研究者
J-GLOBAL ID:201801013081084877   更新日: 2021年10月24日

笹田 真人

ササダ マヒト | Sasada Mahito
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 天文学
研究キーワード (8件): 電波天文学 ,  重力波 ,  突発天体 ,  多波長研究 ,  偏光 ,  ジェット ,  高エネルギー天文学 ,  光赤外線天文学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2025 事象の地平線スケールの動画解析で探る巨大ブラックホールの動的描像
  • 2019 - 2022 次世代の国際VLBI観測網で明らかにする巨大ブラックホールジェットの磁力線構造
  • 2019 - 2022 電波と可視の多波長偏光観測から探る活動銀河核ジェットの粒子加速領域の探査
  • 2015 - 2019 ミリ波帯偏波VLBI観測によるブラックホールジェットの収束機構の解明
  • 2013 - 2018 スパースモデリングを用いた超巨大ブラックホールの直接撮像
全件表示
論文 (85件):
  • Tatsuya Nakaoka, Keiichi Maeda, Masayuki Yamanaka, Masaomi Tanaka, Miho Kawabata, Takashi J. Moriya, Koji S. Kawabata, Nozomu Tominaga, Kengo Takagi, Fumiya Imazato, et al. Calcium-rich Transient SN 2019ehk in a Star-forming Environment: Yet Another Candidate for a Precursor of a Double Neutron-star Binary. The Astrophysical Journal. 2021. 912. 1. 30-30
  • Ramesh Narayan, Daniel C. M. Palumbo, Michael D. Johnson, Zachary Gelles, Elizabeth Himwich, Dominic O. Chang, Angelo Ricarte, Jason Dexter, Charles F. Gammie, Andrew A. Chael, et al. The Polarized Image of a Synchrotron-emitting Ring of Gas Orbiting a Black Hole. The Astrophysical Journal. 2021. 912. 1. 35-35
  • Takayuki Ohgami, Nozomu Tominaga, Yousuke Utsumi, Yuu Niino, Masaomi Tanaka, Smaranika Banerjee, Ryo Hamasaki, Michitoshi Yoshida, Tsuyoshi Terai, Yuhei Takagi, et al. Optical follow-up observation for GW event S190510g using Subaru/Hyper Suprime-Cam. Publications of the Astronomical Society of Japan. 2021. 73. 2. 350-364
  • J. C. Algaba, J. Anczarski, K. Asada, M. Baloković, S. Chandra, Y.-Z. Cui, A. D. Falcone, M. Giroletti, C. Goddi, K. Hada, et al. Broadband Multi-wavelength Properties of M87 during the 2017 Event Horizon Telescope Campaign. The Astrophysical Journal Letters. 2021. 911. 1. L11-L11
  • Ciriaco Goddi, Iván Martí-Vidal, Hugo Messias, Geoffrey C. Bower, Avery E. Broderick, Jason Dexter, Daniel P. Marrone, Monika Moscibrodzka, Hiroshi Nagai, Juan Carlos Algaba, et al. Polarimetric Properties of Event Horizon Telescope Targets from ALMA. The Astrophysical Journal Letters. 2021. 910. 1. L14-L14
もっと見る
MISC (10件):
  • S. Kiehlmann, T. Savolainen, S. G. Jorstad, K. V. Sokolovsky, F. K. Schinzel, A. P. Marscher, V. M. Larionov, I. Agudo, H. Akitaya, E. Benitez, et al. Polarization angle swings in blazars: The case of 3C 279 (vol 590, A10, 2016). ASTRONOMY & ASTROPHYSICS. 2016. 592
  • 伊藤亮介, 深沢泰司, 田中康之, 秋田谷洋, 川端弘治, 吉田道利, 植村誠, 森谷友由希, 上野一誠, 高木勝俊, et al. 大学間連携によるAGNジェットの多波長観測. 日本天文学会年会講演予稿集. 2014. 2014. 73
  • 川端弘治, 秋田谷洋, 山中雅之, 伊藤亮介, 森谷友由希, 宇井崇紘, 川端美穂, 森健彰, 高木勝俊, 上野一誠, et al. 近傍銀河M82に現れた赤化の大きなIa型超新星SN 2014Jの偏光特性. 日本天文学会年会講演予稿集. 2014. 2014. 113
  • 伊藤亮介, 深沢泰司, 田中康之, 秋田谷洋, 川端弘治, 吉田道利, 植村誠, 森谷友由希, 上野一誠, 高木勝俊, et al. ブレーザー天体CTA102の多波長光度・色・偏光短期変動観測. 日本物理学会講演概要集. 2013. 68. 1. 115
  • 伊藤亮介, 深沢泰司, 田中康之, 秋田谷洋, 川端弘治, 吉田道利, 植村誠, 森谷友由希, 上野一誠, 高木勝俊, et al. ブレーザー天体CTA102の多波長光度・色・偏光短期変動観測. 日本天文学会年会講演予稿集. 2013. 2013. 208
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (広島大学)
受賞 (1件):
  • 2016/03 - 日本天文学会 日本天文学会欧文研究報告論文賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る