研究者
J-GLOBAL ID:201801013983231708   更新日: 2022年07月02日

菅澤 威仁

sugasawa takehito
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www.takekoshi-rna-seq.com/
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  ゲノム生物学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2023 血糖値の変動に応じた機能的インスリン分泌を可能とするAAVベクターの構築と1型糖尿病モデルに対する治療効果の検討-1型糖尿病の根治を目指して-
  • 2019 - 2023 クライオセラピーにおける分子メカニズムの探索
  • 2021 - 2023 ペット産業関連企業との共同研究
  • 2020 - 2022 リキッドバイオプシーを用いた非侵襲的な遺伝子ドーピングの革新的な検出法開発
  • 2021 - 2022 AAVベクターを用いたヒトエリスロポエチン(hEPO)遺伝子ドーピングモデルの構築と、次世代シーケンサーを兼用した検査法の開発
全件表示
論文 (67件):
  • Takehito Sugasawa, Ritsuko Komine, Lev Manevich, Shinsuke Tamai, Kazuhiro Takekoshi, Yasuharu Kanki. Gene Expression Profile Provides Novel Insights of Fasting-Refeeding Response in Zebrafish Skeletal Muscle. Nutrients. 2022. 14. 11. 2239
  • Ritsuko Komine, Takehito Sugasawa, Lev Manevich, Shinsuke Tamai, Kazuhiro Takekoshi, Yasuharu Kanki. Gene Expression Profile Provides Novel Insights of Fasting-Refeeding Response in Zebrafish Skeletal Muscle. Preprints. 2022
  • Lev Manevich, Yukari Okita, Yasuhito Okano, Takehito Sugasawa, Kunio Kawanishi, Thanasis Poullikkas, Linda T. L. Dang Cao, Ling Zheng, Masahiro Nakayama, Shin Matsumoto, et al. Glycoprotein NMB promotes tumor formation and malignant progression of laryngeal squamous cell carcinoma. Cancer Science. 2022
  • Yuji Sasaki, Yoshiki Higashijima, Jun-Ichi Suehiro, Takehito Sugasawa, Eri Oguri-Nakamura, Shigetomo Fukuhara, Nao Nagai, Yosuke Hirakawa, Youichiro Wada, Masaomi Nangaku, et al. Lysine demethylase 2B regulates angiogenesis via Jumonji C dependent suppression of angiogenic transcription factors. 2022. 605. 16-23
  • Shinsuke Tamai, Shin-ichiro Fujita, Ritsuko Komine, Yasuharu Kanki, Kai Aoki, Koichi Watanabe, Kazuhiro Takekoshi, Takehito Sugasawa. Acute cold stress induces transient MuRF1 upregulation in the skeletal muscle of zebrafish. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2022
もっと見る
MISC (7件):
書籍 (1件):
  • クライオセラピーの正しい方法と効果を知る
    コーチングクリニック, ベースボール・マガジン社 2018
講演・口頭発表等 (6件):
  • 協会委託事業マッサージ療法のエビデンス研究
    (全国病院理学療法協会 第66回日本理学療法学会 指定演題 2017)
  • 異なる温度の冷却刺激がミトコンドリア機能および抗酸化能に及ぼす影響
    (筑波大学数理物質系 物質工学域 バイオマテリアルズミニシンポジウム 2016)
  • マッサージが生体に及ぼす影響-科学的根拠に基づいて-
    (全国病院理学療法協会東京都支部研修会 2014)
  • 細胞レベルでみた理学療法のメカニズムと科学的根拠
    (全国病院理学療法協会埼玉県支部 50周年記念式典 特別講演 2014)
  • 柔道整復学研究における生化学的解析
    (柔道整復基礎医科学シンポジウム 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (スポーツ医学) (筑波大学)
委員歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 理事 (学術担当)
  • 2017/04 - 2020/03 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 学術局長
  • 2009/04 - 2010/03 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 常任理事
受賞 (2件):
  • 2018/05 - 全国病院理学療法協会 功績賞
  • 2013/05 - 全国病院理学療法協会 功労賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る