研究者
J-GLOBAL ID:201801013222033759   更新日: 2021年10月03日

伊沢 久未

イザワ クミ | Izawa Kumi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 免疫学
研究キーワード (3件): ペア型レセプター ,  マスト細胞 ,  アレルギー
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2022 抑制型免疫受容体に着目した自己免疫性水疱症の制御機構の解明
  • 2021 - 2022 マスト細胞の活性化制御によるアレルギー・炎症性疾患の予防・治療法開発
  • 2021 - 2022 脂質を認識するペア型免疫受容体による食物アレルギーの病態制御機序の解明と予防・治療法開発
  • 2021 - 2022 NLRP1変異による自己炎症性疾患の病態機序解明
  • 2020 - 2022 ミエロイド系細胞に発現する抑制型受容体に着目した心臓移植における拒絶制御機序の解明と治療法開発の分子基盤形成
全件表示
論文 (41件):
  • Saaya Fukase, Tomoaki Ando, Moe Matsuzawa, Meiko Kimura, Yusuke Sone, Kumi Izawa, Ayako Kaitani, Anna Kamei, Mayuki Kojima, Nobuhiro Nakano, et al. Pollen shells and soluble factors play non-redundant roles in the development of allergic conjunctivitis in mice. The ocular surface. 2021. 22. 152-162
  • Yoshihiro Takasato, Yosuke Kurashima, Masahiro Kiuchi, Kiyoshi Hirahara, Sayuri Murasaki, Fujimi Arai, Kumi Izawa, Ayako Kaitani, Kaoru Shimada, Yukari Saito, et al. Orally desensitized mast cells form a regulatory network with Treg cells for the control of food allergy. Mucosal immunology. 2021. 14. 3. 640-651
  • Hiroki Yasudo, Taiki Ando, Akie Maehara, Tomoaki Ando, Kumi Izawa, Atsushi Tanabe, Ayako Kaitani, Shigeru Nomura, Masafumi Seki, Kenichi Yoshida, et al. A Possible Association Between a Nucleotide-Binding Domain LRR-Containing Protein Family PYD-Containing Protein 1 Mutation and an Autoinflammatory Disease Involving Liver Cirrhosis. Hepatology (Baltimore, Md.). 2021
  • Toshiyuki Yoneyama, Nobuhiro Nakano, Mutsuko Hara, Hiromichi Yamada, Kumi Izawa, Koichiro Uchida, Ayako Kaitani, Tomoaki Ando, Jiro Kitaura, Yoshikazu Ohtsuka, et al. Notch signaling contributes to the establishment of sustained unresponsiveness to food allergens by oral immunotherapy. The Journal of allergy and clinical immunology. 2020
  • Kumi Izawa, Ayako Kaitani, Tomoaki Ando, Akie Maehara, Masakazu Nagamine, Hiromichi Yamada, Taiki Ando, Takuma Ide, Moe Matsuzawa, Yoko Okamoto, et al. Differential Lipid Recognition by Mouse versus Human CD300f, Inhibiting Passive Cutaneous Anaphylaxis, Depends on a Single Amino Acid Substitution in its Immunoglobulin-Like Domain. The Journal of investigative dermatology. 2020. 140. 3. 710-713
もっと見る
MISC (42件):
  • 井出 拓磨, 伊沢 久未, 安藤 智暁, 中村 真浩, 北浦 次郎, 池田 勝久. 若手による鼻科学の臨床と研究の架け橋 アレルギー性鼻炎における抑制型受容体CD300fの役割. 日本鼻科学会会誌. 2021. 60. 1. 77-77
  • 松澤 萌, 安藤 智暁, 深瀬 紗綾, 木村 芽以子, 伊沢 久未, 井出 拓磨, 貝谷 綾子, 中野 信浩, 前田 啓子, 奥村 康, et al. 結膜におけるシアル化酵素の生理的発現がアレルギー性結膜炎の発症を抑制する. 日本眼科学会雑誌. 2021. 125. 臨増. 178-178
  • 深瀬 紗綾, 安藤 智暁, 松澤 萌, 木村 芽以子, 伊沢 久未, 貝谷 綾子, 亀井 杏菜, 王 合興, 中野 信浩, 奥村 康, et al. マウス花粉性結膜炎モデルの発症における花粉の粒子性と抽出成分の重要性. 日本眼科学会雑誌. 2021. 125. 臨増. 179-179
  • 貝谷 綾子, 伊沢 久未, 内田 志野, 亀井 杏菜, 前原 明絵, 安藤 智暁, 北浦 次郎. CD300f分子とアレルギー. 臨床免疫・アレルギー科. 2021. 75. 2. 218-225
  • 安東 泰希, 前原 明絵, 安藤 智暁, 伊沢 久未, 北浦 次郎, 田村 直人. 肝臓線維化を主徴とする稀少疾患患者から同定されたNLRP1変異の機能解析. 日本内科学会雑誌. 2021. 110. Suppl. 130-130
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2009 東京大学 医学系研究科(生殖発達加齢医学)
  • 1999 - 2003 東京大学 医学科
  • 1997 - 1999 東京大学 理科III類
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 順天堂大学大学院医学研究科 アトピー疾患研究センター 助教
  • 2013/04 - 2015/03 東京大学医科学研究所 細胞療法分野 助教
  • 2010/04 - 2013/03 順天堂大学 免疫学講座 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2009/04 - 2010/03 東京大学医科学研究所 細胞療法分野 日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2008/04 - 2009/03 東京大学医科学研究所 細胞療法分野 日本学術振興会特別研究員(DC2)
全件表示
受賞 (7件):
  • 2019/12 - 日本免疫学会 研究奨励賞
  • 2019/10 - セラミド研究会 Young Investigator Award
  • 2019/02 - 東京免疫フォーラム 研究奨励賞
  • 2017/10 - 日本医師会 日本医師会医学研究奨励賞
  • 2016/12 - 日本免疫学会学術集会 ベストプレゼンテーション賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る