研究者
J-GLOBAL ID:201801012928477416   更新日: 2020年11月18日

田中 真佐恵

タナカ マサエ | Tanaka Masae
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 高齢者看護学、地域看護学
論文 (9件):
  • 松田千登勢, 小川宣子, 田中真佐恵, 吉井輝子. 特別養護老人ホームにおける感染管理教育プログラムの検討. 摂南大学看護学研究第8巻. 2020
  • 小川宣子, 田中真佐恵, 山本十三代, 小堀栄子, 高田雅弘, 菊田真穂. 都市型準限界集落におけるフレイル発生と健康課題. 摂南大学地域総合研究所報第5号. 2020
  • 田中真佐恵, 松田千登勢. 介護老人保健施設における薬剤管理に対する多職種連携の検討 -薬剤師を含む事例を通して-. 摂南大学看護学研究第8巻. 2020
  • 金原京子, 小川宣子, 田中真佐恵, 吉井輝子, 松田千登勢. 早期体験型の老年看護学実習における看護学生の学びの様相. 摂南大学看護学研究. 2018. 6. 1. 42-49
  • 田中 真佐恵, 北村 隆子, 小野塚元子. 特別養護老人ホームに勤務する看護師の看護実践における生活の視点. 日本看護福祉学会誌. 2017. 23. 1. 65-79
もっと見る
MISC (1件):
書籍 (2件):
  • ICFを活用した介護過程と個別支援計画 高齢者・障害者の意思決定支援と本人中心が多の計画づくり
    かもがわ出版 2019 ISBN:9784780310283
  • 本人主体の「個別支援計画」ワークブック ICF活用のすすめ
    かもがわ出版 2014
講演・口頭発表等 (16件):
  • 特別養護老人ホームの介護職と看護職のICF事例ワークにおけるケア方針の変化
    (第12回 日本保健医療福祉連携教育学会学術集会 2019)
  • 特別養護老人ホームの介護職と看護職のICF事例ワークにおける着眼点の変化
    (第12回 日本保健医療福祉連携教育学会学術集会 2019)
  • 「生活支援記録法で援助の意味を伝え合う多職種協働」
    (第27回日本介護福祉学会大会 2019)
  • 特別養護老人ホームの介護職のICF事例ワークにおける人物像の捉え方
    (第27回日本介護福祉学会大会 2019)
  • 特別養護老人ホームの看護職のICF事例ワークにおける人物像の捉え方
    (第27回日本介護福祉学会大会 2019)
もっと見る
所属学会 (4件):
日本看護科学学会 ,  日本老年看護学会 ,  日本介護福祉学会 ,  日本看護福祉学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る