研究者
J-GLOBAL ID:201801013969416460   更新日: 2020年03月01日

山本 敏子

TOSHIKO YAMAMOTO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
論文 (15件):
  • 山本敏子;岡田黎子. 平和で安全な社会の実現と教育実践-学徒動員体験者・岡田黎子氏の語り記録と学級通信から考える-付・岡田黎子「私の戦争体験と平和への思い」. 駒澤大学教育学研究論集. 2020. 36. 97-153
  • 鮓本虎夫と幸崎町能地の「家船」調査-広島県三原市立中央図書館所蔵「鮓本刀良意関係文書」紹介. 駒澤大学教育学研究論集. 2019. 35. 79-107
  • 海に生きた人びとの子育ての習俗と成年式(上)-民俗社会における「しつけ」考-. 駒澤大学教育学研究論集. 2017. 33. 81-110
  • 「家船」の研究史. 駒澤大学教育学研究論集. 2016. 32. 107-135
  • 明治期の学校管理法と「しつけ」の変遷(下)-イギリス近代学校の“discipline”の受容-. 駒澤大学教育学研究論集. 2015. 31. 39-81
もっと見る
書籍 (5件):
  • 子どもと教育 : 近代家族というアリーナ
    日本経済評論社 2018 ISBN:9784818825154
  • 戦時下学問の統制と動員-日本諸学振興委員会の研究-
    東京大学出版会 2011
  • 「育つ・学ぶ」の社会史-「自叙伝」から-
    藤原書店 2008
  • 東京都教育史 通史編三
    東京都立教育研究所 1996
  • 近代日本における知の配分と国民統合
    第一法規 1993
講演・口頭発表等 (1件):
  • 「水上生活者」の家族と子どもの教育-1910~30年代の東京の河川・運河を舞台に
    (2017年比較家族史学会春季研究大会シンポジウム「子どもと教育」 2017)
Works (8件):
  • 「家船」の本拠地・能地における子どもと家族の生活誌-昭和を生きたある老漁師(「家船」生活体験者)のライフヒストリーを中心に- 記録編:能地のひとが語る能地の歴史と文化
    2019 -
  • 書評 奥村典子『動員される母親たち-戦時下における家庭教育振興政策』
    2016 -
  • 書評 志村聡子著『一九三〇年代日本における家庭教育振興の思想-「教育する母親」を問題化した人々』
    2014 -
  • 《日本人、育てのなかのしつけ論》文献シリーズ
    石川松太郎, 藤枝充子と共同 2006 -
  • 食卓風景に見る近代の家族
    2000 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1987 - 1995 東京大学大学院 教育学(教育史)専攻
  • 1976 - 1980 お茶の水女子大学 児童学科
経歴 (1件):
  • 2011/04/01 - 2017/03/31 駒澤大学 総合教育研究部 教職課程部門 准教授
所属学会 (4件):
日本教育学会 ,  教育史学会 ,  日本教育史研究会 ,  日本環境教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る