研究者
J-GLOBAL ID:201801012927445170   更新日: 2020年06月03日

青野 純子

アオノ ジュンコ | Aono Junko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://gyoseki.meijigakuin.ac.jp/mguhp/KgApp?resId=S000499https://gyoseki.meijigakuin.ac.jp/mguhp/KgApp?resId=S000499
研究分野 (1件): 美術史
研究キーワード (14件): Genre Painting ,  Art Market ,  Painting ,  Eighteenth Century ,  Seventeenth Century ,  Art ,  Dutch ,  風俗画 ,  絵画市場 ,  絵画 ,  18世紀 ,  17世紀 ,  美術 ,  オランダ
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2024 美術市場とその国際化に関する制度論的、交流史的研究。西洋から日本・アジアへの展開
  • 2017 - 2020 農民画礼賛:18世紀国際絵画市場におけるオランダ絵画趣味と蒐集
  • 2014 - 2019 西洋近世・近代美術における市場・流通・画商の地政経済史的研究
  • 2014 - 2016 18世紀前半オランダ絵画コレクションの受容史的研究:「オランダ性」をめぐる考察
  • 2012 - 2015 17世紀オランダ美術の東洋表象研究.
全件表示
論文 (17件):
  • 青野純子. 「ヘリット・ダウ《糸を巻き戻す老女》 -- 18世紀パリ絵画市場における17世紀風俗画と複製版画」. 『移ろう形象と越境する芸術 -- 小林頼子先生退職記念論文集』. 2019. 245-269
  • 青野純子. 「18世紀初頭オランダ風俗画における磁器蒐集の表象--ウィレム・ファン・ミーリス《猿のいる室内》をめぐる考察」,. 『17世紀オランダ美術と<アジア>』. 2018. 93-122
  • 青野純子. 「ポスト・フェルメールの時代を生きる画家たちー18世紀初頭のオランダ風俗画の魅力をめぐって」. 『VS. フェルメール 美の対決ーフェルメールと西洋美術の巨匠たち』. 2018
  • 青野純子. 「贅沢か虚無かー18世紀初頭のオランダ風俗画に描かれた磁器蒐集」. Oriental Imagery in 17th-century Dutch Art. 2017. 33-41
  • 青野純子. 「ヘリット・ダウ《若い母親》-18世紀オランダの絵画市場と絵画の価値」. 『ネーデルラント美術の光輝-ロベール・カンパンから、レンブラント、そしてヘリット・ダウへ』. 2017. 175-208
もっと見る
MISC (6件):
  • アンドリセン ヤスパー, 青野 純子. 手書きのインデックス・カードからカスタムメイドのデジタルファイルへ : RKD-オランダ国立美術史研究所とレンブラント・データベースをめぐる近年の発展 (特集 美術に関する知の蓄積と共有化にむけて : 人と美術の関わりの豊かさとその語りの確かさのために). 美術フォーラム21 = Bijutsu forum 21. 2017. 35. 100-106
  • スライテル エリック・ヤン, 尾崎 彰宏, 山田 今日子, 青野 純子. 解題:黄金時代における美術市場での価格決定をめぐる序論 (特集 美術市場と画商). 西洋美術研究. 2016. 19. 85-112
  • 青野 純子. 展覧会評 「ヘリット・ダウ(1613-1675)」展(ワシントン/ロンドン/デン・ハーグ、2000-2001). 西洋美術研究. 2002. 7. 192-196
  • 青野純子. 「論文紹介: エリザベス・アリス・ホーニグ 「17世紀オランダ絵画におけるジェンダーの空間」(Elizabeth Alice Honig, “The Space of Gender in Seventeenth-Century Dutch Painting,” in: Wayne Franits (ed.), Looking at Seventeenth-Century Dutch Art: Realism Reconsidered, Cambridge 1997, pp. 187-201. )」. 『美学』. 2000. 200. 76
  • 青野純子. 「文献紹介:David Freedberg and Jan de Vries (eds.), Art in History / History in Art: Studies in Seventeenth-Century Dutch Culture, Santa Monica, 1992(デヴィット・フリードバーグ, ヤン・デ・フリース, 『歴史の芸術/芸術の中の歴史:17世紀オランダ文化諸研究』)」. 『美学』. 1995. 183. 75, 78
もっと見る
書籍 (11件):
  • アート・マーケットの時代ー17世紀オランダ・フランドルを中心に
    2020
  • 『移ろう形象と越境する芸術 -- 小林頼子先生退職記念論文集』
    八坂書房 2019
  • VS.フェルメール : 美の対決フェルメールと西洋美術の巨匠たち
    八坂書房 2018 ISBN:9784896942538
  • 100%Vermeer! : フェルメール原寸美術館
    小学館 2018 ISBN:9784096822753
  • ネーデルラント美術の光輝 : ロベール・カンパンから、レンブラント、そしてヘリット・ダウへ
    ありな書房 2017 ISBN:9784756617507
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • 「変わりゆく17世紀オランダのアート・マーケットー18世紀の中古絵画市場を中心にー」
    (コロッキウム「17世紀オランダの画家とアートマーケット」 2019)
  • "Porcelain Collecting Monkeys: The Case of A Genre Painting by Willem van Mieris"
    (Netherlandish Art and the World: A Conference on Global Art History 2018)
  • "The Japonse Rok in Seventeenth-Century Dutch Portraiture"
    (Kosode & Banyans: Contested World Views in an Attire c1580-1910 2018)
  • "Rivalry or Homage: Pendants in the Post-Vermeer Period"
    (Vermeer and the Masters of Genre Painting: Inspiration and Rivalry, National Gallery of Ireland, Dublin 2017)
  • "The Japonse Rok in Seventeenth-Century Dutch Portraiture"
    (Global Costume: Kosode, Banyan, Kebaya and Japonse Rok 1500-1850. A Dialogue of Global Circulation between Art History, Economy and Material Culture, Kyushu University, Fukuoka 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2005 - 2010 University of Amsterdam
学位 (1件):
  • 博士 (University of Amsterdam)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 明治学院大学 教授
  • 2013/09 - 2020/03 九州大学 准教授
  • 2011/04 - 2012/09 The Leiden Gallery, New York, USA Researcher (学術研究員)
  • 2005/04 - 2010/08 University of Amsterdam 契約専任教員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る