研究者
J-GLOBAL ID:201801013547399229   更新日: 2019年12月16日

江原 遥

エハラ ヨウ | Yo Ehara
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://yoehara.com/http://yoehara.com/
研究分野 (4件): 知能情報学 ,  知能情報学 ,  ウェブ情報学・サービス情報学 ,  数理情報学
研究キーワード (7件): 自然言語処理 ,  教育支援システム ,  語彙学習 ,  学習支援 ,  機械学習 ,  テスト理論 ,  項目反応理論
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 意味空間上の広がりに基づく効率的な語 彙学習支援システム
  • 2018 - 2022 語学学習支援システムにおける能力測定のための自動作問技術に関する研究
  • 2015 - 2018 多様な読み手のための単語難易度指標の統計的構築手法の開発
  • 2012 - 2014 心内辞書と語彙ネットワークの数理モデル化による第二言語運用支援システムの研究
論文 (13件):
  • 江原 遥. An Approach to Summarize Concordancers' Lists Visually to Support Language Learners in Understanding Word Usages. Proceedings of the 12th International Conference on Natural Language Generation (INLG 2019) workshops, NL4XAI demo paper. 2019
  • 江原 遥. Neural Rasch Model: How Word Embeddings Affect to Word Difficulty?. Proceedings of the 16th International Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING 2019). 2019
  • 江原 遥. 英単語難易度算出のための各種コーパス間の単語頻度・単語頻度順位の比較の研究. 2019
  • 江原 遥. Building an English Vocabulary Knowledge Dataset of Japanese English-as-a-Second-Language Learners Using Crowdsourcing. In the Proceedings of the 11th edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC 2018). 2018
  • 江原 遥,佐藤 一誠,大岩 秀和,中川 裕志. Mining words in the minds of second language learners for learner-specific word difficulty. Journal of Information Processing. 2018. 26. 267-275
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2002 サレジオ学院高等学校
  • 2009 - 2013 東京大学大学院 情報理工学系研究科 数理情報学専攻博士課程
学位 (3件):
  • 博士(情報理工学) (東京大学)
  • 修士(情報理工学) (東京大学)
  • 学士(工学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2012/04 - 2013/09 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2013/10 - 2014/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2014/04 - 2015/08 国立研究開発法人情報通信研究機構 研究員
  • 2015/09 - 2016/03 公立大学法人首都大学東京 特任助教
  • 2016/04 - 2018/05 特定国立研究開発法人産業技術総合研究所 研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/09 - 現在 言語処理学会 論文誌 編集委員
  • 2019/09 - 現在 情報処理学会 自然言語処理研究会 運営委員
受賞 (7件):
  • 2019/09 - 教育システム情報学会 第44会全国大会 大会奨励賞(4 / 79件) テキストカバー率の確率的拡張に基づく語彙テストのみからの個人化読解判定
  • 2019/08 - NLP若手の会 奨励賞(7 / 93件) 文脈を考慮した視覚的な語彙学習支援
  • 2017/06 - 日本データベース学会 論文賞 道路ネットワーク分析を用いた災害時における避難リスクの高い経路の可視化
  • 2015/09 - 情報処理学会マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2015)シンポジウム 優秀論文賞 クラウドソーシング翻訳のコストを削減する翻訳品質の事前予測モデル
  • 2015/09 - NLP若手の会 奨励賞 語彙能力と翻訳能力の関係
全件表示
所属学会 (7件):
ACM ,  ACL ,  教育システム情報学会 ,  言語処理学会 ,  人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  日本テスト学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る