研究者
J-GLOBAL ID:201801013701270862   更新日: 2018年09月19日

晉 沂雄

ジン キウン | JIN Kiwoong
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東北大学  東北大学 原子炉廃止装置基盤研究センター 研究員
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/4b41695163f55e3351c5ff32037f74e4.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/4b41695163f55e3351c5ff32037f74e4.html
研究分野 (1件): 建築構造・材料
研究キーワード (1件): 建築構造・材料
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2018 途中定着されるアンボンドPC鋼材で圧着接合したプレストレストコンクリート架構の復元力特性評価法
  • 2014 - 2017 URM壁の面外転倒を含むRC造架構の耐震性能および耐震補強手法に関する実用化研究
  • 2010 - 2012 無補強組積造壁を有するRC造架構の破壊メカニズムと残存耐震性能に関する実験的研究
論文 (58件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • Failure Mechanism and Seismic Capacity of RC Frames with URM Wall Considering Beam Deformation
    (8th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia 2009)
  • Seismic Capacity Evaluation of RC Frame with URM Wall Focused on Diagonal Strut Mechanism
    (1st International Symposium on Earthquake Engineering 2012)
  • Failure mechanism and seismic capacity of RC frames with URM wall considering its diagonal strut
    (15th World Conference on Earthquake Engineering 2012)
  • Simplified Backbone Curve Estimation Method of Unreinforced Masonry Infill in RC Frame
    (2nd International Symposium on Earthquake Engineering 2013)
  • Seismic Performance of Precast Prestressed Concrete Frame Assembled by Unbonded Tendon with Cast-in-Place RC Slab
    (16th World Conference on Earthquake Engineering 2017)
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • 修士(工学) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 東北大学 大学院工学研究科・工学部 都市・建築学専攻 建築構造工学講座 講座共通 助教
委員歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 日本建築学会 アンボンドPC部材性能WG委員
  • 2016/10 - 現在 ニューテック研究会 機械式定着工法研究委員
受賞 (2件):
  • 2017/07 - 1. 日本コンクリート工学会 年次論文奨励賞(コンクリート工学年次大会)
  • 2012/12 - 日本地震工学会 Excellent Paper Award(The 1st International Symposium on Earthquake Engineering)
所属学会 (3件):
日本建築学会 ,  日本コンクリート工学会 ,  日本地震工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る