研究者
J-GLOBAL ID:201801013705466141   更新日: 2020年09月01日

武智 正樹

タケチ マサキ | Takechi Masaki
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.tmd.ac.jp/cmn/tenu/program/no6_takechi.html
研究分野 (1件): 発生生物学
研究キーワード (1件): 頭蓋顎顔面形成 形態形成 進化発生
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2020 頭蓋顎顔面先天異常の表現型を機械学習により定量化する試み
  • 2018 - 2020 Nager症候群における顎顔面形態異常の発生学的成因の解明
  • 2017 - 2019 iPS細胞の分化パターンによる頭蓋縫合早期癒合症の分類と病態メカニズム解明
  • 2014 - 2017 哺乳類下顎の形態進化の背景にある発生モジュールの解明
  • 2014 - 2016 哺乳類下顎の形態進化の背景にある発生モジュールの解明
全件表示
論文 (24件):
  • Takahiko Yamada, Masaki Takechi, Norisuke Yokoyama, Yuichi Hiraoka, Harumi Ishikubo, Takako Usami, Toshiko Furutera, Yuki Taga, Yoshikazu Hirate, Masami Kanai-Azuma, et al. Heterozygous mutation of the splicing factor Sf3b4 affects development of the axial skeleton and forebrain in mouse. Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists. 2020. 249. 5. 622-635
  • Mya, N, Furutera, T, Okuhara, S, Kume, T, Takechi, M, Iseki, S. Transcription factor Foxc1 is involved in anterior part of cranial base formation. Congenital Anomalies. 2018. 58. 5. 158-166
  • Charoenlarp, P, Rajendrana, AK, Fujihara, R, Kojima T, Nakahama K, Sasaki, Y, Akiyoshi K, Takechi M, Iseki S. The improvement of calvarial bone healing by durable nanogel-crosslinked materials. Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition. 2018
  • Toshiko Furutera, Masaki Takechi, Taro Kitazawa, Junko Takei, Takahiko Yamada, Tri Vu Hoang, Filippo M. Rijli, Hiroki Kurihara, Shigeru Kuratani, Sachiko Iseki. Differing contributions of the first and second pharyngeal arches to tympanic membrane formation in the mouse and chick. Development (Cambridge). 2017. 144. 18. 3315-3324
  • Masaki Takechi, Taro Kitazawa, Tatsuya Hirasawa, Tamami Hirai, Sachiko Iseki, Hiroki Kurihara, Shigeru Kuratani. Developmental mechanisms of the tympanic membrane in mammals and non-mammalian amniotes. Congenital Anomalies. 2016. 56. 1. 12-17
もっと見る
MISC (2件):
  • 武智正樹, 北沢太郎, 栗原裕基, 倉谷滋. 進化発生学から探る哺乳類の中耳の進化. 生体の科学. 2015. 66. 3. 234-239
  • 武智正樹, 倉谷滋. 中耳の形態から見た哺乳類の進化. 生物の科学 遺伝. 2007. 61. 6. 8-9
書籍 (2件):
  • 生き物と音の事典
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254171679
  • 進化学事典
    共立出版株式会社 2012 ISBN:9784320057777
講演・口頭発表等 (37件):
  • 分泌因子と転写調節因子が織りなす顎口腔領域の形態形成メカニズム
    (第125回日本解剖学会総会・全国学術集会(シンポジウム講演:誌上開催) 2020)
  • ポリロタキサンによる骨芽細胞分化の制御の応用
    (第41回日本バイオマテリアル学会 2019)
  • Evolutionary developmental biology (Evo-Devo) of the middle ear in amniotes
    (第6回生物音響学会年次研究発表会(シンポジウム講演) 2019)
  • Dlx5-augmentation in neural crest cells induces ectopic calvarial cartilages
    (第59回日本先天異常学会学術集会 2019)
  • Similarities and differences of tympanic membrane development in mammals and diapsids.
    (International Congress of Vertebrate Morpology 12 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 北海道大学 生物科学科
  • 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(生命科学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2019/01/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 助教
  • 2018/04/01 - 2018/12/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 助教
  • 2014/01/01 - 2018/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 顎顔面頸部機能再建学講座 分子発生学 助教
  • 2011/04/01 - 2013/12/31 岩手医科大学 解剖学講座 助教
  • 2006/10/01 - 2011/03/31 理化学研究所 形態進化研究グループ 研究員
委員歴 (2件):
  • 2020/01 - 現在 日本先天異常学会 評議員
  • 2012/11 - 2014/03 日本動物学会 東北支部 広報幹事
受賞 (5件):
  • 2020/03 - 東京医科歯科大学 歯学部優秀教員賞
  • 2018/04 - 日本先天異常学会 奨励賞
  • 2016/07 - 日本先天異常学会 ポスター賞 鼓膜の発生メカニズムとその進化的考察
  • 2015/07 - 日本先天異常学会 ポスター賞 なぜ哺乳類のみが3つの耳小骨をもつのか?
  • 2013/03 - 日本解剖学会 献体学術賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る