研究者
J-GLOBAL ID:201801013000225668   更新日: 2020年07月02日

萩森 政頼

ハギモリ マサヨリ | Hagimori Masayori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 放射線科学 ,  医療薬学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (4件): DDS ,  内用放射線治療薬剤 ,  分子イメージング ,  蛍光プローブ
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2020 凝集により強発光性を示す低分子系発光材料の開発と光増感剤への展開
  • 2018 - 2019 双性イオンを基盤とする免疫反応の低減化を目的としたDDSキャリアの開発
  • 2017 - 2019 難治性乳がんの治療に資するナノキャリア型内用放射線治療薬剤の開発
  • 2017 - 2018 神経細胞における亜鉛シグナリングを可視化する分子内電荷移動制御型蛍光センサー分子の開発
  • 2016 - 2018 分子凝集誘起発光に立脚した高輝度発光材料の開発と光増感剤への応用
全件表示
論文 (30件):
  • Kannaka K, Sano K, Hagimori M, Yamasaki T, Munekane M, Mukai T. Synthesis of an amphiphilic tetrazine derivative and its application as a liposomal component to accelerate release of encapsulated drugs. Bioorganic & medicinal chemistry. 2019. 27. 16. 3613-3618
  • MasayoriHagimori, Yasuhisa Nishimura, Naoko Mizuyama, Yasuhiro Shigemitsu. Synthesis, photophysical evaluation, and computational study of 2-methoxy- and 2-morpholino pyridine compounds as highly emissive fluorophores in solution and the solid state. Dyes and Pigments. 2019. 171. 107705
  • Masayori Hagimori, Mana Taniura, Naoko Mizuyama, Yasushi Karimine, Shigeru Kawakami, Hideo Saji, Takahiro Mukai. Synthesis of a novel pyrazine-pyridone biheteroaryl-based fluorescence sensor and detection of endogenous labile zinc ions in lung cancer cells. Sensors. 2019. 19. 9. 2049-2059
  • Koyo Nishimura, Keita Yonezawa, Shintaro Fumoto, Yusuke Miura, Masayori Hagimori, Koyo Nishida, Shigeru Kawakami. Application of direct sonoporation from a defined surface area of the peritoneum: Evaluation of transfection characteristics in mice. Pharmaceutics. 2019. 11. 5. 244-257
  • Koki Ogawa, Yuki Fuchigami, Masayori Hagimori, Shintaro Fumoto, Kazuo Maruyama, Shigeru Kawakami. Ultrasound-responsive nanobubble-mediated gene transfection in the cerebroventricular region by intracerebroventricular administration in mice. European Journal of Pharmaceutics and Biopha rmaceutics. 2019. 137. 1-8
もっと見る
MISC (6件):
  • 森山理央, 萩森政頼, 千石梓, 向高弘. がんの核医学及び蛍光イメージングを目指したヒアルロン酸被覆ナノプローブの開発とがん細胞への集積性の検討. JSMI Report. 2016. 9. 2. 119
  • 萩森政頼, 千石梓, 向高弘. 自己組織化による消光現象を利用したがんイメージング用蛍光ナノプローブの開発. 日本DDS学会学術集会プログラム予稿集. 2015. 31st. 203
  • 杉本理紗, 萩森政頼, 吉川麻衣, 向高弘. NAD(P)H:quinone oxidoreductase1(NQO1)標的放射性薬剤-安定性の向上を目指した電子供与基の導入. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2015. 135th. ROMBUNNO.27PA-AM101S
  • 平野優里, 萩森政頼, 長谷川純子, 田中将史, 向高弘. アミロイド結合性を有するベンゾチアゾール誘導体の合成及び蛍光特性の評価. 日本薬学会年会要旨集(CD-ROM). 2014. 134th. ROMBUNNO.29PMM-099
  • Masayori Hagimori, Naoko Mizuyama, Yoshinori Tominaga. Synthesis of pyrano[4,3-b]quinolizine derivatives from 6-aryl-4-methylsulfanyl-2-oxo-2H-pyrans and their fluorescence. ARKIVOC. 2008. 2007. 13. 16-27
もっと見る
書籍 (1件):
  • 製品中に含まれる(超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ
    技術情報協会 2014
講演・口頭発表等 (22件):
  • Synthesis of high functionality and quality mannose-grafted lipids and its application for macrophage-targeted liposomes
    (18th Symposium for Gene, Design and Delivery 2018)
  • 機能性複素環化合物を基盤とする亜鉛蛍光プローブの開発
    (長崎大学薬学部薬化学講演会 2018)
  • Development of a radioiodinated Thioflavin-T derivative for nuclear imaging of systemic amyloidosis
    (The XVIth international Symposium on Amyloidosis 2018)
  • 亜鉛検出用蛍光プローブの開発とその応用
    (第15回亜鉛栄養治療研究会 2017)
  • Binary interactions of a tetrazine derivative with biomembrane constituents at the air-water interface
    (30th CONFERENCE OF THE EUROPEAN COLLOID AND INTERFACE SOCIETY 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 武庫川女子大学 教授
  • 2019/06 - 2020/03 Université de Strasbourg 客員研究員
  • 2016/05 - 2020/03 長崎大学大学院 准教授
  • 2016/04 - 2016/04 長崎大学大学院 講師
  • 2012/04 - 2016/03 神戸薬科大学 講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2018 - 現在 Journal of Oleo Science 編集員会部門編集長
  • 2018 - 現在 Journal of Oleo Science Editorial Board Members
  • 2018 - 現在 日本油化学会界面化学部会 幹事
  • 2017 - 現在 日本亜鉛栄養治療研究会 世話人
  • 2016 - 現在 RSC Advances (Royal Society of Chemistry) Reviewer panel member
受賞 (3件):
  • 2017 - 平成28年度コニカミノルタ画像科学奨励賞
  • 2016 - 第27回日本微量元素学会学術集会優秀演題賞
  • 2012 - 日本薬学会近畿支部 日本薬学会近畿支部奨励賞
所属学会 (6件):
日本亜鉛栄養治療研究会 ,  日本分子イメージング学会 ,  日本DDS学会 ,  日本核医学会 ,  日本薬学会 ,  日本油化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る