研究者
J-GLOBAL ID:201801013584807469   更新日: 2020年06月05日

塩原 佳典

SHIOHARA Yoshinori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 教育学 ,  日本史
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 近世身分秩序の再編に近代学校教育が果たした役割に関する地域社会史的研究
  • 2016 - 2020 学校所蔵史料の総合的研究-近世から現代に至る学校と地域の関係史-
  • 2016 - 2019 近代移行期の地域医療環境に関する教育社会史的研究
  • 2013 - 2016 近世の地域社会におけるメディア的素養と教育
  • 2010 - 2012 近世の地域社会における知・情報の流通と伝達メディア
論文 (13件):
  • 塩原佳典. 藩地域における維新期学制改革の再検討:信州高島藩にみる教育と教化の諸相. 日本教育史学会紀要. 2020. 10. 19-40
  • 塩原 佳典. 松本藩(県)から筑摩県への移行期における病院・医学校政策の転回. 信濃 [第3次]. 2019. 71. 2. 85-106
  • 塩原 佳典. 道徳教育用教材の書き込み欄に関する基礎的考察 -学校・家庭・地域の「連携」に着目して-. 研究論叢. 2018. 90
  • 塩原 佳典. 一八七九年コレラ流行と公立病院 : 長野県松本地方の医療環境. 地方史研究. 2017. 67. 6. 19-39
  • 塩原 佳典. 明治前期における公立病院の興亡 : 長野県松本地方の医療環境をめぐる「公」の行方. 研究論叢. 2017. 89. 1-25
もっと見る
MISC (5件):
  • 宮坂朋幸, 塩原佳典. 『長野県諏訪市立高島小学校所蔵文書資料目録(明治期)』. 2020
  • 塩原佳典. 史料紹介「新築関係史料」(1876〜1879年)を読み直す. 『学校所蔵史料の総合的研究』(科学研究費助成事業成果報告書). 2020. 43-59
  • 塩原 佳典. 書評と紹介 齋藤智志著『近代日本の史蹟保存事業とアカデミズム』. 日本歴史. 2017. 825. 105-108
  • 塩原 佳典. 著者から書評者へ 拙著書評に対する若干の応答と展望. 日本教育史研究. 2015. 34. 189-194
  • 塩原 佳典. 「明治九年丙子 枝校巡回日記」を読む--明治初期の学校運営と地域の学事関係者の対応. 教育史フォーラム. 2011. 6. 57-66
書籍 (2件):
  • 就学告諭と近代教育の形成: 勧奨の論理と学校創設
    東京大学出版会 2016 ISBN:413056224X
  • 名望家と〈開化〉の時代: 地域秩序の再編と学校教育 (プリミエ・コレクション)
    京都大学学術出版会 2014 ISBN:4876984816
講演・口頭発表等 (2件):
  • 幕末維新期藩校改革の再検討ー信濃国高島藩における教化の諸相
    (近世史サマーセミナー 2019)
  • 幕末維新期における松本地方の医療環境:病院・医学校をめぐる「公」の行方
    (信濃史学会近世史セミナー 2018)
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 京都大学大学院 博士後期課程
  • 2008 - 2010 京都大学大学院 修士課程
  • 2003 - 2008 信州大学 人間情報学科
学位 (1件):
  • 博士 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2018/04 - 現在 畿央大学 教育学部 准教授
  • 2018/04 - 現在 京都外国語大学 外国語学部 非常勤講師
  • 2019/09 - 2020/03 関西学院大学 文学部 非常勤講師
  • 2016/04 - 2018/03 京都外国語大学 外国語学部 講師
  • 2015/04 - 2016/03 立命館大学 経済学部・文学部 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 五條市教育委員会 市史編纂委員
  • 2018/04 - 現在 国立歴史民俗博物館 共同研究員
受賞 (1件):
  • 2020/04 - 日本教育史学会 第30回石川謙賞
所属学会 (5件):
関西教育学会 ,  信濃史学会 ,  地方史研究協議会 ,  日本教育史研究会 ,  教育史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る