研究者
J-GLOBAL ID:201801013346289611   更新日: 2024年06月28日

井上 信一

イノウエ シンイチ | Shin'Ichi Inoue
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.med.nagasaki-u.ac.jp/mmi/im/
研究分野 (2件): 免疫学 ,  寄生虫学
研究キーワード (10件): 液性免疫 ,  サルモネラ ,  熱帯医学 ,  感染症 ,  寄生虫 ,  マラリア ,  IL-27 ,  免疫記憶 ,  γδ T細胞 ,  マラリア免疫
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2022 - 2025 マラリアにおける時限的IFN-γ阻害が記憶CD4T+細胞を増強する機序の解明
  • 2022 - 2025 マラリア慢性感染における記憶CD4+T細胞のIL-27による制御とその解除
  • 2022 - 2023 インドにおける三日熱マラリア重症化と自然免疫リンパ球γδT細胞の関係性を探る
  • 2021 - 2023 マラリア伝搬低減地域におけるマラリア原虫感染免疫記憶の維持
  • 2019 - 2023 感染対策の進むフィリピンにおけるマラリア免疫応答の記憶維持に関する国際共同研究
全件表示
論文 (31件):
  • Maria Lourdes Macalinao, Shin-Ichi Inoue, Sanjaadorj Tsogtsaikhan, Hirotaka Matsumoto, Ganchimeg Bayarsaikhan, Jiun-Yu Jian, Kazumi Kimura, Yoshiaki Yasumizu, Tsuyoshi Inoue, Hiroki Yoshida, et al. IL-27 produced during acute malaria infection regulates Plasmodium-specific memory CD4+ T cells. EMBO molecular medicine. 2023. e17713
  • Hiroko Asahi, Mamoru Niikura, Shin-Ichi Inoue, Fujiro Sendo, Fumie Kobayashi, Akira Wada. Dihydroartemisinin Disrupts Zinc Homeostasis in Plasmodium falciparum To Potentiate Its Antimalarial Action via Pyknosis. ACS Infectious Diseases. 2023. 9. 7. 1303-1309
  • Ganchimeg Bayarsaikhan, Yarob Ibraheem, Shin-Ichi Inoue. γδ T-cell-mediated immune responses to malaria. Microbiology and Immunology. 2023. 67. 5. 239-247
  • Arshad Mahmood, Keisuke Yaku, Keisuke Hikosaka, Maryam Gulshan, Shin-ichi Inoue, Fumie Kobayashi, Takashi Nakagawa. Nmnat3 deficiency in hemolytic anemia exacerbates malaria infection. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022. 637. 58-65
  • Yarob Ibraheem, Ganchimeg Bayarsaikhan, Shin-Ichi Inoue. Host immunity to Plasmodium infection: Contribution of Plasmodium berghei to our understanding of T cell-related immune response to blood-stage malaria. Parasitology international. 2022. 92. 102646-102646
もっと見る
MISC (53件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (53件):
  • The role of immunity in malaria
    (International Pharmacoparasitology Conference-2024 2024)
  • γδ T 細胞はPlasmodium chabaudi 感染において I 型古典的樹状細胞の成熟を誘導して抗原特異的 CD4+ T 細胞の Th1 分化を促進する
    (第93回 日本寄生虫学会大会 2024)
  • γδ T cells induce the maturation of type I dendritic cells which drives Th1 differentiation of antigen-specific CD4+ T cells in Plasmodium chabaudi infection
    (第16回 寄生虫感染免疫研究会 2023)
  • THE ROLE OF γδ T CELLS IN MALARIA
    (INTERNATIONAL PHARMACOPARASITOLOGY CONFERENCE-2023 2023)
  • マラリア原虫感染初期のIFNγが原虫特異的CD4+T細胞のメモリー化に与える影響
    (第92回 日本寄生虫学会大会 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 情報生物科学専攻
  • 1999 - 2003 筑波大学 第二学群 生物学類
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (5件):
  • 2018/09 - 現在 長崎大学 医学部 医学科 免疫学 准教授
  • 2018/09 - 現在 長崎大学 医歯薬学総合研究科 免疫学分野 准教授
  • 2016/04 - 2018/09 杏林大学 医学部 感染症学講座 講師
  • 2010/04 - 2016/03 杏林大学 医学部 感染症学講座 助教
  • 2007/04 - 2010/03 理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
委員歴 (8件):
  • 2023/03 - 現在 長崎大学・バイオメディカルモデル動物研究センター利用者会議委員
  • 2021/12 - 現在 Associate Editor, Microbiology and Immunology.
  • 2021 - 現在 日本寄生虫学会 倫理委員会・利益相反委員会委員
  • 2019/03 - 現在 日本寄生虫学会 評議員
  • 2019 - 2023 長崎大学 先導生命科学研究支援センター動物実験施設委員会委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2022/02 - 第50回日本免疫学会学術集会 ベストプレゼンテーション賞
  • 2016/11 - 杏林医学会 第45回 杏林医学会総会優秀賞
  • 2015/11 - 杏林医学会 第4回 杏林医学会研究奨励賞,
  • 2014/04 - 杏林大学 平成26年度 杏林大学 医学部研究奨励賞
  • 2013/11 - 杏林医学会 第2回 杏林医学会研究奨励賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本生体防御学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本熱帯医学会 ,  日本免疫学会 ,  日本寄生虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る