研究者
J-GLOBAL ID:201801013814561480   更新日: 2021年04月27日

兵藤 文紀

Hyodo Fuminori
所属機関・部署:
職名: 特任准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (3件): 放射線科学 ,  医用システム ,  薬系分析、物理化学
研究キーワード (10件): DNP ,  生体分析 ,  MRI ,  分子イメージング ,  放射線生物 ,  電子スピン共鳴 ,  超偏極 ,  代謝イメージング ,  フリーラジカル ,  レドックス
競争的資金等の研究課題 (25件):
  • 2020 - 2030 量子生命技術の創製と医学・生命科学の革新
  • 2020 - 2024 臨床応用を目的とする酸素・代謝を指標とする新たな分子画像診断技術の国際共同開発
  • 2020 - 2023 代謝標的放射線治療を目指した分子イメージング法の確立
  • 2020 - 2023 膵癌に対する過酸化水素局注による放射線増感作用の検討:新規治療法の確立を目指して
  • 2020 - 2023 超偏極13C-MRIによる腫瘍内でのLDH阻害剤作用の可視化と大腸癌治療への応用
全件表示
論文 (103件):
  • Hinako Eto, Tatuya Naganuma, Motonao Nakao, Masaharu Murata, Abdelazim Elsayed ELHELALY, Yoshifumi Noda, Hiroki Kato, Masayuki Matsuo, Tomohiko Akahoshi, Makoto Hashizume, et al. Development of 20 cm sample bore size dynamic nuclear polarization (DNP)-MRI at 16 mT and redox metabolic imaging of acute hepatitis rat model. Free Radical Biology and Medicine in press. 2021
  • Yoshifumi Noda, Fumihiko Nakamura, Nobuyuki Kawai, Ryosuke Suzuki, Toshiharu Miyoshi, Takuma Ishihara, Fuminori Hyodo, Avinash R. Kambadakone, Masayuki Matsuo. Optimized Bolus Threshold for Dual-Energy CT Angiography with Monoenergetic Images: A Randomized Clinical Trial. Radiology in press. 2021
  • Fuminori Hyodo*, Hinako Eto, Tatsuya Naganuma, Norikazu Koyasu, Abdelazim Elsayed Elhelaly, Yoshifumi Noda, Hiroki Kato, Masaharu Murata, Akahoshi Tomohiko, Makoto Hashizume, et al. In vivo dynamic nuclear polarization MRI for the evaluation of redox-related diseases and theranostics (Review). Antioxidants & Redox Signaling in press. 2021
  • Yoshifumi Noda, Nobuyuki Kawai, Takuma Ishihara, Yoshiki Tsuboi, Tetsuro Kaga, Toshiharu Miyoshi, Fumirnoi hyodo, Masayuki Matsuo. Optimized scan delay for late hepatic arterial or pancreatic parenchymal phase in dynamic contrast-enhanced computed tomography with bolus-tracking method. The British Journal of Radiology in press. 2021
  • Go Kagiya, Ayaka Sato, Ryohei Ogawa, Masanori Hatashita, Mana Kato, Makoto Kubo, Fumiaki Kojima, Fumitaka Kawakami, Yukari Nishimura, Naoya Abe, et al. Real-time visualization of intratumoral necrosis using split-luciferase reconstitution by protein trans-splicing. Molecular Therapy - Oncolytics. 2021. in press
もっと見る
MISC (118件):
もっと見る
特許 (45件):
学位 (1件):
  • 博士(薬学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 岐阜大学 医学系研究科 放射線医学分野 先端画像開発講座 特任准教授
  • 2009/04 - 2017/03 九州大学 先端融合医療レドックスナビ研究拠点 准教授・グループ長
  • 2008/01 - 2009/03 九州大学先 端融合医療レドックスナビ研究拠点 特任助教
  • 2004/12 - 2007/12 米国国立癌研究所(NCI/NIH) 放射線生物学 Postdoctral Fellow
受賞 (11件):
  • 2021/03 - 岐阜医学奨励賞
  • 2020/09 - 岐阜大学 大学院医学系研究科 藤原賞
  • 2015/05 - International Congress of Radiation Research(ICRR2015) Travel/Excellent Poster Award
  • 2010/11 - アジア酸化ストレス学会(SFRR Asia) Young Investigator Award
  • 2010/10 - 電子スピンサイエンス学会 奨励賞
全件表示
所属学会 (6件):
国際癌治療増感研究会 ,  日本分析化学会 ,  日本酸化ストレス学会 ,  日本放射線腫瘍学会 ,  電子スピンサイエンス学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る