件):
  • 2018/12 - 有機合成化学協会研究企画賞(中外製薬研究企画賞)
  • 2018/07 - 第18回 天然物化学談話会奨励賞
  • 2014/09 - 2014 Reaxys PhD Prize Finalist
  • 2012/11 - 第102回 有機合成シンポジウム 優秀ポスター賞
  • 2010/10 - 第一回 大津会議アワードフェロー
全件表示
所属学会 (3件):
アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る