研究者
J-GLOBAL ID:201801013833638095   更新日: 2021年06月09日

矢崎 慶太郎

ヤザキ ケイタロウ | Keitaro Yazaki
所属機関・部署:
職名: 兼任講師
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (3件): ソーシャル・キャピタル ,  幸福 ,  芸術社会学
論文 (9件):
  • 矢崎 慶太郎. 社会システム理論における社会的包摂:盲点の観察としての学問と芸術. ソーシャル・ウェルビーイング研究論集. 2019. 5. 47-65
  • 矢崎 慶太郎. Sympathy or Tolerance? A Comparison of the Effects of Trusting Most People and Trusting Strangers in Asian Societies. The Senshu Social Well-being Review. 2018. 5. 21-36
  • 矢崎 慶太郎. 信頼 : 社会学の基礎前提とソーシャル・ウェルビーイング調査結果の検討. ソーシャル・ウェルビーイング研究論集. 2017. 3. 9-31
  • 矢崎 慶太郎. Basic Descriptive Statistics of Japan Social Well-being Survey. The Senshu Social Well-being Review. 2016. 2. 99-109
  • 矢崎 慶太郎. ウェルビーイングの一指標としての芸術. ソーシャル・ウェルビーイング研究論集. 2015. 1. 51-61
もっと見る
書籍 (1件):
  • 抑圧と余暇のはざまで:芸術社会学の視座と後期東ドイツ文学
    専修大学出版局 2016
講演・口頭発表等 (15件):
  • Leisure and Diversity:The Effect of Spare Time on Subjective Acceptance of Strangers
    (The 6th conference of international consortium for Social Well-Being Studies 2019)
  • 観察プロセスとしての多様性受容:社会的包摂のシステム理論的アプローチ
    (第67回関東社会学会大会 2019)
  • Stranger and Inclusion in System Theory: A System Theoretic Interpretation of Results from Social Well-being Survey
    (5th Conference of International Consortium for Social Well-Being Studies 2018)
  • Sympathy or Tolerance?: Comparison of the Effect of Generalized Trust on Well-Being in Asian Countries
    (The 4th Conference of International Consortium for Social Well-being Studies, Seoul South Korea 2018)
  • How social diversity affects individual well-being?: Conflicting effects of social curiosity and community activity
    (16th ISQOLS Annual Conference 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (専修大学)
経歴 (6件):
  • 2020/09 - 現在 台南應用科技大學 美術学科 専案助理教授
  • 2017/04 - 2021/03 関東学院大学 社会学部 兼任講師
  • 2018/04 - 2020/09 東洋英和女学院大学 国際社会学部 非常勤講師
  • 2018/04 - 2020/09 専修大学 人間科学部 兼任講師
  • 2015/05 - 2019/03 専修大学 社会知性開発センター/ソーシャル・ウェルビーイング研究センター ポスト・ドクター
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る