研究者
J-GLOBAL ID:201801012783977253   更新日: 2021年03月25日

荻原 陽平

オギワラ ヨウヘイ | Ogiwara Yohei
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.rs.tus.ac.jp/sakaigroup
研究分野 (3件): 有機合成化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (1件): 有機金属化学
論文 (58件):
  • Kazuya Sato, Yohei Ogiwara, Norio Sakai. Palladium-Catalyzed [5 + 1] Annulation of Salicylic Acid Derivatives and Propargylic Carbonates. BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN. 2020. 93. 12. 1595-1602
  • Yuka Sakurai, Yohei Ogiwara, Norio Sakai. Palladium-Catalyzed Annulation of Acyl Fluorides with Norbornene via Decarbonylation and CO Reinsertion. CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL. 2020. 26. 57. 12972-12977
  • 桜井優香、荻原陽平、坂井教郎. フッ化アシルを利用した分子変換反応に関する最近の動向 Recent Advances in Transformation of Acyl Fluorides. JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN. 2020. 78. 6. 585-596
  • Norio Sakai, Kazuki Sasaki, Hiroki Suzuki, Yohei Ogiwara. One-Pot Synthesis of α-Halo β-Amino Acid Derivatives via the Difunctional Coupling of Ethyl α-Diazoacetate with Silyl Halides and N,O-Acetals or Aromatic Tertiary Amines. SYNTHESIS-STUTTGART. 2020. 52. 12. 1823-1832
  • Norio Sakai, Shunpei Adachi, Sho Ogawa, Kenshiro Takahashi, Yohei Ogiwara. One-Pot Synthesis of Dithioacetals and Diselenoacetals: An Indium-Catalyzed Reductive Insertion into Disulfides and Diselenides with Orthoesters as a Methylene Source. Asian Journal of Organic Chemistry. 2020. 9. 600-603
もっと見る
MISC (2件):
  • Yohei Ogiwara, Masahito Kubota, Kotaro Kurogi, Takeo Konakahara, Norio Sakai. InBr3-Mediated Oxidative Coupling of Terminal Alkynes with Aldehydes. SYNFACTS. 2016. 12. 2. 0188-0188
  • Takuya Kochi, Yohei Ogiwara, Fumitoshi Kakiuchi. Ruthenium-catalyzed arylation of sp3 C-O bonds in alkyl ethers. ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY. 2011. 242
書籍 (3件):
  • カルコゲン結合を利用した触媒反応 ー珍しい相互作用による新しい有機合成
    化学 2019
  • 国際会議 ICOMC2018
    理大 科学フォーラム 2019
  • 有機フッ素化合物の新しい合成法の開発を目指して
    理大 科学フォーラム 2016
講演・口頭発表等 (152件):
  • 配位子によるフッ化アシルの脱カルボニル化制御を経るパラジウム触媒反応
    (第117回有機合成シンポジウム 2020)
  • パラジウム触媒を用いた炭酸プロパルギルエステル類とサリチル酸誘導体との分子間環化反応
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
  • 塩化ハフニウム触媒を用いたジスルフィドとアリルシランからのスルフィド合成
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
  • パラジウム触媒によるヒドロシランを用いたフッ化アシルの脱カルボニル化制御を経る還元的分子変換反応
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
  • ジルコノセンジフルオリド触媒によるアルキンとトリフルオロボランからの還元的アルケニルボラン合成
    (第10回CSJ化学フェスタ2020 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2014 慶應義塾大学
  • - 2009 慶應義塾大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (慶應義塾大学)
委員歴 (1件):
  • 2019/04/25 - 2020/03/31 日本化学会 第100春季年会 会場・総務小委員会 委員
受賞 (21件):
  • 2020/10/09 - Cover Picture (Chemistry A European Journal)
  • 2020/04/30 - Top Downloaded Paper 2018-2019 (European Journal of Organic Chemistry)
  • 2020/04/30 - Top Downloaded Paper 2018-2019 (Chemistry - A European Journal)
  • 2020/04/30 - Top Downloaded Paper 2018-2019 (Angewandte Chemie International Edition)
  • 2020/04/08 - Cover Feature (Asian J. Org. Chem.)
全件表示
所属学会 (4件):
アメリカ化学会 ,  近畿化学協会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る