研究者
J-GLOBAL ID:201801013294247818   更新日: 2020年11月06日

寺本 めぐ美

Teramoto Megumi
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (1件): 国際関係論
研究キーワード (4件): 移民 ,  クルド ,  オランダ ,  国際社会学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2020 オランダに居住するクルド系住民第2世代が送出地域の政治運動に共感する要因
  • 2020 - 2020 オランダ社会への統合と「クルド人問題」--クルド組織と第2世代の活動を中心に
  • 2014 - 1980年代以降のオランダにおけるクルド系住民の活動--EU域内における紐帯を視野に
  • 2014 - 越境メディアとオランダに居住するクルド人第 2 世代の活動
  • 2013 - オランダにおける1980年代以降の移民政策とクルド系住民の活動 -イスラームを重視するクルド系住民の活動に注目して-
全件表示
論文 (7件):
  • 寺本めぐ美. オランダにおける「クルド・ナショナリズム」の展開--クルド系住民第2世代の政治意識の分析から. 日本中東学会年報. 2019. 35. 2. 71-100
  • 寺本めぐ美. 地方自治体における多文化主義の意義と限界 --オランダ・ハーグ市の政策とクルド組織の活動から. 移民政策研究. 2019. 11. 159-172
  • 寺本めぐ美. オランダ在住クルド系住民による国境を越えた政治活動 --先行研究の整理を中心に. IICS Monograph Series 津田塾大学国際関係研究所. 2018. 33
  • 寺本めぐ美. 学位論文 オランダのクルド系住民と「クルド人問題」--クルド組織と第 2 世代の活動を中心に. 津田塾大学. 2017
  • 寺本めぐ美. 1980 年代以降のオランダにおけるクルド組織とクルド系住民第 2世代の活動--受入社会への統合という視点から. 西洋近現代史研究会会報. 2015. 29
もっと見る
書籍 (4件):
  • オランダ社会への統合と「クルド人問題」--クルド組織と第2世代の活動を中心に
    有信堂高文社 2020
  • 包摂・共生の政治か、排除の政治か --移民・難民と向き合うヨーロッパ
    明石書店 2019
  • クルド人を知るための55章 (エリア・スタディーズ170)
    明石書店 2019
  • 明日へ翔ぶ--人文社会学の新視点 3
    風間書房 2014
講演・口頭発表等 (1件):
  • ヨーロッパにおけるクルド人組織の活動
    (アジア経済研究所 夏期公開講座 コース7 主権国家の確立/打破を目指すクルド人 2018)
学位 (1件):
  • 博士(国際関係学) (津田塾大学)
経歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 津田塾大学 国際関係研究所 特任研究員
  • 2018/04 - 現在 津田塾大学 学芸学部国際関係学科 非常勤講師
  • 2016/04 - 2018/03 津田塾大学 学芸学部国際関係学科 助教
委員歴 (2件):
  • 2018/04 - 2019/03 アジア経済研究所 研究会委員
  • 2014/06 - 2017/02 西洋近現代史研究会委員
所属学会 (4件):
関東社会学会 ,  日本中東学会 ,  移民政策学会 ,  国際政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る