研究者
J-GLOBAL ID:201801013430671793   更新日: 2020年09月01日

満汐 孝治

Michishio Koji
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (3件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする実験 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  量子ビーム科学
研究キーワード (4件): 陽電子消滅 ,  レーザー分光 ,  ポジトロニウム ,  陽電子ビーム
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 光陽電子分光の開拓研究
  • 2019 - 2022 反物質系ボース・アインシュタイン凝縮のためのポジトロニウム生成・濃縮・冷却の実現
  • 2017 - 2021 ポジトロニウムとポジトロニウム負イオンの基礎および応用研究の新展開
  • 2017 - 2020 高密度ポジトロニウム生成のための陽電子ビーム高輝度化法の開発
  • 2016 - 2018 ポジトロニウム負イオン系における光誘起ダイナミクスの研究
全件表示
論文 (45件):
  • Koji Michishio, Susumu Kuma, Yugo Nagata, Luca Chiari, Taro Iizuka, Riki Mikami, Toshiyuki Azuma, Yasuyuki Nagashima. Threshold Photodetachment Spectroscopy of the Positronium Negative Ion. Physical Review Letters. 2020
  • Hiroyuki Higaki, Koji Michishio, Kaori Hashidate, Akira Ishida, Nagayasu Oshima. Accumulation of LINAC based low energy positrons in a buffer gas trap. Applied Physics Express. 2020. 13. 6. 066003-066003
  • Y. Nagata, K. Michishio, T. Iizuka, H. Kikutani, L. Chiari, F. Tanaka, Y. Nagashima. Motion-Induced Transition of Positronium through a Static Periodic Magnetic Field in the Sub-THz Region. Physical Review Letters. 2020. 124. 17
  • Koichi Kino, Takeshi Fujiwara, Michihiro Furusaka, Noriyosu Hayashizaki, Hidetoshi Kato, Ryunosuke Kuroda, Koji Michishio, Takemi Muroga, Hiroshi Ogawa, Brian E. O'Rourke, et al. Newly constructed compact accelerator-based neutron facility at AIST. EPJ Web of Conferences. 2020. 231. 01002-1-01002-3
  • T. Hirade, K. Michishio, Y. Kobayashi, N. Oshima. Temperature dependence of ortho-Positronium Annihilation in Room Temperature Ionic Liquids. Acta Physica Polonica A. 2020. 137. 2. 109-112
もっと見る
MISC (7件):
  • 満汐 孝治. ポジトロニウム負イオンの共鳴状態の観測. 陽電子科学. 2018. 11. 25-31
  • 長嶋 泰之, 五十嵐 明則, 満汐 孝治. 陽電子が拓く物質の科学 第3回ポジトロニウム負イオン. しょうとつ. 2016. 13. 3. 64-74
  • 満汐 孝治, 長嶋 泰之. ポジトロニウム負イオンの光脱離によるエネルギー可変ポジトロニウムビームの形成. 陽電子科学. 2014. 2. 35-38
  • 満汐 孝治. ポジトロニウム負イオンの光脱離とポジトロニウムビーム生成への応用. しょうとつ. 2013. 10. 5. 118-124
  • 鳥居 寛之, 黒田 直史, 満汐 孝治. 低速反粒子ビーム生成(<小特集>反水素合成から反水素物理へ-反陽子,陽電子の冷却・中性化とトラップ-). プラズマ・核融合学会誌. 2013. 89. 1. 17-23
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • Laser spectroscopic studies on the positronium negative ion and its application to an energy-tunable positronium beam
    (18th International Conference on Positron Annihilation (ICPA-18) 2018)
  • ポジトロニウム負イオンの光脱離実験の新展開 - 形状共鳴の観測とエネルギー可変ポジトロニウムビーム生成への応用 -
    (2017年度量子ビームサイエンスフェスタ 2018)
  • ポジトロニウム負イオンの 共鳴状態の観測
    (京都大学原子炉実験所専門研究会「陽電子科学とその理工学への応用」 2017)
  • A collimated, energy-tunable positronium beam for the investigation of positronium scattering with surfaces
    (12th International Workshop on Positron and Positronium Chemistry 2017)
  • Development of a high-brightness, energy-tunable positronium beam
    (3rd China-Japan Joint Workshop on Positron Science 2017)
もっと見る
受賞 (5件):
  • 2020/02 - 高エネルギー加速器科学研究会 西川賞 ポジトロニウム負イオンの光脱離および共鳴光脱離の観測
  • 2018/04 - 日本原子力学会北関東支部 若手研究者発表会一般の部 優秀発表賞 高輝度ポジトロニウムビームの生成と表面回折法への応用
  • 2017/12 - 日本陽電子科学会 日本陽電子科学会奨励賞 ポジトロニウム負イオンの共鳴状態の観測
  • 2014/07 - 日本アイソトープ協会 若手優秀講演賞 ポジトロニウム負イオンの共鳴光脱離実験
  • 2013/11 - 原子衝突学会 第14回原子衝突学会若手奨励賞 ポジトロニウム負イオンの光脱離とポジトロニウムビーム生成への応用
所属学会 (3件):
日本陽電子科学会 ,  原子衝突学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る