研究者
J-GLOBAL ID:201801013120675241   更新日: 2020年08月26日

左村 和宏

サムラ カズヒロ | Samura Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 医学部准教授
研究分野 (1件): 脳神経外科学
論文 (31件):
もっと見る
MISC (10件):
  • 左村 和宏, 宮城 靖, 大八木 保政, 岡本 剛, 井上 亨. 視床下核刺激療法後に抗パーキンソン病薬減量を可能にする術前因子は何か?. 機能的脳神経外科. 2013. 52. 1-4
  • 左村 和宏, 宮城 靖, 上加世田, 和, 早見 武人, 岡本 剛. 脳深部刺激療法術後の長期予後におけるShort circuitの診断・臨床的意義とその対応. 日本外科系連合学会誌. 2012. 37. 3. 648-648
  • 森岡 隆人, 橋口 公章, 左村 和宏, 宮城 靖, 佐々木 富男. 術中モニタリング 脳神経外科的立場から. 臨床神経生理学 : Japanese journal of clinical neurophysiology. 2009. 37. 3. 92-98
  • K. Samura, Y. Miyagi, T. Morioka, N. Murakami, F. Yoshida, K. Hashiguchi, N. Sakae, R. Yamasaki, M. Kawaguchi, S. Nagata, et al. Intractable facial pain in advanced Parkinson's disease alleviated by subthalamic nucleus stimulation. JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY. 2008. 79. 12. 1410-1411
  • 左村 和宏, 森岡 隆人, 橋口 公章, 吉田 史章, 宮城 靖, 酒田 あゆみ, 佐々木 富男. O1-12 頭頂葉てんかんにおける発作時皮質電位のdynamic voltage topographyの脳表上表示(画像2,一般演題(口演),第42回日本てんかん学会). てんかん研究. 2008. 26. 2
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (九州大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る