研究者
J-GLOBAL ID:201801013726250696   更新日: 2022年07月28日

田中 都

タナカ ミヤコ | Tanaka Miyako
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 代謝、内分泌学
研究キーワード (4件): マクロファージ ,  炎症 ,  メタボリックシンドローム ,  肥満
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2019 - 現在 中空糸融合型人工膵臓デバイスによる新たな糖尿病治療戦略の開発
  • 2019 - 現在 細胞死センサーMincle が認識する内因性脂質リガンドの探索と急性腎障害における意義の解明
  • 2018 - 現在 腎障害の慢性化を誘導する微小環境の分子機構の解明
  • 2017 - 現在 フェニルボロン酸ゲルを応用した自律的インスリンデバイスの開発研究
  • 2017 - 現在 脂肪組織リモデリングによるリバウンドの新たな分子機構の解明
全件表示
論文 (46件):
  • Rumi Hachiya, Miyako Tanaka, Michiko Itoh, Takayoshi Suganami. Molecular mechanism of crosstalk between immune and metabolic systems in metabolic syndrome. Inflammation and regeneration. 2022. 42. 1. 13-13
  • Siyuan Chen, Takuya Miyazaki, Michiko Itoh, Hiroko Matsumoto, Yuki Moro-oka, Miyako Tanaka, Yuji Miyahara, Takayoshi Suganami, Akira Matsumoto. A Porous Reservoir-Backed Boronate Gel Microneedle for Efficient Skin Penetration and Sustained Glucose-Responsive Insulin Delivery. Gels. 2022. 8. 2. 74-74
  • Naoki Yoshioka, Miyako Tanaka, Kozue Ochi, Akiko Watanabe, Kenji Ono, Makoto Sawada, Tomoo Ogi, Michiko Itoh, Ayaka Ito, Yukihiro Shiraki, et al. The sodium-glucose cotransporter-2 inhibitor Tofogliflozin prevents the progression of nonalcoholic steatohepatitis-associated liver tumors in a novel murine model. Biomedicine & pharmacotherapy = Biomedecine & pharmacotherapie. 2021. 140. 111738-111738
  • Azusa Kobayashi, Ayaka Ito, Ibuki Shirakawa, Atsushi Tamura, Susumu Tomono, Hideo Shindou, Per Niklas Hedde, Miyako Tanaka, Naotake Tsuboi, Takuji Ishimoto, et al. Dietary Supplementation With Eicosapentaenoic Acid Inhibits Plasma Cell Differentiation and Attenuates Lupus Autoimmunity. Frontiers in Immunology. 2021. 12
  • Kento Kurita, Hiroya Ohta, Ibuki Shirakawa, Miyako Tanaka, Yasuyuki Kitaura, Yorihiro Iwasaki, Takashi Matsuzaka, Hitoshi Shimano, Seiichiro Aoe, Hiroshi Arima, et al. Macrophages rely on extracellular serine to suppress aberrant cytokine production. Scientific reports. 2021. 11. 1. 11137-11137
もっと見る
MISC (45件):
書籍 (4件):
  • Innovative Medicine: Pathogenesis of Non-alcoholic Steatohepatitis and Its Potential Therapeutic Strategies
    シュプリンガー・ジャパン 2015
  • 糖尿病・肥満/感染症-疾患モデルの作成と利用 「ob/obマウス」
    (株)エル・アイ・シー 2012
  • 肥満と脂肪エネルギー代謝 メタボリックシンドロームへの戦略 「脂肪組織リモデリングの分子機構と医学応用」
    (株)建帛社 2008
  • カラー版 糖尿病学 基礎と臨床 「レプチンシグナル」
    (株)西村書店 2007
講演・口頭発表等 (45件):
  • C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered sustained inflammation
    (第97回日本生理学会大会 2020)
  • C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered sustained inflammation after acute kidney injury in mice
    (2020 Keystone Symposia for the meeting on Fibrosis and Tissue Repair: From Molecules and Mechanics to Therapeutic Approaches 2020)
  • C-type lectin Mincle mediates cell death-triggered sustained inflammation after acute kidney injury in mice
    (2020 Keystone Symposia for the meeting on Fibrosis and Tissue Repair 2020)
  • 新規死細胞センサー Mincleを介するマクロファージ・死細胞ネットワークと炎症遷延化機構
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • 細胞間クロストーク・臓器間ネットワークに着目した肥満・糖尿病の病態解明
    (第92回日本内分泌学会学術総会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2009 東京医科歯科大学
  • 1993 - 1997 京都大学 農芸化学科
学位 (1件):
  • 医学 (東京医科歯科大学)
経歴 (6件):
  • 2020/01 - 現在 名古屋大学 環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 講師
  • 2015/07 - 2019/12 名古屋大学 環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 助教
  • 2014/04 - 2015/06 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 特任助教
  • 2012/04 - 2014/03 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 メディカルフェロー
  • 2011/04 - 2012/03 東京医科歯科大学 難治疾患研究所 寄附研究部門 寄附研究部門教員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2019/05/09 - 一般社団法人 日本内分泌学会 第39回 研究奨励賞 細胞間クロストーク・臓器間ネットワークに着目した肥満・糖尿病の病態解明
  • 2019/05 - 一般財団法人 日本内分泌学会 第39回 研究奨励賞
  • 2014/04/26 - 一般財団法人 日本内分泌学会 第15回 若手研究奨励賞
  • 2014/04 - 一般財団法人 日本内分泌学会 第15回若手研究奨励賞
  • 2013/02/22 - 日本糖尿病・肥満動物学会 第6回 若手研究奨励賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る