研究者
J-GLOBAL ID:201801014119288346   更新日: 2020年10月13日

磯 由樹

イソ ヨシキ | Yoshiki Iso
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://www.applc.keio.ac.jp/~isobe/http://www.applc.keio.ac.jp/~isobe/
研究分野 (1件): ナノ材料科学
研究キーワード (7件): 界面・コロイド化学 ,  無機材料 ,  機能性材料 ,  有機-無機複合材料 ,  ナノコンポジット ,  量子ドット ,  蛍光ナノ材料
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2017 - 現在 広色域ディスプレイへの応用を指向したペロブスカイト型CsPbBr3量子ドット蛍光体包埋透明コンポジットの開発
  • 2020 - 2023 混合組成ハロゲン化物CsPbX3蛍光ナノ結晶の自己回復機能の探究
  • 2020 - 2023 完全無機ペロブスカイトナノ結晶蛍光体の光劣化と自己回復機能の探究
  • 2019 - 2022 カーボンドットの発光特性を制御した先進的な液相合成法の開拓 研究課題
  • 2018 - 2021 近紫外→可視波長変換量子ドットによる太陽電池性能の向上
全件表示
論文 (32件):
  • Taishu Yoshinaga, Moeka Akiu, Yoshiki Iso, Tetsuhiko Isobe. Photoluminescence properties of L-cysteine-derived carbon dots prepared in non-aqueous and aqueous solvents. Journal of Luminescence. 2020. 224. 117260
  • Yuto Nakamura, Yoshiki Iso, Tetsuhiko Isobe. Bandgap-tuned CuInS2/ZnS core/shell quantum dots for a luminescent downshifting layer in a crystalline silicon solar module. ACS Applied Nano Materials. 2020. 3. 4. 3417-3426
  • Kohei Sato, Rina Sato, Yoshiki Iso, Tetsuhiko Isobe. Surface modification strategy for fluorescence solvatochromism of carbon dots prepared from p-phenylenediamine. Chemical Communications. 2020. 56. 14. 2174-2177
  • Daichi Sato, Yoshiki Iso, Tetsuhiko Isobe. Effective stabilization of perovskite cesium lead bromide nanocrystals through facile surface modification by perfluorocarbon acid. ACS Omega. 2020. 5. 2. 1178-1187
  • Rina Sato, Yoshiki Iso, Tetsuhiko Isobe. Fluorescence solvatochromism of carbon dot dispersions prepared from phenylenediamine and optimization of red emission. Langmuir. 2019. 35. 47. 15257-15266
もっと見る
MISC (4件):
  • Yoshiki Iso, Tetsuhiko Isobe. Photostable fluorescent Cd-free quantum dots transparently embedded in monolithic silica. ECS Journal of Solid State Science and Technology. 2019. 9. 1. 016005
  • Yoshiki Iso, Tetsuhiko Isobe. Synthesis, luminescent properties, and stabilities of cesium lead halide perovskite nanocrystals. ECS Journal of Solid State Science and Technology. 2017. 7. 1. R3040-R3045
  • 磯由樹, 磯部徹彦. ナノ蛍光体が透明に分散した波長変換TMAS誘導シリカプレート. Material Stage. 2016. 16. 6. 81-83
  • 磯由樹, 磯部徹彦. 波長変換蛍光ナノ材料の開発. 光アライアンス. 2015. 26. 8. 59-62
書籍 (5件):
  • 次世代ディスプレイへの応用に向けた材料、プロセス技術の開発動向
    技術情報協会 2020
  • ディスプレイ・照明・バイオ応用から太陽電池まで 量子ドット材料の技術と応用展開
    情報機構 2017
  • 次世代蛍光体材料の開発
    シーエムシー出版 2016
  • 近赤外・紫外線-波長変換と光吸収増大による太陽電池の高効率化技術
    S&T出版 2016
  • 『光』の制御技術とその応用 事例集
    技術情報協会 2014
講演・口頭発表等 (98件):
  • Photoluminescence Properties of L-Cysteine-Derived Carbon Dots Synthesized in Non-Aqueous and Aqueous Solvents
    (2020 MRS Spring Meeting & Exhibit 2020)
  • パーフルオロカルボン酸によるCsPb(Br<sub>1-<i>x</i></sub>I<sub><i>x</i></sub>)<sub>3</sub>ペロブスカイトナノ結晶の耐熱性の改善
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • CsPb(Cl,Br)<sub>3</sub>ペロブスカイトナノ結晶の光劣化と自己回復の探究
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • 表面修飾による<i>p</i>-フェニレンジアミン誘導カーボンドットの蛍光ソルバトクロミズムの制御
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • Ligand Exchange of Core/Shell CuInS<sub>2</sub>/ZnS Quantum Dots for Preparation of Their Homogeneous Ink
    (The 26th International Display Workshops (IDW'19) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2015 慶應義塾 総合デザイン工学専攻
  • 2011 - 2013 慶應義塾 総合デザイン工学専攻
  • 2007 - 2011 慶應義塾 応用化学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (慶應義塾)
  • 博士(工学) (Keio University)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 慶應義塾大学 理工学部応用化学科 助教
  • 2015/04 - 2018/03 慶應義塾大学 理工学部応用化学科 助教(有期)
  • 2014/04 - 2015/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2013/04 - 2014/03 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 助教(有期・研究奨励)
受賞 (3件):
  • 2017/12/08 - The 24th International Display Workshops(IDW'17) Outstanding Poster Award Improved Photostability of Tetramethyl Orthosilicate-Modified InP/ZnS Quantum Dots
  • 2015/03 - 慶應義塾大学大学院理工学研究科総合デザイン工学専攻 優秀研究活動賞(博士)
  • 2011/09 - 日本セラミックス協会 研究奨励賞 YVO<sub>4</sub>:Bi<sup>3+</sup>,Eu<sup>3+</sup>ナノ蛍光体波長変換層のSi太陽電池の特性に与える影響
所属学会 (4件):
応用物理学会 ,  日本セラミックス協会 ,  蛍光体同学会 ,  American Chemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る