研究者
J-GLOBAL ID:201801013961123286   更新日: 2021年06月14日

奥津 賢一

オクツ ケンイチ | Okutsu Kenichi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 基礎物理化学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2023 荷電粒子の捕集・輸送装置の開発
  • 2017 - 2019 質量選択画像観測法による高層大気成分分子クラスターの光吸収-解離反応機構の解明
  • 2016 - 2016 Development of a photofagment ion imaging apparatus using a linear-type tandem reflectron: Photodissociation of Mg+Ar and Ca+Ar in ultravionlet region
  • 2015 - 2015 Photodisociation dynamices of mass-selected cluster ions studied b a linear-type tandem reflectron with an imaging detector.
  • 2014 - 2014 自然科学系短期共同研究留学生派遣プログラム
論文 (17件):
  • T. Yamashita, K. Okutsu, Y. Kino, R. Nakashima, K. Miyashita, K. Yasuda, S. Okada, M. Sato, T. Oka, N. Kawamura, et al. Time evolution calculation of muon catalyzed fusion: emission of recycling muons from a two-layer hydrogen. Fusion Engineering and Design. 2021. 169. 112580
  • K. Okutsu, T. Yamashita, Y. Kino, R. Nakashima, K. Miyashita, K. Yasuda, S. Okada, M. Sato, T. Oka, N. Kawamura, et al. Design for detecting recycling muon after muon catalyzed fusion reaction in solid hydrogen isotope target. Fusion Engineering and Design. 2021
  • T. Okumura, T. Azuma, D. A. Bennett, P. Caradonna, H. I. Chiu, W. B. Doriese, M. S. Durkin, J. W. Fowler, J. D. Gard, T. Hashimoto, et al. Dynamical Response of Transition-Edge Sensor Microcalorimeters to a Pulsed Charged-Particle Beam. IEEE Transaction on Applied Superconductivity. 2021
  • T. Okumura, T. Azuma, D. A. Bennett, P. Caradonna, I. Chiu, W. B. Doriese, M. S. Durkin, J. W, Fowler, J. D. Gard, et al. De-excitation dynamics of muonic atoms revealed by high precision spectroscopy of electronic K x rays. Physical Review Letters. 2021
  • Kenichi Okutsu, Naoaki Saito, Hideki Ohmura. Investigation of Dissociative Photoionization Pathways for Orientation-selected Molecules by Phase-Controlled Laser Fields. AIP Advances. 2021. 11. 1. 015246
もっと見る
MISC (5件):
  • T. Takahashi, T. Azuma, K. Ninomiya, D.A. Bennett, P. Caradonna, I. Chiu, W. B. Doriese, M. S. Durkin, J. W. Fowler, T. Hashimoto, et al. New development of negative muon experiments using the latest detector technology for space X-ray and γ-ray observations. From Atomic/Molecular physics to non-destructive analysis. KEK-MSL Progress Report. 2020. 2020-4. 27-28
  • 前田 憲哲, 菅野 学, 花崎 浩太, 中島 祐司, 伊藤 悠吏, 奥津 賢一, 中野 元善, 大下 慶次郎, 美齊津 文典, 河野 裕彦. 非断熱分子動力学法の分子会合体への適用: CO2二量体カチオンの光解離反応シミュレーション. 東北大学サイバーサイエンスセンター 大規模科学計算システム広報 SENAC. 2020. 53. 2. 1-9
  • 大下慶次朗, 岸本直樹, 中野元善, 永田利明, 奥津賢一, ジェナウ, アブドゥルラティフ, 中島祐司, 岩崎航, 矢部謙太, et al. クラスターイオンの幾何構造、反応性および衝突断面積の計算. 計算科学研究センターレポート. 2019. 19. 243-244
  • 奥津 賢一. 質量選別されたイオンからの光解離生成物を対象にした画像観測装置の開発. 分光研究. 2018. 67. 4. 163-166
  • 大下慶次朗, 岸本直樹, 森山遼一, 奥津賢一, 小向達也, 高橋亨, 東将平. クラスターイオンの幾何構造、反応性および移動度計算. 計算科学研究センターレポート. 2016. 16. 235-236
特許 (1件):
  • 荷電粒子輸送装置
講演・口頭発表等 (32件):
  • 高強度パルスミュオンによるミュオン触媒核融合反応素過程の研究
    (第38回 無機・分析化学コロキウム 2021)
  • Direct measurement of muon catalyzed nuclear fusion in thin deuterium film
    (36th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics 2021)
  • ミュオン触媒核融合反応素過程の解明に向けたミュオン検出系の開発
    (日本化学会第101春季年会(2021) 2021)
  • Detection of recycling muon after muon-catalyzed fusion reaction in solid hydrogen isotope target
    (3rd Asia Pacific Symposium on Tritium Science (APSOT-3) 2020)
  • ミュオン分子内核反応後に放出されたミュオンの測定I:ミュオン特性X線による検出法の開発
    (日本物理学会2020年秋季大会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2018 東北大学大学院 化学専攻 博士課程後期
  • 2013 - 2015 東北大学大学院 化学専攻 博士課程前期
  • 2009 - 2013 東北大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (4件):
  • 2019/06 - 現在 東北大学大学院 理学研究科 化学専攻 放射化学研究室 助教
  • 2019/04 - 2019/05 産業技術総合研究所 電子光技術研究部門 産総研特別研究員
  • 2018/04 - 2019/03 日本学術振興会 受入機関:東北大学 特別研究員(PD)
  • 2017/04 - 2018/03 日本学術振興会 受入機関:東北大学 特別研究員(DC2)
委員歴 (2件):
  • 2016/10 - 2017/02 東北大学 理学・生命科学2研究科合同シンポジウム2017 学生企画委員長
  • 2015/04 - 2015/08 第8回東北大学化学系サマースクール(2015) 実行委員
受賞 (7件):
  • 2018/03 - 東北大学大学院理学研究科化学専攻 化学専攻賞
  • 2018/03 - 東北大学大学院理学研究科青葉理学振興会 青葉理学振興会賞
  • 2017/01 - J. Chem. Phys.誌Featured ArticleおよびFront Coverに採択
  • 2016/03 - 日本化学会 日本化学会第96春季年会 学生講演賞
  • 2015/06 - 31st Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics Best Poster Prize
全件表示
所属学会 (5件):
日本物理学会 ,  日本放射化学会 ,  日本分光学会 ,  分子科学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る