研究者
J-GLOBAL ID:201801013983231708   更新日: 2020年08月21日

菅澤 威仁

sugasawa takehito
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 栄養学、健康科学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  ゲノム生物学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2023 クライオセラピーにおける分子メカニズムの探索
  • 2020 - 2022 リキッドバイオプシーを用いた非侵襲的な遺伝子ドーピングの革新的な検出法開発
  • 2019 - 2020 大手検査会社からの受託研究
  • 2018 - 2019 複合性局所疼通症候群1(CRPS1)モデルに対するクライオセラピーの効果 -オミックス解析を用いた検証-
  • 2017 - 2018 協会委託事業マッサージ療法のエビデンス研究
論文 (38件):
  • Takehito Sugasawa, Kai Aoki, Kouki Yanazawa, Kazuhiro Takekoshi. Detection of Multiple Transgene Fragments in a Mouse Model of Gene Doping Based on Plasmid Vector Using TaqMan-qPCR Assay. Genes. 2020. 11. 7. 750-750
  • Takehito Sugasawa, Yoshiya Tome, Yoshinori Takeuchi, Yasuko Yoshida, Naoya Yahagi, Rahul Sharma, Yuichi Aita, Haruna Ueda, Reina Maruyama, Kaoru Takeuchi, et al. Influence of Intermittent Cold Stimulations on CREB and Its Targeting Genes in Muscle: Investigations into Molecular Mechanisms of Local Cryotherapy. Int. J. Mol. Sci. 2020, 21(13), 4588; https://doi.org/10.3390/ijms21134588 (registering DOI). 2020
  • Takeito Sugasawa , Kai Aoki , Koki Yanazawa , Ryo Hagino , Shinsuke Tamai , Koichi Watanabe , Tohru Takemasa , Yoshinori Takeuchi , Yuichi Aita , Naoya Yahagi , Yasuko Yoshida , Tomoaki Kuji , Yasuhiro Shishikura , Seiko Ono , Takuro Nakano , Ban Kai , Kaoru Takeuchi , Yasushi Kawamai , Kazuhiro Takekoshi. Detection of Multiple Transgene Fragments in a Mouse Model of Gene Doping Based on Plasmid Vector Using TaqMan-qPCR Assay. Preprints. doi: 10.20944/preprints202005.0366.v1 (registering DOI). 2020
  • Katsuyuki Tokinoya, Keisuke Ishikura, Yasuko Yoshida, Song-Gyu Ra, Takehito Sugasawa, Atsushi Aoyagi, Yoshiharu Nabekura, Kazuhiro Takekoshi, Hajime Ohmori. LDH isoenzyme 5 is an index of early onset muscle soreness (EOMS) during prolonged running. The Journal of sports medicine and physical fitness. 2020
  • Takehito Sugasawa, Tomoaki Kuji, Kai Aoki, Koki Yanazawa, Akiko Takenouchi, Makoto Watanabe, Yoshiya Tome, Yoshinori Takeuchi, Yuichi Aita, Naoya Yahagi, et al. Characterization of Osteoarthritis in a Medial Meniscectomy-Induced Animal Model Using Contrast-Enhanced X-ray Microtomography. Biomedicines. 2020. 8. 3
もっと見る
MISC (4件):
  • 関谷 元博, 菅澤 威仁, 馬 洋, 戒能 賢太, 関根 七海, Hotamisligil Gokhan, 島野 仁. 脂肪酸を識る 代謝産物センサーによる新しい脂質・糖代謝制御システムの解明と医療応用. 日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集. 2018. 50回. 179-179
  • 関谷 元博, 菅澤 威仁, 馬 洋, 戒能 賢太, 関根 七海, Rickey Lisa M, Tuncman Gurol, Hotamisligil Gokhan, 島野 仁. 代謝産物センサー分子CtBP2は肥満・過栄養の肝臓での病態形成に重要な役割を果たしている. 糖尿病. 2018. 61. Suppl.1. S-164
  • 馬 洋, 関谷 元博, 菅澤 威仁, 戒能 賢太, 関根 七海, 武内 謙憲, 松坂 賢, 中川 嘉, 島野 仁. 転写共因子CtBP2は膵β細胞におけるインスリン遺伝子発現に重要な役割を果たしている. 糖尿病. 2018. 61. Suppl.1. S-387
  • 関谷元博, 関谷元博, 菅澤威仁, LISA M. Rickey, GUROL Tuncman, 馬洋, 松坂賢, 中川嘉, 島野仁, HOTAMISLIGIL Gokhan. 転写抑制因子CtBP2は肥満・過栄養の肝臓での病態形成に重要な役割を果たしている. 糖尿病(Web). 2017. 60. Suppl. S.388(J-STAGE)
書籍 (1件):
  • クライオセラピーの正しい方法と効果を知る
    コーチングクリニック, ベースボール・マガジン社 2018
講演・口頭発表等 (6件):
  • 協会委託事業マッサージ療法のエビデンス研究
    (全国病院理学療法協会 第66回日本理学療法学会 指定演題 2017)
  • 異なる温度の冷却刺激がミトコンドリア機能および抗酸化能に及ぼす影響
    (筑波大学数理物質系 物質工学域 バイオマテリアルズミニシンポジウム 2016)
  • マッサージが生体に及ぼす影響-科学的根拠に基づいて-
    (全国病院理学療法協会東京都支部研修会 2014)
  • 細胞レベルでみた理学療法のメカニズムと科学的根拠
    (全国病院理学療法協会埼玉県支部 50周年記念式典 特別講演 2014)
  • 柔道整復学研究における生化学的解析
    (柔道整復基礎医科学シンポジウム 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士 (スポーツ医学) (筑波大学)
委員歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 理事 (学術担当)
  • 2017/04 - 2020/03 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 学術局長
  • 2009/04 - 2010/03 全国病院理学療法協会 埼玉県支部 常任理事
受賞 (2件):
  • 2018/05 - 全国病院理学療法協会 功績賞
  • 2013/05 - 全国病院理学療法協会 功労賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る