研究者
J-GLOBAL ID:201801013134292302   更新日: 2020年05月04日

濱崎 英史

hamasakihidefumi
研究キーワード (2件): ブラシノステロイド ,  オーキシン
論文 (4件):
講演・口頭発表等 (8件):
  • ブラシノステロイドによる光形態形成制御のメカニズムの解明
    (第59回日本植物生理学会 2018)
  • Brassinosteroid is essential factor for photomorphogenesis in apical hook unfolding.
    (第52回植物化学調節学会 2017)
  • SnRK1 kinase and tne NAC transcription factor SOG1 as possible components of a mitochondrial retrograde signaling pathway meditating the low energy response triggered by low ATP levels.
    (The 13th ICES 2016)
  • Signaling pathway involving SOG1 and SnRK1 controls Arabidopsis development via mitochondrial ATP.
    (第56回日本植物生理学会年会 2016)
  • Reduction in mitochondrial ATP affects a signaling pathway, including SnRK1 and SOG1, to control the Arabidopsis thaliana development.
    (The 25th INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARABIDOPSIS RESARCH 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2011 - 2014 東京理科大学 生物工学科
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 横浜市立大学・木原生物学研究所 植物応用ゲノム科学部門 特任助教
  • 2015/04 - 2017/03 岐阜大学 植物分子生理学研究室 産官学連携研究員
  • 2014/04 - 2015/03 東京理科大学・基礎工学部・生物工学科 島田研究室 日本学術振興会特別研究員・PD
  • 2013/04 - 2014/03 東京理科大学・基礎工学部・生物工学科 島田研究室 日本学術振興会特別研究員・DC2
  • 2011/04 - 2013/03 横浜・理化学研究所 CSRS 大学院リサーチアソシエイト
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る