研究者
J-GLOBAL ID:201801013838369750   更新日: 2021年08月11日

青木 恭子

アオキ キョウコ | Aoki Kyoko
所属機関・部署:
職名: 講師
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 高年齢不妊カップルのための初診から治療終結に至る意思決定支援ガイドの作成
  • 2017 - 2021 高年初産婦とその夫に対する出産前教育プログラムの開発と検証
  • 2017 - 2020 超高齢妊婦の妊娠初期から育児期における多職種連携システムの構築
  • 2014 - 2018 高度生殖医療を受けた妊婦の母親役割獲得を促す看護介入プログラムの改良
  • 2014 - 2017 高年初産婦に特化した子育て支援ガイドラインの評価研究
論文 (22件):
  • 青木 恭子, 森 恵美, 坂上 明子, 前原 邦江, 岩田 裕子. 「高年初産婦に特化した産後1ヵ月までの子育て支援ガイドライン」の現場適用における困難と対処. 日本母性看護学会誌. 2019. 19. 1. 47-55
  • Hiroko Iwata, Emi Mori, Akiko Sakajo, Kyoko Aoki, Kunie Maehara, Koji Tamakoshi. Course of maternal fatigue and its associated factors during the first 6 months postpartum: a prospective cohort study. Nursing open. 2018. 5. 2. 186-196
  • 岩田 裕子, 森 恵美, 坂上 明子, 前原 邦江, 森田 亜希子, 青木 恭子, 玉腰 浩司. 褥婦が有する身体症状の産後6ヵ月間の推移. 母性衛生. 2018. 58. 4. 567-574
  • 前原 邦江, 森 恵美, 岩田 裕子, 坂上 明子, 小澤 治美, 青木 恭子. 初産婦の産後6ヵ月間における子どもの特徴に関するストレスの関連要因 不妊治療の影響に着目して. 日本生殖看護学会誌. 2017. 14. 1. 5-12
  • 前原 邦江, 坂上 明子, 岩田 裕子, 三國 和美, 青木 恭子, 森 恵美. 生殖補助医療を受けた妊婦の母親役割獲得を促す看護介入プログラムにおける実践上の困難と工夫. 日本生殖看護学会誌. 2017. 14. 1. 41-49
もっと見る
MISC (15件):
  • 前田 優海, 坂上 明子, 青木 恭子. 育児期の夫婦の協働に向けた妊婦の準備行動. 北海道母性衛生学会誌. 2018. 47. 19-24
  • Hiroko Iwata, Emi Mori, Kunie Maehara, Akiko Sakajo, Kyoko Aoki, Koji Tamakoshi. Shoulder stiffness, back pain, and wrist pain: Are older primiparas more vulnerable?. International journal of nursing practice. 2018. 24 Suppl 1. e12654
  • 森 恵美, 坂上 明子, 岩田 裕子, 青木 恭子, 前原 邦江. 高年初産婦に特化した産後1ヵ月までの子育て支援ガイドラインの評価 ケアの有用性から. 母性衛生. 2017. 58. 3. 297-297
  • 森 恵美, 前原 邦江, 岩田 裕子, 青木 恭子, 坂上 明子. 高年初産婦に特化した産後1ヵ月までの子育て支援ガイドラインの評価 夫からのサポート活用に向けたケア. 母性衛生. 2017. 58. 3. 297-297
  • Kunie Maehara, Emi Mori, Hiroko Iwata, Akiko Sakajo, Kyoko Aoki, Akiko Morita. Postpartum maternal function and parenting stress: Comparison by feeding methods. International journal of nursing practice. 2017. 23 Suppl 1
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 育児期の夫婦の協働に向けた妊婦の準備行動
    (北海道母性衛生学会誌 2018)
  • 高年初産婦に特化した産後1ヵ月までの子育て支援ガイドラインの評価 夫からのサポート活用に向けたケア
    (母性衛生 2017)
  • 高年初産婦に特化した産後1ヵ月までの子育て支援ガイドラインの評価 ケアの有用性から
    (母性衛生 2017)
  • 不妊治療を受けた妊婦の母親役割獲得を促す看護介入に関する文献研究
    (母性衛生 2016)
  • 産後6ヵ月間における身体症状の推移
    (母性衛生 2016)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る