研究者
J-GLOBAL ID:201801013417759134   更新日: 2021年03月02日

井田 悠太

イダ ユウタ | Ida Yuta
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 通信工学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2015 - 2018 Bent型ZCZ符号を用いた高効率・高信頼CDMAに関する研究
  • 2015 - 2018 低電力高速遠距離通信を実現する複素TFI信号を用いたAFリレー伝送に関する研究
  • 2014 - 2015 多重リレー協調通信における最適パケット分割と適応変調を用いた高速・高品質化に関する研究
  • 2014 - Performance Enhancement for AF Relay MIMO/OFDM with Complex HTRCI Pilot Signal
  • 2013 - Mitigated Deep Faded Channel with Relay Node Allocation for MUDiv/OFDMA
全件表示
論文 (81件):
  • Ryosuke Shimizu, Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji. Study on OCDMA System Using Two-Dimensional Optical ZCZ Sequences with Two Autocorrelation Peak Values. 2021 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'21). 2021. 190-193
  • Dai Ozaki, Takahiro Matsumoto, Hideyuki Torii, Yuta Ida, Shinya Matsufuji. Study on BER Performance of Synchronous OCDMA System Using Optical ZCZ Sequence With Diffused Link Using Rake Reception. 2021 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'21). 2021. 186-189
  • Takahiro MATSUMOTO, Hideyuki TORII, Yuta IDA, Shinya MATSUFUJI. Generation Method of Two-Dimensional Optical ZCZ Sequences with High Correlation Peak Value. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2021. E104-A. 2. 417-421
  • Yuta Ida, Kazuki Maruta, Takahiro Matsumoto, Shinya Matsufuji. CR-QRM-MLD for SD-SM-MIMO with Null Modulation. The 39th IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2021). 2021. WNT(1)-4. 1-3
  • Yuta IDA, Takahiro MATSUMOTO, Shinya MATSUFUJI. Different Antenna Interleaved Allocation with Full and Divided WHT/DFT Spreading for HTRCI-MIMO/OFDM. IEICE Transactions on Communications. 2020. E103-B. 12. 1438-1446
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • 位相回転とASKを組み合わせたSD-SM-MIMOの検討
    (通信方式研究会 2021)
  • 6Gへの機械学習・数理最適化応用に向けた共有データセット構想
    (無線通信システム研究会 2020)
  • OFDM櫛型パイロットにおける繰り返しDFT/IDFTによるCSI補間
    (電子情報通信学会総合大会 2020)
  • SD-SM-MIMOにおけるヌル変調を適応したCR-QRM-MLDの検討
    (通信方式研究会 2020)
  • 鋭い相関ピークを有する2次元光ZCZ系列セットの構成法の検討
    (第42回情報理論とその応用シンポジウム 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 広島市立大学大学院 博士後期課程 情報科学専攻 システム科学系
  • 2008 - 2010 広島市立大学大学院 博士前期課程 システム工学専攻
  • 2004 - 2008 広島市立大学 情報機械システム工学科
学位 (1件):
  • 博士(情報工学) (広島市立大学)
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 山口大学 大学院創成科学研究科(工学) 大学院担当助教
  • 2019/05 - 2020/02 ライアソン大学(カナダ) 客員研究員
  • 2013/04 - 2016/03 山口大学 大学院理工学研究科(工学) 大学院担当助教
受賞 (1件):
  • 2014/10 - 公益財団法人 マツダ財団 マツダ研究助成選考委員奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る