研究者
J-GLOBAL ID:201801014025071670   更新日: 2024年07月07日

池田 真由美

イケダ マユミ | Ikeda Mayumi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://www.wmu-yakuzai.com
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
研究キーワード (9件): イオン液体 ,  がん間質 ,  ヒアルロン酸 ,  一酸化窒素 ,  レドックスバイオロジー ,  超硫黄分子 ,  血清アルブミン ,  ドラッグデリバリーシステム ,  酸化ストレス
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2023 - 2026 一製剤工程でのエクソソームへの標的化リガンド/核酸医薬搭載と中枢疾患治療への応用
  • 2023 - 2026 Backpackを応用したセルバインディングDDSの開発-新規歯周治療モダリティ
  • 2023 - 2025 乾癬治療を目指した硫黄経皮送達システムの開発
  • 2023 - 2024 腎肝繊維化治療に向けた超硫黄分子デリバリー
  • 2022 - 2024 構造柔軟性を持つ高機能型の中空アルブミンナノ粒子を用いた腫瘍DDSの開発
全件表示
論文 (50件):
  • Rie Mukai, Hitomi Okuyama, Miku Uchimura, Kozue Sakao, Miyu Matsuhiro, Mayumi Ikeda-Imafuku, Yu Ishima, Miyu Nishikawa, Shinichi Ikushiro, Akihiro Tai. The binding selectivity of quercetin and its structure-related polyphenols to human serum albumin using a fluorescent dye cocktail for multiplex drug-site mapping. Bioorganic Chemistry. 2024. 107184-107184
  • Mayumi Ikeda-Imafuku, Tatsuya Fukuta, Victor Tuan Giam Chuang, Tomohiro Sawa, Toru Maruyama, Masaki Otagiri, Tatsuhiro Ishida, Yu Ishima. Acute Kidney Injury Caused by Rhabdomyolysis Is Ameliorated by Serum Albumin-Based Supersulfide Donors through Antioxidative Pathways. Pharmaceuticals. 2024
  • Takeru Hirai, Mayumi Ikeda-Imafuku, Nanami Tasaka, Victor Tuan Giam Chuang, Ming Xian, Tatsuhiro Ishida, Takaaki Akaike, Yu Ishima. Human hair keratin responds to oxidative stress via reactive sulfur and supersulfides. Advances in Redox Research. 2023
  • Kengo Yasuda, Hitoshi Maeda, Ryo Kinoshita, Yuki Minayoshi, Yuki Mizuta, Yuka Nakamura, Shuhei Imoto, Koji Nishi, Keishi Yamasaki, Mina Sakuragi, et al. Encapsulation of an Antioxidant in Redox-Sensitive Self-Assembled Albumin Nanoparticles for the Treatment of Hepatitis. ACS Nano. 2023
  • Okina Sakakibara, Mikako Shimoda, Gaku Yamamoto, Youichirou Higashi, Mayumi Ikeda-Imafuku, Yu Ishima, Masahiro Kawahara, Ken-ichiro Tanaka. Effectiveness of Albumin-Fused Thioredoxin against 6-Hydroxydopamine-Induced Neurotoxicity In Vitro. International Journal of Molecular Sciences. 2023. 24. 11
もっと見る
MISC (3件):
  • 血清アルブミンに存在する超硫黄の解析と創薬応用. YAKUGAKU ZASSHI. 2024. 144. 1. 51-56
  • 田中健一郎, 久保田真帆, 下田実可子, 池田真由美, 異島優, 川原正博. チオレドキシンアルブミン融合蛋白質が大気汚染物質による肺傷害を抑制する. Biomedical Research on Trace Elements (Web). 2021. 32. 2
  • 田中 健一郎, 下田 実可子, 廣木 美果, 久保田 真帆, 池田 真由美, 異島 優, 川原 正博. 亜鉛(Zn)/銅(Cu)の神経細胞死におけるSAPK/JNK経路の関与. The Journal of Toxicological Sciences. 2019. 44. Suppl. S284-S284
学歴 (4件):
  • 2017 - 2020 徳島大学 薬科学教育部 創薬科学科 博士後期課程
  • 2018 - 2018 The University of British Columbia Faculty of Pharmaceutical Sciences Visiting international research student
  • 2015 - 2017 熊本大学大学院 薬学教育部 創薬・生命薬科学科 博士前期課程
  • 2011 - 2015 熊本大学 薬学部 創薬・生命薬科学科
学位 (1件):
  • 博士(薬科学) (徳島大学)
経歴 (4件):
  • 2022/04 - 現在 和歌山県立医科大学 薬学部 薬剤学研究室 助教
  • 2020/04 - 2022/03 Harvard University School of Engineering and Applied Sciences Postdoctoral Fellow
  • 2020/04 - 2022/03 独立行政法人日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2018/04 - 2020/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC2)
委員歴 (1件):
  • 2019 - 日本薬剤学会 SNPEE 2019 実行委員
受賞 (9件):
  • 2024/02 - 和歌山県立医科大学 令和5年度 若手研究奨励賞
  • 2023/02 - 日本薬剤学会 Global Education Seminar Presentation Award 2023 Augmentation of the EPR effect: My life-changing experience in Boston
  • 2022/09 - 静岡DDS研究会 Postdoctoral Presentation award, The 30th DDS Conference, Shizuoka
  • 2022/08 - Forum2022: Pharmaceutical Health Sciences・Environmental Toxicology 2022 Japan/Korea Joint Symposium, Best Poster Award Antioxidant activity of human serum albumin via supersulfides
  • 2019/11 - International Symposium of Blood Substitutes & Oxygen Therapeutics Winner of Young Excellent Abstract Awards
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る