研究者
J-GLOBAL ID:201801013735536926   更新日: 2020年09月01日

稲田 俊一郎

イナダ シュンイチロウ | Inada Shunichiro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究キーワード (4件): 連体修飾節 ,  制限的関係節 ,  統語論 ,  理論言語学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2017 日本語における再帰性-関係節・場所句の統語分析と獲得
論文 (15件):
  • Acquisition of Recursive Possessives and Locatives within DPs in Japanese. Proceedings of the 41st annual Boston University Conference on Language Development. 2017. 626-636
  • 稲田 俊一郎. A Unified Analysis for Restrictive Relative Structures at the Syntax-Semantics Interface. University of Tokyo. 2016
  • 稲田 俊一郎. On Multi-dominance in Restrictive Relative Structures. Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics. 2016. 31. 15-37
  • On the Acquisition of Recursive Locative PPs. Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics. 2015. 30
  • 稲田 俊一郎. Notes on a Hidden Pronoun Analysis of Circumvention Effects under Sluicing,. Linguistic Research: Working Papers in English Linguistics. 2014. 29. 123-131
もっと見る
書籍 (2件):
  • 外国語の非-常識-ことばの真実と謎を追い求めて
    英宝社 2018
  • ことばとこころの探求
    開拓社 2012
講演・口頭発表等 (13件):
  • 関係節の再構築と関係節内の再構築-階層的名詞句構造内での主要部共有分析
    (目白大学ことばの構造と脳科学研究会 2018)
  • Acquisition of Recursive Possessives and Locatives within DPs in Japanese
    (The 41st Annual Boston University Conference on Language Development 2016)
  • Relative Clauses in Child Language
    (4th Bucharest Colloquium of Language Acquisition 2016)
  • 「構造の再帰性」に関する構文横断的獲得研究-子どもの日本語における所有句・場所句・関係節の再帰性
    (日本言語学会第146回大会 2015)
  • Multiple No's in Japanese: Is Recursion Difficult for Children?
    (Workshop on Cross-linguistic Approaches to Recursive Self-embedding Acquisition 2014)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2016 東京大学大学院 欧米系文化研究専攻英語英米文学専門分野 博士号取得
  • 2007 - 2013 東京大学大学院 欧米系文化研究専攻英語英米文学専門分野 博士課程単位取得満期退学
  • 2004 - 2007 東京大学大学院 欧米系文化研究専攻英語英米文学専門分野 修士課程
  • - 2002 九州大学 人間科学科言語学・応用言語学専攻
経歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 明治薬科大学 英語・言語学研究室 講師
  • 2013/04 - 2015/03 東京大学大学院 人文社会系研究科英語英米文学専門分野 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る