研究者
J-GLOBAL ID:201801013596717384   更新日: 2022年07月20日

牛木 淳人

ウシキ アツヒト | Ushiki Atsuhito
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (3件): 日和見感染症 ,  薬剤性間質性肺炎 ,  非結核性抗酸菌症
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 質量分析によるM.avium complexの同定および肺MAC症増悪因子の検討
  • 薬剤性間質性肺炎のスコアリングシステムによる診断基準の構築とバイオマーカーの同定
  • 日和見感染症の臨床研究
  • NTM患者への呼吸リハビリテーション
  • 薬剤性間質性肺炎の臨床背景の検討
論文 (59件):
  • 牛木 淳人. ニューモシスチス肺炎. 呼吸器内科 = Respiratory medicine / 呼吸器内科編集委員会 編. 2022. 41. 3. 256-261
  • Araki Taisuke, Uehara Naoya, Kamijo Hiroshi, Suzuki Yusuke, Komatsu Masamichi, Machida Ryosuke, Wada Yosuke, Ichiyama Takashi, Ushiki Atsuhito, Hanaoka Masayuki. Successful Rescue of Life-threatening Hemoptysis Caused by Pulmonary Tuberculosis Bridging with Extracorporeal Membrane Oxygenation: A Case Report. INTERNAL MEDICINE. 2022. advpub
  • Komatsu Masamichi, Yasuo Masanori, Wada Yosuke, Takata Munetake, Azuhata Hisanori, Ikuyama Yuichi, Akahane Jumpei, Sonehara Kei, Ushiki Atsuhito, Yamamoto Hiroshi, et al. Obstructive Pneumonia Associated with Endobronchial Aspergilloma: Successful Treatment with Interventional Bronchoscopy and Antifungals. INTERNAL MEDICINE. 2022. advpub
  • Goto, Norihiko, Wada, Yosuke, Ikuyama, Yuichi, Akahane, Jumpei, Kosaka, Makoto, Ushiki, Atsuhito, Kitaguchi, Yoshiaki, Yasuo, Masanori, Yamamoto, Hiroshi, Matsuo, Akemi, et al. The usefulness of a combination of age, body mass index, and blood urea nitrogen as prognostic factors in predicting oxygen requirements in patients with coronavirus disease 2019. JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY. 2021. 27. 12. 1706-1712
  • Akahane, Jumpei, Ushiki, Atsuhito, Kosaka, Makoto, Ikuyama, Yuichi, Matsuo, Akemi, Hachiya, Tsutomu, Yoshiike, Fumiaki, Koyama, Shigeru, Hanaoka, Masayuki. Blood urea nitrogen-to-serum albumin ratio and A-DROP are useful in assessing the severity of Pneumocystis pneumonia in patients without human immunodeficiency virus infection. JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY. 2021. 27. 5. 707-714
もっと見る
書籍 (1件):
  • 日本内科学会雑誌 98 11
    日本内科学会 2009
講演・口頭発表等 (3件):
  • P-453 gefitinib投与前後のEGFR遺伝子変異を検索しえた肺多形癌の1剖検例(分子標的治療4,第49回日本肺癌学会総会号)
    (肺癌 2008)
  • 1. 人工透析中にカルボプラチンとエトポシドの併用療法を施行した肺小細胞癌の1例(第85回肺癌学会中部支部会)
    (肺癌 2004)
  • 92) 重症心不全を呈する心サルコイドーシスに, 両室ペーシングを施行した一例(第189回日本循環器学会関東甲信越地方会)
    (Circulation journal : official journal of theJapanese Circulation Society 2004)
学位 (1件):
  • 博士 (信州大学(日本))
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症・アレルギー内科 講師
  • 2014/04 - 2015/03 信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症内科 講師
  • 2012/01 - 2014/03 信州大学医学部付属病院 呼吸器・感染症内科 助教
  • 2011/03 - 2011/12 信州大学医学部付属病院 呼吸器・感染症内科 助教(特定雇用)
  • 2010/04 - 2011/02 信州大学医学部附属病院呼吸器感染症内科 助教(診療)
所属学会 (11件):
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 ,  日本医療情報学会 ,  日本環境感染学会 ,  日本化学療法学会 ,  日本エイズ学会 ,  日本結核・日結核性抗酸菌症学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本感染症学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る