研究者
J-GLOBAL ID:201801012694996341   更新日: 2021年04月12日

西川 慶祐

ニシカワ ケイスケ | Nishikawa Keisuke
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/org2/index.html
研究分野 (4件): 生物分子化学 ,  有機合成化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (6件): 細胞毒性ポリエーテル ,  含窒素スピロ化合物 ,  テルペノイド ,  アルカロイド ,  天然物合成 ,  有機合成化学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2023 海洋生物の付着を防ぐ天然物のケミカルバイオロジー研究
  • 2020 - 2022 リングサイズ発散合成を応用した植物天然物の量的供給と構造活性相関研究への展開
  • 2019 - 2022 含窒素スピロ環を一挙構築する不斉環化異性化反応の開発:アルカロイド合成の新戦略
  • 2020 - 2021 5 ~ 7 員環エーテルをもつテルペノイド類のリングサイズ発散合成法の確立
  • 2020 - 2021 リングサイズ発散合成を応用した植物天然物の量的供給と構造活性相関研究への展開
全件表示
論文 (41件):
  • Keisuke Nishikawa, Takayuki Noguchi, Seiho Kikuchi, Takahiro Maruyama, Yusuke Araki, Mari Yotsu-Yamashita, Yoshiki Morimoto. Tetrodotoxin Framework Construction from Linear Substrates Utilizing a Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction: Synthesis of the Unnatural Analogue 11-nor-6,7,8-Trideoxytetrodotoxin. Organic Letters. 2021. 23. 5. 1703-1708
  • 西川 慶祐, 熊谷 百慶, 松村 匡浩, 錦部 健人, 森本 善樹. 直鎖分子からの環骨格一挙構築をコンセプトとした天然物合成戦略. 公益社団法人 有機合成化学協会・有機合成化学協会誌. 2021. 79. 3. 197-209
  • 西川 慶祐, 森本 善樹. 十字路 ”エナンチオ発散現象”. 公益社団法人 有機合成化学協会・有機合成化学協会誌. 2021. 79. 3. 249-249
  • Momochika Kumagai, Izumi Yoshida, Takashi Mishima, Masahiro Ide, Kazuhiro Fujita, Matsumi Doe, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto. 4β-Hydroxywithanolide E and Withanolide E from Physalis peruviana L. Inhibit Adipocyte Diferentiation of 3T3-L1 Cells through Modulation of Mitotic Clonal Expansion. Journal of Natural Medicines. 2021. 75. 1. 232-239
  • Adriana M. Jeckel, Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Ralph, A. Saporito, Taran Grant, Demian R. Ifa. Use of Whole-Body Cryosectioning and Desorption Electrospray Ionization Mass Spectrometry Imaging to Visualize Alkaloid Distribution in Poison Frogs. Journal of Mass Spectrometry. 2020. 55. 6. e4520
もっと見る
MISC (13件):
  • 西川 慶祐. 飛翔する若手研究者 "環骨格一挙構築を基盤とした天然物合成戦略: 直鎖分子からのアプローチ". 化学と工業. 2020. 73. 11. 883-884
  • 錦部健人, 鴇田百栄, 滝直人, 西川慶祐, 舘祥光, 森本善樹. Aplysiol Bの全合成及び構造改訂. 有機合成シンポジウム講演要旨集. 2016. 110th. 54-55
  • 松村匡浩, 西川慶祐, 舘祥光, 森本善樹. 水銀トリフラート触媒を用いた環化異性化反応を鍵反応とするヒストリオニコトキシン類の合成研究. 有機合成シンポジウム講演要旨集. 2016. 110th. 104-105
  • 鴇田百栄, 滝直人, 中井遥, 星野晃大, 森野光耶子, 西川慶祐, 舘祥光, 森本善樹. 海洋産紅藻Laurencia viridisから単離された22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの不斉全合成研究. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 96th. ROMBUNNO.3PB-227
  • 吉田浩明, 丸山高弘, 小山智之, 西川慶祐, 舘祥光, 森本善樹. 水銀(II)トリフラート触媒を用いた環化異性化反応による6,6-スピロ化合物の合成. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2016. 96th. ROMBUNNO.3C2-03
もっと見る
講演・口頭発表等 (234件):
  • (-)-Tetrodotoxin の合成研究
    (日本化学会第 101 春季年会 2021)
  • (+)- および (-)-トキシコデナン A の不斉全合成
    (日本化学会第 101 春季年会 2021)
  • ヨウ化サマリウムを用いたドラスタン型ジテルペンの合成研究
    (日本化学会第 101 春季年会 2021)
  • Total Synthesis and Structural Determination of a Marine Natural Product Callicladol with Potent Antitumor Activity against Mouse Leukemia Cells
    (日本化学会第 101 春季年会 2021)
  • 直鎖分子からの環骨格一挙構築を 鍵工程とした天然物合成戦略
    (一般社団法人 近畿化学協会 合成部会 主催 第 2 回合成フォーラム [ テーマ:若い世 代の有機合成 ] 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2010 北海道大学 環境物質化学専攻
  • 2004 - 2006 北海道大学 物質環境科学専攻
  • 2000 - 2004 北海道大学 応用化学科
学位 (5件):
  • 博士 ( 環境科学 ) (北海道大学)
  • 修士 ( 地球環境科学 ) (北海道大学)
  • 学士 ( 工学 ) (北海道大学)
  • Docter ( Environmental Science ) (Hokkaido University)
  • Master ( Environmetal Earth Science ) (Hokkaido University)
経歴 (14件):
  • 2020/04/01 - 現在 大阪市立大学 理学研究科 物質分子系専攻 講師
  • 2013/04/01 - 2020/03/31 大阪市立大学 理学研究科 物質分子系専攻 助教
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 九州大学 先導物質化学研究所 特任助教
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 九州大学 先導物質化学研究所 特任助教
  • 2012/04/01 - 2013/03/31 九州大学 先導物質化学研究所 特任助教
全件表示
受賞 (2件):
  • 2020/03/24 - 公益社団法人 日本化学会 日本化学会第 100 春季年会 ( 2020 ) 第 34 回若い世代の特別講演会 特別講演証 直鎖分子からの環骨格一挙構築をコン セプトとした天然物合成戦略
  • 2019/02/14 - 公益財団法人 有機合成化学協会 公益社団法人 有機合成化学協会 第一三共研究企画賞 含窒素スピロ環を一挙構築する不斉環化異性化反応の開発:アルカロイド合成の新戦略
所属学会 (4件):
有機合成化学協会 ,  日本薬学会 ,  日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る